今一番売れている プランター Amazonランキング…|岡山で関心高まる家庭菜園 *禍 3密避けた 娯楽|日当たりがよくない 鉢植えで育てたい……あなたにぴっ…|他

今一番売れている「プランター」AmazonランキングTOP10!(11/12 09:40)(1/2)

2020/11/12 11:55
 第3位は「大和プラスチック キッチンファーム120 0.45L グリーン」。価格は200円です。スプラウト栽培用のプラント。軽量で持ち手のため、移動も簡単です。穴がない鉢底設計のため、穴から害虫やナメクジなどの侵入を防止、水を捨てるのも簡単です。コンパクトサイズのため、狭いキッチンでも置き場所に困りません。

岡山で関心高まる家庭菜園 コロナ禍、3密避けた「娯楽」

2020/11/12 11:52
 同店はアパートやマンション、一軒家などが立ち並ぶエリアに位置し、特に学校が休みになった4、5月は、幼児や小学生がいるファミリー層を中心に来店者が増加。オクラ、キュウリ、トマトといった苗などの売り上げが例年の1.5倍増し。北山敦店長代理は「商品を並べたそばから、すぐ売れた。春に比べ落ち着いたが、今もビギナーとみられる人から栽培方法の相談を受けています」。
 今夏、小学4年の長女とプランターでプチトマトとオクラを育てたという会社員女性(48)=岡山市=は「スーパーに買い物に行くのもためらわれる時期があった。子どもと一緒にできることを考えたら家庭菜園に行きついた。実際に取り組んでみて、土いじりはリフレッシュになるし、家計の助けになるしで、一石二鳥」と笑う。次は玉ねぎの栽培にチャレンジする予定だ。
■安心安全
 29.6%―。大手種苗メーカー「タキイ種苗」(京都市)が今年7月、インターネット上で全国の20歳以上の男女600人を対象に実施したアンケートで、外出自粛期間以降に家庭菜園を始めた人の割合だ。実に3割が“コロナデビュー”したことになる。家庭菜園をしている人で、今後も継続したいと考えている人は96.2%に上り、未経験者の3割が、家庭菜園で野菜を育てたい、関心があると答えるなど、注目度が高まっている。
 本格的に野菜作りに勤しむことができる施……

日当たりがよくない、鉢植えで育てたい……あなたにぴったりの果樹はコレ!

2020/11/12 08:00
自分で育てたフルーツを食べることができたらうれしい。でも「果樹」ってよくわからない。上級者が楽しむものでは? そんなイメージがありませんか。おなじみのモモやカキやブドウ。どれも果樹です。初心者だって大丈夫! 果樹園芸を専門とする恵泉女学園大学非常勤講師の小林幹夫(こばやし・みきお)さんに、様々な園芸ライフにぴったりの果樹をアドバイスしてもらいました。
* * *
■日当たりがよくないのですが
クランベリー、レッドカラント、ブラックカラント、グーズベリー、イチジクなどは比較的日陰に強い果樹です。
一般に果樹は日なたを好みます。できれば午前中だけでも日が当たるところがいいですね。
■日当たりはいいけれど庭が狭い
1本で実るタイプで、あまり大木にならず、コンパクトに育てやすい果樹を選ぶとよいでしょう。
ベリー類がおすすめです。例えば、ラズベリー、ブラックベリー、クランベリーなど。ほかにグミ、ユスラウメなども育てやすいです。
■鉢植えで育てるのに最適なのは?
イチジク、カキ、ウンシュウミカン、ブルーベリーなどがおすすめ。また、鉢植えにすると結果年齢が早まります。根が成長するスペースが制限されることで、枝や葉の成長が抑えられ、早く子孫を残そうとして果実をつけるためです。
■『NHK趣味の園芸』2020年11月号より

【ベランダDIY】ガーデニング編 初心者でもおしゃれに マンションでも狭くても大丈夫!おすすめの植物はコレ

2020/11/12 06:30
庭として使えるスペースがなくてもテラスやベランダ、バルコニーを活用して緑を楽しむことはできます。コンテナや棚などで空間を立体的に使って奥行きが生まれる配置を考えましょう。ローズマリー、コモンセージ、多肉植物、ワイヤープランツ、ワイルドストロベリー、ラベンダー、バーベナ、バジル、パセリ、レモングラスなどを紹介しています。【解説】戸倉多未子(ガーデナー)
著者のプロフィール
戸倉多未子(とくら・たみこ)
有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)
本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。
地面がなくても“庭”はつくれる!
テラス&ベランダ
地面がなくても憩いの場はつくれます。コンテナや棚などの構造物を上手に組み合わせて、高低差や奥行きが生まれる配……