ガーデニング手袋(グローブ)の選び方・おすすめ7選|育てたダリアを部屋に飾ろう|矢澤 秀成(ひでなる)さん|他

ガーデニング手袋(グローブ)の選び方・おすすめ7選

2020/10/15 12:00
はじめに最近、お家時間が増えたこともあり、かわいいお花の寄せ植えや、家庭菜園を始めた方も多いのではないでしょうか。
久しぶりに土や植物に触れると、心や目が癒されますよね。しかし慣れない作業はケガをしたり、害虫に触れる危険性もあります。そんな時に役立つのが「ガーデニング用手袋」。
せっかくのリフレッシュタイムを快適に過ごすためにもぜひ使ってほしい!今回はそんな「ガーデニング手袋」の選び方や種類について詳しくご紹介していきます。ガーデニング手袋(グローブ)とは

育てたダリアを部屋に飾ろう

2020/10/15 08:00
次々と花を咲かせるダリア。咲ききった花を摘み取ると株姿は美しく保てます。そうやって摘んだダリアは部屋に飾りましょう。茎が短くても花びらが散りかけても楽しめる方法を、花屋の壱岐(いき)ゆかりさんが教えてくれました。カラフルなダリアの数々、眺めているだけで元気がもらえそうです。
* * *
■たっぷりのダリアで明るい空間に
「摘み取るたびに花瓶にさすだけ」。生け方はいたってシンプルです。育てたダリアは、茎は短く花色はバラバラになりがち。でも、こんなふうにダリアだけを生ければ自然にバランスよくまとまります。日に日にふえていく眺めを楽しみましょう。ダリアに負けない存在感のある花器に生ければ、さらに陽気な雰囲気に。

■ダリアの原風景に思いを馳せて
ダリアのふるさとはメキシコです。乾いた大地に根を伸ばす姿に思いを馳せ、器は土色に。合わせる草花は比較的乾いた環境を好む植物を取り入れてみました。寄せ植えするような感覚です。わき役の草花はもちがよいものを選び、ダリアの花が終わっても寂しくならないように工夫しています。
 
■『NHK趣味の園芸』2020年10月号より

矢澤 秀成(ひでなる)さん

2020/10/15 00:00
園芸愛する心育む
 ○…園芸研究家としてNHK「あさイチ・グリーンスタイル」「趣味の園芸」などに出演する。今年4月、花菜ガーデンのヘッドガーデナーに就任したが、新型コロナ影響で休園真っ只中だった。「やっと講習会なども開催できるようになった。花菜ガーデンは研究者も大喜びの素晴らしいサンプルガーデン。まずはここにいるガーデナーたちを育て、魅力ある植物園にしていきたい」と園内をやさしいまなざしで見渡す。
 ○…「5歳の頃から育種して遊んでいた。メンデルの交配の図面が大好きだった」と幼少期を振り返る。農林水産省林野庁の研究員だった祖父、父を持ち、種の保存を目的に全国各地の樹林が植えられていた都内の官舎で暮らした。木に登って木肌のツヤを観察したり多色のオシロイバナを育てたりと、絶好の環境で植物への興味を育んだ。
 ○…これまで開発してきた新品種の花は300種ほど。その他、耐病性のあるレタスやニンジンなどの野菜の研究にも携わってきた。今や名産となっている鳥取や深谷のネギの開発を行った経験から「平塚は気候もよくもっと生産者がいてもいい地域。生産地として平塚にしかない品種を開発すべき」と期待する。
 ○…花や緑に関わる人材を育てたいと、全国各地に出張し、子どもたちを対象にした「育種寺子屋」を主宰している。柔らかい笑顔から、愛称は「ほそめ先生」。アサガオや……

三上 真史さん

2020/10/15 00:00
花で人をつなぎ、笑顔に
 ○…花と緑に親しむ横浜独自のイベント「ガーデンネックレス横浜」。その一環で10月18日まで開催中の「秋の里山ガーデンフェスタ」では、アンバサダーとして会場の里山ガーデンでウェルカムガーデンを監修する。コロナ禍で今春は里山の公開ができず、花を見に行けることが当たり前ではないと実感。「改めて花には人を勇気づける力があると感じた。里山で花を愛でられる幸せを感じてほしい」。秋の公開への思いはひとしおだ。
 ○…俳優・タレントの顔と合わせ、”園芸王子”の愛称でも活躍。両親の影響で小さい頃から親しんできた草花の魅力を、NHK Eテレの「趣味の園芸」などで伝えている。明治大学政治経済学部で経済を学んだ経験を生かし、1級ファイナンシャルプランニング技能士の資格も取得。「園芸家の方を経営面からも助けるようなこともできれば」と語り、芸能・園芸・ファイナンシャルプランナーの3本を柱に活動していく。
 ○…新潟生まれだが、神奈川は自身が産まれる前に両親が長く住んでいた地。「実は最初の本籍は座間市なんです」と明かし、両親と遊びにくることも多くあったという。「全国都市緑化よこはまフェア」からイベントのアンバサダーは4年目、テレビ神奈川の情報番組「猫のひたいほどワイド」の水曜MCも5年目。足しげく通う横浜は「第2のふるさと」だ。
 ○…今秋の……