ブドウの粒がハートの形 珍しい品種

ブドウの粒がハートの形、珍しい品種

2020/09/19 10:49
 福井県鯖江市冬島町の山田利信さん(73)の果樹園で、粒の形がハート形をしている大粒のブドウ「マイハート」が収穫期を迎えている。甘みが非常に強く、皮ごと食べられる。山田さんは「こんな珍しい品種があることをぜひ知ってほしい」とPRしている。
 山田さんは、趣味の園芸に本格的に取り組もうと2013年から果樹栽培を始めた。畑は「バラの果樹園」と名付け、現在はブドウ35品種100本、モモ26品種60本をはじめ、ナシやカキなどを育てている。珍しい品種を多数栽培し、市場には出荷せずに来園者に直接販売している。
 マイハートは、山梨県の志村葡萄(ぶどう)研究所がシャインマスカットとウインクを交配してできた新品種。全国的にも栽培農家は少なく、市価では1房数千円で売られる高級品という。
 山田さんは17年に同研究所から苗木を入手し、栽培に取り組んできた。薄皮で肉質が締まっており、濃厚な甘みを楽しめる。粒を縦に二つに切ると、よりハートの形が鮮明に見える。
 果樹園で収穫するマイハートは約50房。20日から来園者に対し、市価より安く販売する。問い合わせは山田さん=電話0778(62)0804。