キッチンが家庭菜園に! 秋冬でもベビーリーフやスプラ…|お笑いコンビ スマイル が町おこし ガーデニング技術…|日本家庭菜園専門店市場の成長 機会およびビジネスの見…|他

キッチンが家庭菜園に! 秋冬でもベビーリーフやスプラウトで楽しむ「ハーブ」栽培

2020/10/28 18:15
自分で育てたハーブを摘んで、その日の料理に使う。そんな暮らしに憧れたことはありませんか? 家にいる時間が長くなるこれからの季節はなおさら、料理にもこだわりたいところ。でも、室内での植物栽培は光や水の加減が難しく、なかなかうまくいかないことも多いのです。
今回は、そんなキッチンハーブの上手な育て方と、冬に向かうこれからの季節でも種を撒けるハーブの種について、グリーンフィールドプロジェクトの代表・松崎英さんに教えていただきました。
秋冬に撒くハーブはベビーリーフとして活用する!
一般的に植物は、春夏に芽を増やしてぐんぐんと生育していくもの。気温が下がる秋冬は、どんな植物でも成長スピードが遅く、ハーブ栽培にもコツが必要です。
「春夏に芽を出すものであれば、数個の種を撒いて元気に伸びた一株を大事に大きく育てていきます。一株だけ育てても、成長にスピードがあるので、収穫して食べたらすぐにまた次の葉が生えてくる……というサイクルがうまくいくんですよね。
一方、秋冬はどうしても温度(気温)と光(日光)が足りなくなるので、成長が緩やかになり、うまく育てられなかったりします。ただ、9月から10月の初旬にかけての、まだ20度ほどの暖かい日が続く時期であれば、寒くなっても耐えられるくらいの大きさに成長させることができるでしょう。10月中旬以降で寒さが感じら……

お笑いコンビ「スマイル」が町おこし ガーデニング技術で“スマイル”届ける、初回は中学校の中庭手入れ

2020/10/28 16:32
お笑いコンビ「スマイル」が町おこし ガーデニング技術で“スマイル”届ける、初回は中学校の中庭手入れ  スポニチアネックス Sponichi Annex

日本家庭菜園専門店市場の成長、機会およびビジネスの見通し2020-2024 – securetpnews

2020/10/28 15:58
日本ホーム&ガーデン専門小売市場  調査2020年から2024年。日本ホーム&ガーデン専門小売市場のレポートは、ビジネス戦略家のためのデータの貴重なソース洞察力です。業界の概要と、以下のパラメーターの歴史的および未来的な視点を備えた市場成長分析を提供します。サイズ、シェア、成長、機会、および供給データ(該当する場合)。レポートは、プレーヤー、国、製品の種類、および最終産業の観点から、グローバルおよび主要な地域の現在の見通しを探ります。この日本家庭菜園専門小売店市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。
今買う:
https://www.marketinsightsreports.com/report/purchase/10232380424?mode=su?mode=31&MW 。
主要なホームセンターのM&A活動や、後継者が不足している高齢者による独立した小規模専門店の廃止により、リフォーム・ガーデニング店は予測期間中にさらに統合されると予想されます。大手ホームセンター企業にとっては、適切な店舗数が限られているため、新規出店による拡大がますます困難になっていることから、買収戦略の採用が進んでいます。
MIRの日本におけるホームアンドガーデンスペシャリスト小売業者のレポートは、業界を牽引する主要……

緑が呼吸する街づくり。浜松城公園へ「ラクラク壁面緑化プランター」を導入。

2020/10/28 10:00
「花とみどりのまち・浜松」を推進する静岡県浜松市の人気スポットである「浜松城公園」に、「ラクラク壁面緑化プランター」を設置しました。専用駐車場から浜松城へに向かう経路を「花」で、おもてなしします。
マリーゴールドやベコニアの他、季節の花をお楽しみください。
「Bring life to city」~緑が呼吸する街づくり~マラナタでは、壁面緑化を推進することで、建物が呼吸をし、人々に元気を与える街づくりに貢献します。
[壁面緑化のメリット]
・二酸化炭素削減やヒートアイランド対策など、地球温暖化対策に貢献
・緑によって美しく潤いのある都市空間や、緑を活かした豊かな生活空間が人に安らぎと心地よさを提供
他にも空気の浄化、照り返しの緩和、壁面の劣化防止など、緑化には様々な効果が期待できます。 マラナタの「ラクラク壁面緑化プランター」マラナタの壁面緑化は、プランター形式で、誰でもラクに設置ができ、ラクに管理ができる「ラクラク壁面緑化プランター」で、特別な取付工事は不要です。
[特徴1:ラクラク入れ替え縦型ポット]
ラクラク緑化壁面プランターは、意匠登録出願(DC1197JP01)済の「壁面緑化ポット」といわれる縦型タイプの立体花壇です。通常は、手間のかかる植物の入れ替えもポット式でラクに取り外しができるので、手間なく好き……

万歳をしているよう 葉が伸びた姿が楽しそうな観葉植物が話題

2020/10/28 10:00
 観葉植物って、見てると不思議とリラックスした気分に。昨今のコロナ禍で「おうち時間」が増え、始めた方も多いのではないでしょうか。
 そんな中、個性的な形状の観葉植物が、これまた個性的な植木鉢に植えられている姿がTwitterで投稿され、話題になっています。
【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】
 「なんか楽しそうに伸びるなお前」というつぶやきとともに、建築デザイナーのデラケンさんが自身のTwitterに投稿したのは、自身が育てている観葉植物の「子持ち蓮華」。
 子持ち蓮華といえば、葉の部分が蓮華の花のような形状をしている多肉植物。「ランナー」と呼ばれる子株部分が、デラケンさんが投稿した写真では、まるでヒトの手のひらのような形状をしているようにも見え、その見た目はとてもキュート。
 これだけでも実に“SNS映え”するんですが、それを植える植木鉢も、今回話題になっているんです。一体どんな鉢かというと、正方形状の植木鉢の四隅から機械の脚が生えたかのような台座に乗っており、子持ち蓮華の見た目もあってその姿は、まるで「わーい」と万歳をしているかのよう。観葉植物の鉢植えが実にSFチックな「ロボット植物」になっているんです。
 これにはリプライ(返信)欄でも、「かわいい」「手を伸ばして踊ってるみたい」「鉢がまたセンス良いですね」と……