サントリーフラワーズ(株)2020年春夏花苗プロモー…|大人気イラストレーター・漫画家 カナヘイ の カナヘ…|ガーデニング初心者必見!ほったらかしでも花を咲かせる…|他

大人気イラストレーター・漫画家「カナヘイ」の「カナヘイの小動物」 2月22日から3月31日で、2つのフェアを同時開催!

2020/02/17 15:05
大人気イラストレーター・漫画家「カナヘイ」の「カナヘイの小動物」 2月22日から3月31日で、2つのフェアを同時開催!  時事通信

ガーデニング初心者必見!ほったらかしでも花を咲かせる球根シリーズが登場

2020/02/17 13:01
花を見ると、なんだか気持ちが明るくなったり、心が癒されたりする人も多いのでは?
DCMホールディングスが展開するホームセンターでは、2月21日(金)より、ほったらかしでもガーデニングを楽しめる「DCMブランド 野放し球根シリーズ」の販売が始まる。
「野放し球根シリーズ」が新発売DCMでは球根の商品開発に力を入れており、背丈や開花時期が揃う「揃って咲くチューリップシリーズ」や、日なたはもちろん日陰でも花を咲かせる「日陰で咲くチューリップシリーズ」など、ユニークな商品を発売してきた。
丈夫で手間要らずの品種の球根シリーズ今回の新商品は「DCMブランド 野放し球根シリーズ」。暑さや乾燥に非常に強く、特別な手間の要らない品種の球根を集めたものだ。
春に植えて夏に花が咲くまでの間、水やりや追肥をする必要がほとんどなく、ほったらかしでも綺麗な花を咲かせるという。
さらに、花が枯れた後に球根を掘り起こす必要がなく、植えたままの状態でも毎年花を咲かせるというなんとも手間要らずな植物で、まさにガーデニング初心者にピッタリだ。
ゼフィランサス、カーマインブリリアントなど全15種類の商品ラインナップ。毎年、育てる品種を増やしていくのも楽しそう!
「DCMブランド 野放し球根シリーズ」は全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCM……

ISID、自律移動ロボットを用いた「動く植栽」の公開実証実験を東京・新木場で実施

2020/02/17 12:25
ISID、自律移動ロボットを用いた「動く植栽」の公開実証実験を東京・新木場で実施  時事通信

「うまいよこれ!」家庭菜園の野菜をカメラ目線でおいしそうに食べるウッドチャック(アメリカ)

2020/02/17 11:30
 家庭菜園で一生懸命育てた野菜や果物がちゃんと成長し、それを収穫する時の喜びというのは栽培者にとって何ものにも代えがたいだろう。しかし、そんな大切な収穫物が荒らされてしまったとしたら…。
 去年9月、アメリカのデラウェア州で家庭菜園の野菜を次々と台無しにされてしまった男性は、監視カメラを設置して犯人を突き止めようとした。
 すぐに犯人は割れた。映像に写りこんでいたのは、カメラ目線でおいしそうに野菜を食べるウッドチャックの姿だ。なんとも軽快な咀嚼音まで出している。
[動画を見る]
Guy Catches Adorable Groundhog Eating His Veggie Garden
【家庭菜園がコソ泥に荒らされる】
 デラウェア州に住むジェフ・パーマーさんは普段から熱心なガーデナーで、これまでにも多くのガーデニングをしてきたが、去年の9月に自宅庭に家庭菜園を作って野菜を育て始めることにした。
 しかし、順調に育っていた野菜が、いつも収穫直前に何者かに台無しにされていることに気付いた。
 よく見ると、大きな噛み傷があり、何かの害獣かと推測したパーマーさんは、繰り返し行われる菜園荒らしに腹を立て、庭のフェンスの隙間に木材やタイヤを置き、外から庭へコソ泥が入って来ないようにするなどしてみたが、それらの対策は無駄に終……

よい土を作るには今がチャンス! よい土の5つの条件とは?

2020/02/17 08:00
秋冬野菜の収穫も終わり、畑も、畑仕事もちょっとひと休み。こんなときに、やっておきたいのが土のリフレッシュと堆肥作りです。春に向けて土を健康にし、栄養いっぱいの堆肥も用意して、おいしい野菜と収穫量アップを目指しましょう! 恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、よい土であることの5つの条件を教えてもらいました。
* * *
■よい土を作るには、今がチャンス!
1年間、いろいろな野菜を育ててきた畑の土。たくさんの野菜に栄養を与え続け、少々お疲れモードになっています。そのままでは春から育てる野菜の収穫量が減ってしまううえ、病原菌や害虫のリスクも高まります。
秋冬野菜の収穫が終わり、畑仕事も一段落したこの時期こそ、よい土作りのチャンス。じっくりと土をリセットすることで、土の中に潜む病原菌や害虫を退治でき、来春からの収穫量アップも期待できます。
■よい土の5つの条件
1 水はけと通気性がよい
水たまりができるような土や粘土質の土は、空気や水も通りにくく、根腐れの原因に。
2 保水力がある
水もちの悪い砂質の土は乾燥しやすく、根が肥料を吸収しにくくなります。
3 適度な肥料分を含む
野菜が成長するためには、適度な栄養分が必要。不足すると、成長が悪くなります。
4 病原菌・害虫が……