富士山が一望できるガーデニング型永代供養付有期限墓地…|家庭菜園ブームで売行き好調! “コップひとつ”で始め…|工藤静香 自宅の家庭菜園を公開…挿し木で育てるトマト…|他

富士山が一望できるガーデニング型永代供養付有期限墓地が新発売!最終の墓じまいがセットになって、継承者なしでも安心!

2020/06/19 21:49
創業100余年の老舗石材店・株式会社松戸家(中本泰輔社長)は、墓石から仏壇・仏具の販売、霊園の開発・管理 、永代供養墓・樹木葬のコンサルティングまで行う。この度、入間霊園(埼玉県入間市)に、期限付きのガーデニング墓地の販売を開始した。期限が過ぎたら霊園の合祀場所に合祀されるので、遺族に負担をかけたくない方におすすめ。
■ガーデニング墓地とは?
ガーデニング墓地とは、ヨーロッパの墓地のように墓石の周りにたくさんの花々が植えられた明るくて開放的な墓地のことをいいます。

■入間霊園 ガーデニング型永代供養付有期限墓地とは?
近年、少子高齢化や核家族化が進み、お墓の継承をしていくことが難しくなっています。お墓は継承者がいない場合、墓じまいして更地に戻す必要がありますが、その費用の相場は20万~40万円程度です。入間霊園のガーデニング型永代供養付有期限墓地は、一定期間を過ぎると墓じまいをして、隣接された樹木葬フラワージュの桜の木の下に合祀できます。そのため、継承者がいない方や子供に負担をかけたくない方に最適です。一般的なお墓のように墓石がありますので、お墓参りも可能です。期限は延長することもできます。
また、ガーデニング墓地なのでお墓の周りにきれいな季節ごとの花々が植えられ、とても環境のよい墓地です。

■入間霊園とは?……

家庭菜園ブームで売行き好調! "コップひとつ"で始められる野菜づくりの本が重版出来。

2020/06/19 16:41
家庭菜園ブームで売行き好調! "コップひとつ"で始められる野菜づくりの本が重版出来。  時事通信

工藤静香、自宅の家庭菜園を公開…挿し木で育てるトマトに「農園プロ」「尊敬」の声(スポーツ報知)

2020/06/19 15:17
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

シニアの巣ごもり消費、約2割が「EC利用増えた」…スーパーは4割減も

2020/06/19 12:21
 「シュミカツ!」は、「アクティブシニアの日常生活にエンタテインメントを!」をキーワードに、シニア層に人気の6つの趣味ジャンル(旅、健康、園芸、グルメ、鑑賞、学び)を網羅したウェブサービスだ。記事による情報発信を行う「情報発信ポータルページ」と、日記のように簡単操作で趣味活動を記録できる「シュミロク(趣味録)」機能を提供している。

”自粛ニモマケズ”つながる里芋 新城で地域の家庭菜園

2020/06/19 07:28
 人と会えない外出自粛期間だからこそ、つながりを感じられる場所を作れないか――。そんな発想で始まった家庭菜園が、武蔵新城駅近くの集合住宅「第六南荘」の裏の花壇にある。
 育てているのは、成長にたっぷりの水が必要となる里芋15株。「チームさとこ」と名付けられたメンバーが当番制で毎日、朝夕の水やりをしている。密を避けるため、それぞれ1人や家族のみで訪れて作業を行う。苗を植えた5月10日時点では8人ほどだったが、不思議なご近所のつながりで現在は12人に増えた。
 「なんてことない家庭菜園だけど、自粛期間にピッタリのアイデアだと思って。同じ時間に集まれなくても、みんなで里芋のお世話をすれば、人とのつながりも感じられると考えました」と話すのは、新城で暮らし始めて3年の片山美也子さん(33)。以前から畑作業に興味があったという美也子さんは、夫の浩一さん(32)とともに里芋の育て方を率先して学び、育成の中心的役割を担っている。SNSを駆使して意思疎通を図り、無料画像投稿アプリ「インスタグラム」で成長記録を写真付きで発信している。収穫は9月下旬を予定。「その頃にはメンバーで集まって芋煮会をしたい」と美也子さん。
 浩一さんは「肥料の追加など、日々の作業にできる範囲で関わっていくことが面白い。これまでコミュニティは皆で集まらないと成立しないものだと考えられていた……