(COVID-19の影響)フラワーポットとプランター…|ガーデニングはお金と交換するものを減らせる|ローラ ロスでの生活ぶりを明かす 家庭菜園で植物とコ…|他

(COVID-19の影響)フラワーポットとプランターの市場範囲の概要レポート2020-26に関する研究:TOYOBO…

2020/09/25 18:45
グローバル 植木鉢とプランター市場 レポートに関する最新の調査では,国際市場に関する詳細な評価が提供され,新しい業界の参入者または確立されたメーカー。世界の植木鉢とプランター市場に関する調査レポートは,主要な推進要因,機会,抑制,脅威に焦点を当てた,植木鉢とプランター市場の現状に関する熟達した包括的な分析です。また,2025年までの植木鉢とプランターの市場シェア,簡単なセグメンテーション,収益予測,地域分析も提供します。
注:私たちのレポートには,この業界に対するCOVID-19の影響の分析が含まれています。業界のトレンドに対するCovid-19の影響を示す新しいレポートに対応する新しいサンプルが更新されました。また, 20%割引を提供
このレポートのサンプルコピーをダウンロード: https://spiremarketresearch.com/report/global-flower-pots-planters-market-154714#request-sample
さらに,グローバル植木鉢およびプランター市場に関するレポートは,さまざまな製造ポリシーと計画,開発プロセス,価格設定構造,およびマーケティング戦略をカバーし,続いて植木鉢およびプランター市場のトッププレーヤー,マーケティングチャネル,ディストリビューターの分析,可能な購入……

ガーデニングはお金と交換するものを減らせる

2020/09/25 16:05
移民大国カナダのユニークな制度「コモンロー」を利用し、2019年、永住権を取得したひとりの日本人女性がいます。「自然に囲まれた土地で、自分らしく生きたい」と日本を飛び出し世界中を旅したすえに、彼女はなぜカナダを選んだのか?カナダでの暮らし、コモンローって何? 生き方の選択肢を探る連載です。[アイコンデザイン / 永井あゆみ]
バックナンバー選択してくださいガーデニングはお金と交換するものを減らせ...0になる勇気 #海外移住入門の秋バンクーバーのシェアハウスでフルコース人生2度目のすっぽんぽん自転車ライド i...カナダ人は形から入らない足の毛を剃るか剃らないか問題バンクーバーでビールを楽しむホームシックの時こそ“今”に集中するカナダで黒人差別に対する抗議集会に参加し...魔法のテーブルの上は全部Free!種も苗もみんなでシェアするバンクーバーの...カナダでは無料で英語を学べる発酵は隔離生活の友物語を「自分が」語り継ぐために図書館はあ...「飼う」って言葉への違和感「残念!」のない、なぐさめ方包装パッケージのないスーパーでゼロウェイ...ボンジュール!フランス語圏のモントリオー...6000人が元旦に寒中水泳!inバンクー...エストニアでは先祖のお墓を検索できるもっと見る

ローラ、ロスでの生活ぶりを明かす「家庭菜園で植物とコネクト」

2020/09/25 10:00
 「MORINGA CLEANSE」オンライン発表会が24日開催され、女優・モデルのローラがアメリカ・ロサンゼルスの自宅から中継で出演。アンバサダーに就任したきっかけやスタイル維持の秘訣を語った。
 ​>>全ての画像を見る

SRL× Dr. Romanelli のコラボコレクションが GR8 にて限定発売

2020/09/25 09:45
〈NEIGHBORHOOD〉デザイナー 滝沢伸介による〈SRL〉はご存知の通り、植物をコンセプトとしたブランド。一方のDarren Romanelliも自身のSNSを通じて植物への情熱を発信してきた。共通の趣味を持つ両者による今回のコラボレーションは、全てが1点物。〈SRL〉のアーカイヴをミリタリー生地とミックスし、ジャケット、シャツ、キャップ、カットソーなど様々なアイテムへと再構築されている。また〈Dr. Romanelli〉のシグネチャーでもあるリメイク家具も制作。加えて、1960年代から70年代にかけて活躍した伝説のイラストレーター Rick Griffin(リック・グリフィン)のアートを採用したアイテムも展開する。
本コラボコレクションは、9月25日(金)10時から『GR8』オンラインストアにて発売、11時から実店舗にてポップアップも開催される。『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

売れないプランター、ネコがくつろぐ「高級ベッド」に

2020/09/25 06:30
 岐阜県の旧付知(つけち)町地区(現中津川市)は、伊勢神宮の御用材にもなる良質なヒノキの産地として知られる。その付知産ヒノキで作ったネコのベッドが人気だ。名付けて「付知ヒノキの高級ねこプランター」。元々は花のプランターだったが一つも売れず、「うちのネコはベッドにするかも」というスタッフの発案で生まれ変わった。
 ベッドは横45センチ、奥行き21センチ、高さ18センチ。ヒノキの香りがほんのり漂う。ネコもうっとりした表情で、くるんと身を委ねた。
 開発と販売を担当したのは、観光事業会社「ゴシンボク」だ。式年遷宮にも使われるこの地のヒノキに誇りを感じ、「ご神木」から社名を取った。
 8月28日に「ねこプランター」の販売を始めたところ、SNSで話題になり、首都圏からも注文が入った。9月22日までに計32個が売れた。
 ヒノキの部材は、林業グループ「付知町優良材生産研究会」が、地元の中学生向けの木工キットとして開発した。在庫分を「プランターとして販売して」とゴシンボクに依頼があった。
 7月初旬に販売したが、1カ月近く経っても売れない。スタッフは「花のプランターでは絶対売れない」と代替策を検討。あるスタッフが、2匹の飼い猫がベッドとして使わないか試したところ、気持ちよさそうに中に入った。
 ゴシンボクの山田文美(あやみ)さん(53)は「……