育てるのも食べるのも楽しめる!手軽な家庭菜園のはじめ…|嵐・二宮和也 家庭菜園の トマトが赤くならない トー…|可愛い観葉植物が仲間入り : みちゅ 公式ブログ|他

育てるのも食べるのも楽しめる!手軽な家庭菜園のはじめ方

2020/07/07 15:00
おうちで手軽にできる家庭菜園、憧れたことはありませんか?今回は、初心者さんでもチャレンジしやすい手軽な家庭菜園の方法をご紹介します。リビングでできるアイデアやユーザーさんが栽培されている植物、使用されている植木鉢・プランターをご覧ください。
リビングで家庭菜園おうちの中で手軽に家庭菜園が楽しめればいいですよね。まずは、リビングでできる実例をご紹介します。おちょこや植木鉢、キャニスターなどを使って、コンパクトに栽培することがポイントのようです。愛でて育てて食べる、3つの楽しみが味わえるはずです♪
■おちょこ

嵐・二宮和也、家庭菜園の「トマトが赤くならない」トークに「しつこい」「聞きたくない」とファン呆れ

2020/07/07 14:28
家庭菜園ならイノッチか太一とお話しておいで 二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『bay storm』(bayfm)が7月5日に放送され、自宅で育てているミニトマトについて言及する一幕があった。
5月12日にインスタグラムのストーリーズへ投稿したことで、明らかになった二宮の家庭菜園。しかし、これまで野菜を育てるようなタイプではなかったため、一部ファンの間で「結婚生活を匂わせている」というバッシングが持ち上がっていた。
 そんな中、この日の「裏嵐」のコーナーで「大野智さんがキャンプのためのランタンを買っており、波が来てます。二宮さんは、やりたいアウトドアありますか?」といったメールが寄せられた。これに二宮は「波が来てるの?」とアウトドアにはピンと来ていない様子を見せていたが、「俺、でも家庭菜園かな、それで言うと」と、家庭菜園の“波”が来ていると告白。「皆に相談したいんですけど、トマトが赤くならないんですけど、なんでですかね?」とリスナーに相談を持ちかけた。
 赤くならない理由に心当たりがないようで、「間引かないとだめなのかなぁ、ちっちゃいトマト」とボヤいていたが、ネットで調べたくないと言い、「語り合いたいんですよね、トマトと。『なんで君は赤くならないんだ』って」とポツリ。「本当に赤くならないんですよ、マジで」と心配そうな様子だが、見た目には……

可愛い観葉植物が仲間入り : みちゅ 公式ブログ

2020/07/07 13:30
🦄インテリア♡100均が好きな中学生と小学生兄弟の母です🖤
★100均の購入品をメインにブログを書いています★
100均以外には3COINS、楽天購入品、プチプラアイテムなど
モノトーンも大好きです♡
白黒グレー病♡
たまにファッション、お家の事もブログに書いています。
よろしくお願いします♡
★☆★★☆★

専門家が推す! ブルーベリーのおすすめ品種

2020/07/07 08:00
20年以上前から都内の農園にてブルーベリーの無農薬栽培を続けてきた宍戸さんご夫妻。これまでに育ててきた150を超える品種のなかから、育てやすく味わい深いおすすめの品種を教えていただきました。
* * *
■2本のブルーベリー′ホームベル′の木が私たちの原点です。
宍戸さんご夫妻は都内で300年続く農園の12代目。
おふたりの原点は、もともと農園に植えられていた2本の‘ホームベル’の木にあるのだそう。
毎年、収穫した‘ホームベル’で家族のためにジャムやお菓子をつくっていた瑛奈さん。夫の達也さんがその味を気に入り、ブルーベリー栽培を始めることに決めたのです。
「‘ホームベル’を食べると、20年以上も前、無農薬で新しい農業をやろうと希望に燃えていた気持ちを思い出します」
当時は今ほどブルーベリーがメジャーではなく、情報も限られていました。気になる品種を見つけては栽培してを繰り返し、これでに150品種ほどを育てたといいます。
「ブルーベリーの品種選びで大切なのは、自分が育てている地域の気候に合った品種を選ぶこと。
東京であれば、ハイブッシュ系よりラビットアイ系のほうがおすすめです。それから、初心者の方
であれば定番の‘ホームベル’、‘ティフブルー’などの品種が丈夫で、品質も安定しているので育てやすいですよ。……