シニアライフを楽しもう!高齢者にオススメの習い事を趣味活サイト担当者に聞いた|世界に羽ばたく職人の庭〜ガーデンアーティスト 田邑嘉浩さん

シニアライフを楽しもう!高齢者にオススメの習い事を趣味活サイト担当者に聞いた

2020/03/21 10:00
定年退職後やリタイア後に新しい習い事をはじめる人も多い。長いシニアライフを楽しむにはどんな習い事がおすすめなのか。「教えて!goo」にも「高齢者のピアノレッスン」と、60歳でピアノをはじめたユーザーから、上達へのアドバイスを求む投稿があった。そこで今回は、大人のための趣味活サイト「シュミカツ!」を運営する株式会社セガゲームスの倉辻俊幸さんに話を聞いてみた。
■失敗しないための注意点は何?
新しく習い事をはじめる場合、失敗しないためのコツはあるだろうか。
「自分が経験したことがない習い事をはじめる場合は、お手本となる人を見つけて、まずはその人を自分の習い事の目標としてみることをおすすめします」(倉辻さん)
先輩がいると習い事のイメージもつかみやすそうだ。
「ネットのサービスも最近は充実していますので、趣味活動の参考になる情報の入手や、他の人の活動を知ることからはじめるのもおすすめです。我々が運営するサイトでも、人気の高い『旅』『健康』『園芸』『グルメ』『鑑賞』『学び』に関する情報を提供して、趣味のヒントにしていただいています。日々の趣味活動を記録につけることも続けるためのモチベーションになるかもしれません」(倉辻さん)
事前にネットで情報収集しておくことも有効だ。
「人生経験が豊かになると、他人に質問や相談をしにくい場面に……

世界に羽ばたく職人の庭〜ガーデンアーティスト 田邑嘉浩さん

2020/03/21 06:51
 エリザベス女王が総裁を務める英国王立園芸協会主催の「チェルシーフラワーショー」。世界最高峰と言われるこの園芸コンテストの出展権をかけ、今年は全世界2000社以上が応募しました。選ばれたのは18社。その1つが「生命の輪」と題した作品を出展した、世界では無名のヒロガーデニング(紀の川市)です。代表の田邑嘉浩さん(41)に思いを聞きました。
天然素材で勝負
──チェルシーフラワーショーとは?
 「ガーデニングの本場、英国で最も権威のあるフラワーショーで、園芸のオリンピックと言われるコンテストです。毎年5月に5日間開催され、エリザベス女王や、世界の園芸関係者など16万人が来場します」
──なぜ出展しようと?
 「仕事では施工主さんの注文を受けて庭を設計しますが、費用などの制約のない中で理想の庭を造りたいとの気持ちがありました。2012年に初めてショーを見に行ったとき、庭の水の使い方、石の組み方など刺激を受け、同じ舞台に立ちたいと思いました」
──肩書きであるガーデン〝アーティスト〟に込める思いは?
 「メーカーが作る既製品を組み合わせて庭を設計するのがガーデンデザイナーの仕事だとすれば、私の場合、だれも見たことのないデザインを実現するために、素材から自分で創造するので、〝アーティスト〟という言葉を使っています」
──今回……