新型コロナの影響なし マリーゴールドの出荷がピーク …|適用拡大情報 アフェットフロアブル アグロカネショウ|乙女なあの子が考える 春のガーデニングスタイル (フ…|他

新型コロナの影響なし マリーゴールドの出荷がピーク 三重・紀北町(CBCテレビ)

2020/03/27 17:53
 ガーデニングに人気の色鮮やかな初夏の花、マリーゴールドの出荷が、三重県紀北町でピークを迎えています。
 ハウスの中に並ぶ、オレンジや黄色の花が鮮やかなマリーゴールド。
 紀北町の「かきうち園芸」では、3月初めから出荷が始まり、従業員が一つ一つ丁寧に形を整える作業に大忙しです。
 ことしは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、卒業式や送別会などが縮小されたため、花き市場は大きな打撃を受けていますが、暑さに強く主にガーデニングに用いられるマリーゴールドは、今のところ影響はなく、例年並みの約2万鉢を地元のホームセンターや愛知県の市場に出荷するということです。
 出荷作業は6月ごろまで続きます。

適用拡大情報「アフェットフロアブル」 アグロカネショウ

2020/03/27 13:44
【変更された内容】
・作物名「なす」の適用病害虫名に「褐色斑点病」を追加。
・作物名「ピーマン」、「ししとう」の適用病害虫名に「斑点病」を追加。
・作物名「レタス」、「非結球レタス」の適用病害虫名に「白絹病」を追加。
・作物名「らっかせい」を追加。
・作物名「豆類(未成熟)」を「豆類(未成熟、ただし、えだまめを除く)」と「えだまめ」に分割し、「えだまめ」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「豆類(種実、ただし、らっかせいを除く)」を「豆類(種実、ただし、だいず、らっかせいを除く)」と「だいず」に分割し、「だいず」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「カリフラワー」を追加。
・作物名「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップを除く)」、「きく」、「ゆり」、「チューリップ」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップを除く)」を「花き類・観葉植物(きく、ゆり、チューリップ、りんどうを除く)」と「りんどう」に分割し、「りんどう」の適用病害虫名に「花腐菌核病」、「褐斑病」、「黒斑病」、「うどんこ病」を追加。
・作物名「食用ぎく」の適用病害虫名に「うどんこ病」を追加。
・作物名「きゅうり」の適用病害虫名「うどんこ病」の使用方法に「常温……

乙女なあの子が考える、春のガーデニングスタイル。(フィガロジャポン)

2020/03/27 09:20
麗らかな春を待ち望んで、最旬のガーデニングスタイルを妄想してみる。フリルの利いたエプロン、職人技のカゴバッグ、少女のような麦わら帽まで、ロマンティックをプラスして。
モノトーンルックの仕上げに、シンプルなグラフィックが引き立つエムエム6 メゾン マルジェラのエプロンを。

沖縄)ブドウと間違う「黒トマト」 家庭菜園で300個

2020/03/27 09:00
 沖縄県南城市大里の知念俊彦さん(64)の家庭菜園で黒トマトが鈴なりに実り、近所の人々の目を楽しませている。
 黒く艶のある直径4センチほどの実は房状に実りまるで大きなブドウのよう。「孫と一緒に数えたらなんと300個。散歩中の人が不思議そうに眺めて、そのうち畑に入って確認していく」と俊彦さんは笑う。
 昨年11月ごろ珍しいトマトだから育ててみないか、と親戚から苗を2本分けてもらい肥料を与えながら大切に育てた。普通のトマト同様に緑色の実がつき、だんだん黒く色付いて2月末ごろから黒から赤みを帯びてきた。
 今がちょうど食べ頃。アントシアニンが豊富に含まれ栄養価も高く、味はトマト特有の青臭さと酸味が少なく食べやすいという。(沖縄タイムス)

ローラアシュレイ、復活する? 好調一転、破綻の真相は

2020/03/27 08:05
 故ダイアナ妃も愛用し、世界的な人気を誇る英ファッション企業のローラアシュレイが経営破綻(はたん)しました。SNS上では多くのファンから、「悲しい」と惜しむ声が上がっています。同社ホームページなどによると、1953年にロンドンで創設。世界20カ国以上に店舗があります。日本では1985年に銀座に初出店し、ポップな花柄をモチーフとしたデザインで女性の人気を集めました。でもなぜ立ちゆかなくなったのでしょうか。ファッションブランドの流通に詳しい「小島ファッションマーケティング」の小島健輔さんに話を聞きました。(竹花徹朗)
――ローラアシュレイの特徴は?
 英国のガーデニングライフスタイルを体現した、モダン・ビクトリア調のホームデコレーションが人気でした。産業革命による粗悪な大量生産品を否定するアーツ・アンド・クラフツ運動を先導し、「モダンデザインの父」と呼ばれた英国のウィリアム・モリスを継承する英国ブランド「リバティ」にも通じるところがあります。
 アパレルではメリー・ポピンズ風(エドワード朝時代のスタイルで特徴は低くて平らな帽子、パフスリーブ、上までボタンを留めたドレス)で、現代のライフスタイルとはかけ離れた魅力がありますが、近年は無理にモダンなデザインを志向していたのが残念です。
 日本では80年代にイオングル…