すごくやせてる… ガーデニング中のパク・ソルミに…|Stay Home でガーデニング市場に活気 海外…|家庭菜園の初心者がまず揃えたい 人気のおすすめグッズ…|他

「すごくやせてる…」 ガーデニング中のパク・ソルミにソン・ヘギョがコメント(朝鮮日報日本語版)

2020/04/14 12:46
 写真を見たソン・ヘギョは「すごくやせてる…」とコメントを書き込み、パク・ソルミは「誰が…私が?」と問い返した。また、ソ・イヒョンも「ソルミさん、ファイト!」と書き込み、イ・シヨンは「きれい」、シム・ジンファは「ソルミ花が一番きれいね」とコメントしており、ほほ笑ましい。
 なお、パク・ソルミは2013年に俳優ハン・ジェソクと結婚し、娘が二人いる。
イ・ウジョン記者

「Stay Home」でガーデニング市場に活気 海外では昨年比売り上げ8倍の商品も

2020/04/14 11:46
ガーデンストーリーWEBサイト
 「今こそ暮らしを変えよう!"Stay Home"により海外で人気急上昇中のガーデニング」と題した記事では、海外に6拠点の販売子会社と営業所を持つ同社の海外事業戦略室室長、内海良平氏に、海外のガーデニング市場の状況について聞いている。
 それによると、ロックダウン(都市封鎖)されたニューヨークなど、海外の都市では、家で過ごす時間が増えた中、掃除や片付けを終えた次の作業として、ガーデニングに目を向ける人が急増。オーストラリアでは、ガーデニング関連商品の1日の注文件数が4倍に増え、イギリスでは、野菜やハーブを育てる大型コンテナの「ベジトラグ」シリーズが、2019年同時期と比べて8倍もの注文を受けているという。
 また、ガーデンセンターの営業が停止された海外の地域では、スーパーに並ぶ苗やタネの売れ行きが好調。その背景には、スーパーに行く回数が限定されたり、入店の人数制限がある中、自宅で野菜を育てようとする人が増えていると推測する。
 通販では、オベリスクやトレリス、プランターやハンギングバスケットなど、ガーデニングアイテムの売上も伸びており、庭仕事に楽しみを見出す人の増加が見られるという。
 同様に、日本でも外出自粛が求められる中、通信販売による苗の注文や庭のつくり替え、メンテナンスなどの注文も増えてきた。……

家庭菜園の初心者がまず揃えたい、人気のおすすめグッズ7選

2020/04/14 11:25
家庭菜園というと、トマトやキュウリが人気ですが、ちょっと変わったものを育てたいなら、きのこ栽培に挑戦してみては。近年、手軽に収穫できる栽培セットが人気を集めています。
Amazonでベストセラーとなっている、こちらのシイタケ栽培キットは、水やりを続けるだけで、最大4回もの収穫が期待できます。コスパもよく、世話が楽で、栽培の楽しみも味わえるとあって、プレゼントにも選ばれています。
まとめ今回は、マンションのベランダやお部屋の中のような、限られたスペースでも家庭菜園デビューができる基本のグッズをご紹介しました。
意外と手軽に始められる家庭菜園。新しい趣味として、ぜひ始めてみては?

「植物」と暮らすと幸せになれる5つの理由

2020/04/14 08:00
植物は、あなたの毎日に新鮮な喜びを運んでくれます。一緒に暮らしてみると、植物は、意外なことに饒舌です。
「今日は晴れてうれしい」
「もう少し水が欲しいな」
植物とのおしゃべりは、自分自身との対話でもあります。自分が本当はまめなことに気づいたり、意外なことに喜びを感じたり。あなた自身も知らなかった「もう一人の自分」と出会えます。
植物は、あなたに「四季の移ろい」を鮮やかに気づかせてくれるでしょう。植物を介して、新しい仲間もふえるでしょう。植物を通せば、外の景色も違って見えるはず。あなたの人生の新しい扉を「植物」が開きます。「植物」があれば。「植物」があるだけで。幸せの可能性は、次々と広がっていくのです。
渋谷区ふれあい植物センター園長の宮内元子(みやうち・ちかこ)さんが、「植物」と暮らすと幸せになれる5つの理由を教えてくれました。
 
* * *
 
■「植物」は、あなたの暮らしのパートナー
就職で都会へやってきて、まったく余裕がなかった時期、自宅は寝に帰るだけの、殺風景な空間でした。そんなとき、偶然もらった切り花を部屋に飾ったら、暗かった部屋が、ぱっと明るくなったんです。清々しい生命力に触れて、肩の力がふっと抜けました。
生きている植物がそばにいることで、こんなに気分が変わることに気づいてから、植……

【新連載】ど素人がベランダで野菜を育てる!「必要なものと苗植え」編【トマトとナスの成長記録】

2020/04/14 06:18
弊社が在宅ワークになり早1ヶ月、おうち時間を有効活用したいと考えた私(かーこ)は、ベランダで野菜を育てることにしました。新連載の第1回は「必要なものと苗植え編」。ど素人の家庭菜園日記、始まります!
ど素人がベランダで野菜を育てる!「必要なものと苗植え」編
2月中旬という早い段階で在宅ワークに切り替えが行われた弊社。あれから2ヶ月が経ち、ビデオ通話での会議もすっかり慣れました。
生活リズムやオンとオフのメリハリも付けられるようになって、少し余裕ができてきたので不要不急の外出自粛の続くなかで何か楽しいことはできないかと思い「家庭菜園」やってみることに。
と、いっても、私(かーこ)が住んでいるのは大都会東京、しかもかなり都心の方なので畑を耕せるほどの庭なんてありません。が、幸いにも今の部屋はベランダがあって日の光も差す好条件。
と、いうことで、ベランダで野菜を作ります!
サントリーの「本気野菜」育てるのはサントリーが販売している「本気野菜」のミニトマト(純あま)とナス(とろとろ炒めナス)の2種類。サントリーが野菜苗を販売してるなんて知らなかったので驚きです。
今回は、ベランダで野菜を育てたいと思っていた私の元に2種類の苗をサントリーさんが送ってくださいました! ありがとうございます!
この2種類以外にも50種類以上の苗を……

【#教えてStayHomeInterior03】観葉植物をプラスしたらスリムタイプのブック型水差しも #パパ向けイン…

2020/04/14 05:12
なかなか外に出かけられないとなると、恋しくなる大自然。観葉植物をプラスして、おうちに居ながらも自然を楽しみたいものですね。ここでは、そんな植物に加えてプラスしたい、本棚などにスッキリ収まってしまうスリムタイプのブック型水差しを紹介。カラバリも人気のカラー4色がマット仕上げてラインアップです。