サボテン でさえ枯らした…そんな人に知ってほしい …|工藤静香 長女Cocomi撮影の日常ショット公開で …|あつまれ どうぶつの森 は なぜ時間操作したくなる…|他

「サボテン」でさえ枯らした…そんな人に知ってほしい、植物を枯らさない「2つのこと」

2020/03/23 17:21
観葉植物と暮らす上で大切な
たった2つのこと pic.twitter.com/uk2EsueEDP
— 佐野裕一 (@sunamerius) March 14, 2020まずは、植物が生きていける場所に置くこと、そして、毎日少しでも観察することが大切なのですね。
この漫画を読んで「自分の部屋だったら、どこが1番いいかな」と考え、観葉植物を育ててみたくなってきた人は多いのではないでしょうか。
投稿にはこのようなコメントが寄せられました。
・昔、植物を育てるのに失敗してしまったけど「また育てたい!」と、前向きな気持ちになりました!
・漫画の通り、毎日観察してあげればすくすくと育ってくれて、かわいいですよ。
・ベンジャミンハーブと15年一緒にいます。何度も死にかけては小さくしての繰り返しですが、元気そうだと嬉しくなります。
・早速、触発されて生花店で買ってきました。大切にしようと思います。
植物を枯らしたことのある人たちのコメントによると「いつの間にか枯れていた」「存在を忘れて水をあげ忘れていた」などが多いようです。
やはり、佐野さんのいうように、毎日少しでも観察することが大切なのですね。
観察を続けるうちに愛着が湧けば、日常にちょっとした楽しみができることでしょう。
この漫画をきっかけに、生花店……

工藤静香、長女Cocomi撮影の日常ショット公開で「素敵な親子愛」「綺麗」(スポーツ報知)

2020/03/23 15:16
 歌手の工藤静香(49)が23日までに自身のインスタグラムを更新し、長女でモデルデビューしたCocomi(18)が撮影したオフショットを公開した。
【写真】Cocomi撮影の別オフショット
 工藤は「今日は風が強いけど、気持ちのいい日ですね」と切り出し、「少しお庭のお手入れをしました ブーゲンビリアのトゲにガッツリやられたぁ~」とガーデニングしたことを報告。最後にはカメラの絵文字に「by @cocomi_553_official」と添え、長女が撮影した自身の写真を投稿した。
 この投稿にはフォロワーから「しーちゃん素敵な写真です」「親子でほっこりタイムがとても嬉しいです」「素敵な親子愛も伝わりました」「しーちゃん、トゲ、大丈夫??」「Cocomiちゃん写真上手ですね」「綺麗に撮れてますね」「娘さんとガーデニング、幸せな一時~」などのコメントが上がっていた。

『あつまれ どうぶつの森』は、なぜ時間操作したくなるほど超スローライフなのか?

2020/03/23 11:37
時間操作をする人を咎めようというわけではない。むしろ、なぜこの制約がおもしろさを産むのか語りたいのだ。
「どうぶつの森」のリアルタイム連動による制約最新作となる『あつまれ どうぶつの森』にも毎日の制約がある。1日にできることは限られており、ショップで売られているものも日替わり。本作では初日に川の向こう側に行けず、翌日以降に高跳び棒を手に入れて行けるようになるのだ。このように、物事が進むには次の日を待たねばならない。
なぜこのような間があるのか。いわゆるソーシャルゲームにも似たようなシステムがあるものの、あれはビジネルモデルからくる制約なので性質がまったく違う。『あつまれ どうぶつの森』はソーシャルゲームが出現する前から続く買い切りタイトルのため、リアルタイム連動ゲームとして考えるべきだろう。
通常のゲームは遊べば遊ぶだけ進行するわけだが、リアルタイムと連動させればゲームの進行はゆっくりになる。カノジョと日常を過ごす「ラブプラス」シリーズなどもそうだし、リアルタイム連動ではないのだが、作中の時間の流れが遅い「シェンムー」シリーズも似たような意図があると思われる。
しかし、アクションゲームで「今日は2ステージしか遊べません!」となったら不満だらけになるのは当然である。なぜわざわざそんな問題になりうる制約をつけるのかといえば、むしろそうしたほう……

乙女なあの子が考える、春のガーデニングスタイル。

2020/03/23 06:00
麗らかな春を待ち望んで、最旬のガーデニングスタイルを妄想してみる。フリルの利いたエプロン、職人技のカゴバッグ、少女のような麦わら帽まで、ロマンティックをプラスして。
サントロペで過ごす、ブルジョワのサマースタイルを提案したセリーヌ。夏らしいかぎ編みニットのローブは、ゴールドのタッセルペンダントやブーツでフォークロアテイストに。
---fadeinpager---
ランウェイ会場に庭園を造り出したディオールの春夏。爽やかな夏の足元には、純白のラバーブーツを。ブーツ(ソール1.5㎝)¥107,800/ディオール(クリスチャン ディオール)
不揃いなフリルが立体感を生むアクセント。シンプルなシルエットながら乙女なムードを発信。ドレス¥345,400(予定価格)/ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス)
デジタルプリント風の刺繍が現代的。プリンセスライクなパフスリーブで気分を上げて。ドレス¥181,500/セシリー バンセン(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)
レザーの花の飾りが贅沢な、職人技が光る逸品。思わず花摘みに出かけたくなるカゴバッグ(H38×W18×D18㎝)¥327,800/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)
---fadeinpager---
花柄がパンチングされた台形スカ……