東京生花 REN企画展 サードウェーブプランツ展 開催|福井市清水地区で越前菅笠作りが最盛期(福井県)(FB…|ニンニク の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)|他

東京生花、REN企画展「サードウェーブプランツ展」開催

2020/01/17 13:33
東京生花が運営する観葉植物専門店RENは、企画展「サードウェーブプランツ展」を、1月23日~3月31日まで開催する。
RENは東京都港区三田にある植物のデザイン事業及び小売業態。社是である「活ける」という日本独自の感性を切花から鉢植えまで、植物全般に広く捉え直し、社会と植物の最適な関係を追求している。2011年に植物店として史上初となるグッドデザイン賞を受賞した。
「サードウェーブプランツ展」の企画コンセプトは、植物と一緒に暮らすことを追求する、「サードウェーブプランツ」。RENでは、本展示会の開催にあたり、ライフスタイルの変化でも変容してきた観葉植物の流れに注目。観葉植物のサードウェーブと呼ぶべき新潮流を提案する。インテリアでもなく、ファッションでもない、家族としての植物だ。
第1の波は約30年前、観葉植物が日本に普及し始めた頃。第2の波は約10年前、多肉植物や塊根植物など個性的な品種が一大ブームになった。第3の波は、育てやすい品種でありながらも個性豊かな一点物の植物。一般に流通する普通の品種だからこそ育てやすい、だからと言って工業製品の様に画一的では物足りない。ならば普通の品種を独特な樹形に仕立てれば良い。こうして生まれた育てやすく個性的な植物は、家族の様に長く付き合えるパートナーになってくれる。
開催場所は、東京都港区三田2-17-……

福井市清水地区で越前菅笠作りが最盛期(福井県)(FBC 福井放送)

2020/01/17 11:06
福井市の清水地区で越前菅笠作りが最盛期を迎え、都会で家庭菜園を楽しむ人や夏祭りの飾り付け用の需要も出ているということです。
このうち福井市三留町の斉藤ササヲさん93歳は、8歳から菅笠を作っている職人歴85年の大ベテランです。
年明けから始まった作業では、地元で収穫し乾燥させた菅を1本ずつ編み込みながら糸で縫い合わせていました。
軽くて風通しが良い菅笠は、令和の新時代になっても夏場の農作業に使われています。
最近では都会で家庭菜園を楽しむ人や、夏祭りの飾り付け用の需要もあり、インターネットや直売所向けに清水地区全体で今年も200個を仕上げます。

「ニンニク」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

2020/01/17 11:00
ニンニクとは?(特徴)滋養強壮のスタミナ野菜としておなじみのニンニク。タネにんにくを秋に植えつければ、春には香り高いニンニクが楽しめますよ。
【基本情報】
・ユリ科
・栄養/ビタミン類が豊富
・性質/日なたと風通しのよい場所を好む。乾燥を嫌う。
・病害虫/あまり発生しない
・連作/2~3年は不可種まきと収穫に適した時期■種まき:5~6月頃 ■収穫:9~10月頃
※土は、地植えなら1平方メートルあたり100gの苦土石灰で中和し、ひとつかみの堆肥を入れて耕します。標準プランターなら、土20リットルに対して苦土石灰20g、元肥としてスプーン1杯のマグァンプKを混ぜ込んで使います。
※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。上手に作るためのポイント★ニンニク作りに合った土を選ぶ
ニンニクは田土などの重い土を好みます。関東地方などのように火山灰土の土壌では作りにくいので、植えつける前に土は改良しましょう。また、乾燥を嫌うので、水切れには注意します。
★ニンニクの臭いを消す方法
スタミナ料理には欠かせず、風味も豊かなニンニクですが、その強い臭いだけはどうしても気になってしまうもの。そんなニンニクの臭い消……

株式会社ナウい創立10周年記念!「お客様への感謝の気持ちを届けます」キャンペーン開始。結婚相談所「Bridalチュー…

2020/01/17 10:58
創業10周年の節目にあたりお客様への感謝の気持ちを表すことはもちろん、
従業員にとっても記念となるものすべく、社内行事として、従業員一同によるベランダのガーデニングや、従業員への感謝の気持ちを込めて、パークハイアット東京に於いて内々での周年パーティを催しました。
http://www.now-e.co.jp/03company/post-90.html
参加者アンケートの結果では、ガーデニングに於いては約80%、パーティに於いては100%という満足度が確認でき、従業員の結束力を高めると共に士気の向上もかなうイベントとなりました。
■参加者アンケートより一部抜粋
(ベランダガーデニング)
・スタッフと共同作業ができたので、一体感を感じられた。
今後の成長もストーリー性がある。
・学校の行事のようで癒された。植物や土に触れてワイワイ感が良かった。
(記念パーティ)
・思いが溢れる感情的なイベントだったので印象的です。
・社長の率直なお気持ちをうかがえ、士気が高まった気が致しました。
このイベントによって高まった士気を今後のサービスにつなげ、「無縁社会の解決」と「絆をつないで人生支援と生活支援をする」という想いを大切に、これからも株式会社ナウいは邁進してまいります。
今後も株式会社ナウいをど……

グッドデザイン賞受賞の老舗植物店のプロが提案する、家族やパートナーのような植物との暮らし「サードウェーブプランツ展」…

2020/01/17 10:45
グッドデザイン賞受賞の老舗植物店のプロが提案する、家族やパートナーのような植物との暮らし「サードウェーブプランツ展」を、1月23日(木)から開催!  時事通信

多肉愛好家たちの幸せな1日 〜国際多肉植物協会の東京例会〜

2020/01/17 08:00
2019年に発足20年目を迎えた愛好家団体「国際多肉植物協会(I.S.I.J.)」。その東京例会の様子をリポートでご紹介します。会場は、熱く、濃く、楽しい空間でした!みなさんも、お住まいの地域の愛好会に参加してみませんか?
* * *
国際多肉植物協会(I.S.I.J.)は、会長の小林浩さんを中心として1998年に発足しました。
小林さんいわく、この会は「珍しい植物やさまざまな情報が入手できること、インターナショナルな見地をもつこと、そしてダイバーシティ(多様性に価値を見いだす)であること。それだけです」。
会員は総勢800名以上。植物に関しての博士号をもつ会員もいれば、たまたま会長の近所だったという人もいて、さらには会員以外の人も例会に参加することができます。
東京例会では、開場の12時から自由参加の即売会が始まります。さらに、開会の30分ほど前から、参加自由の品評会への投票が行われます。
開会の13時半になると、会長の講演が始まります。最新のニュースレターの解説として、南アフリカへの視察旅行についての報告などが行われました。続いて品評会の結果発表。順位が発表され、すべての出品者が自分の株を解説。最後にはセリが行われて、和気藹々(あいあい)とした雰囲気のまま15時半に閉会。
「知識などのアカデミックな部分の質は高く、そ……

観葉植物の一部を切り取って持っていく窃盗犯が増加、一体なぜなのか?

2020/01/17 07:00
観葉植物の一部を切り取って持っていく窃盗犯が増加、一体なぜなのか?  GIGAZINE

乾燥が過ぎる我が家にもう1台加湿器追加!(Impress Watch)

2020/01/17 06:30
 1月も中旬となり、お正月気分もすっかり明けて、すっかり日常に戻った。お正月の名残と言えば今年も大量に余っているお餅の使い道を考えているくらい。お餅って美味しいけれど、「これ1個でご飯1膳分かぁ……」と思うと、ちょっとビビって昔のように無邪気にたくさん食べられなくなってきた。
【この記事に関する別の画像を見る】
 お野菜たっぷりのもんじゃ焼きなどに少しずつ使って、気長に消費していこう。今年の(と言っても今年始まったばかりだけど)私のベストオブ餅料理は、黒豆で作ったきな粉のきなこ餅。何故ならば、去年の6月から自分で育てて収穫した黒豆を炒って、ミキサーにかけてきな粉作った手作りだからだ! 去年の家庭菜園の集大成って感じで最高に美味しかった!
 作って楽しい食べて美味しい。家庭菜園最高! ってことで、去年に引き続き今年も家庭菜園を満喫中。とは言え、冬なので雑草に追われる事も無く、週に1回大根収穫したりする程度の緩やかな時期。今年は暖冬の影響もあって、白菜もキャベツもが全然巻いてくれなくて出来が悪くてちょっとガッカリ。
 「白菜の時期にピエンロー鍋しよう!」と約束していた友達には、「白菜が全然うまくいかなかったので、プロが作った白菜を準備しておきます!」とスーパーに走る予定。やっぱりプロって凄いよなぁ。野菜売り場で尊敬の眼差しで野菜を見つめて立ち……