家庭菜園を失敗させないガジェット BOTANIUM …|ガーデニングポット2028年まで登録される市場拡大拡…|サカタのタネ ラグビーボール型のカボチャ スイートタ…|他

家庭菜園を失敗させないガジェット「BOTANIUM」。土も日光も必要ないってどういうこと?

2020/11/18 17:00
文:武者良太
ミニマルな植木鉢のように見えるが実はハイテク自宅で野菜や果物を栽培したい。そう思ってチャレンジするものの、枯らしてしまって断念した方は多いだろう。適切な水管理、栄養の投入、土のコントロールが必要であるため、なんとなくルーチンをこなしていると失敗しやすい。
そんな方におすすめの水耕栽培キット・家庭菜園プランターが「BOTANIUM」(ボタニアム)だ。
土は使わず、水と栄養素、多孔性のハイドロボールのみを使用するキットで、3時間おきに散水するからハイドロボールは常に適切に湿ったまま。植物の根が、常に水分と栄養を吸い上げられる環境を作ってくれる。
またハイドロボールが吸わなかった水は下におち、再度散水される仕様だ。そのため1カ月は水・栄養素を足さなくても大丈夫だという。
育てられる植物はバジル、オレガノ、タイム、パセリ、パクチー、ルッコラ、ホウレンソウなどの葉物に、チェリートマト、イチゴ、なす、トウガラシなどの実がなるもの。

ガーデニングポット2028年まで登録される市場拡大拡大 – securetpnews

2020/11/18 15:44
“ガーデニングポット市場調査レポートは、主要な市場状況、ガーデニングポットの市場規模の見積もり、および成長率の予測に関する統計を提供します。この調査では、主要な市場プレーヤーと、市場シェア別にリストされている製品も取り上げています。さらに、最近の動向の評価とプレーヤーの戦略分析に基づく戦略的洞察が市場調査に記録されます。また、要因、見通し、および業界で一般的な問題についても説明します。市場は製品タイプ別(金属材料、ポリマー材料)、用途別(商業用、住宅用)に分かれました。
このレポートのサンプルコピー: https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-68426?utm_source=Radhika/SN
COVID-19の影響
この研究では、COVID-19が世界経済とガーデニングポットの産業に及ぼす影響の概要を説明します。この調査報告書は、産業チェーンの観点からのCOVID-19の影響の概要をカバーしています。さらに、COVID-19の地域経済への影響を考慮しています。
主な市場調査の特徴
市場調査の概要:
グローバルガーデニングポット市場のダイナミクス、市場規模、新たな開発、問題、主要な要因、市場の成長、技術の進歩、脅威、機会、予測、競争分析、およびグローバルガーデニ……

サカタのタネ、ラグビーボール型のカボチャ「スイートタックル」の種子を通信販売と直営店限定で発売

2020/11/18 11:00
 「スイートタックル」は、収穫後早い段階で甘みが出やすいため、家庭菜園に向いているという。特に調理した際の果肉はホクホクした栗のような食感で甘みが強いため、蒸すだけのシンプルな調理でも濃厚な味わいを楽しむことができる。甘みを生かし、スイーツの材料として使用するのもおすすめだとか。
 また、「スイートタックル」は草勢が強いため育てやすく、着果性にも優れるため、収穫の楽しみを存分に味わえるとのこと。今春は新しい生活様式の中で趣味として園芸を始める人が増えたという。苗からの栽培を楽しみ、収穫の楽しみを知った人が、来春はタネからの栽培に挑戦する際にもおすすめの品種となっている。
 ラグビーボール型の長い果実は、見た目が普通のカボチャと大きく異なるとのこと。直売所などで販売した場合もその形で「おいしいカボチャ」として認知され、リピーターの獲得にもつながりやすいという特徴もあるという。
[小売価格]種子(1袋約5粒入り)400円(税別)
[発売日]
ガーデンセンター横浜:12月下旬
通信販売:11月下旬
サカタのタネ=https://www.sakataseed.co.jp

【庭DIY】ガーデニングの土づくり 基本とコツ 花壇用と鉢植え用には腐葉土と赤玉土 水はけのよい良質な土を作ろう!

2020/11/18 09:30
美しい花を咲かせるために、土台となる土づくりはもっとも重要です。さまざまなやり方がありますが、ここでは庭づくりビギナーでもとり組みやすい方法をご紹介します。腐葉土と赤玉土を混ぜる、鉢底にあみを敷く、鉢底石をのせる、土を入れるといった鉢植え用の土作りについて。また、たい肥を混ぜる、木炭を敷く、石灰をまく、日光消毒するといった土作りについて解説しています。【解説】戸倉多未子(ガーデナー)
著者のプロフィール
戸倉多未子(とくら・たみこ)
有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)
本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。
基本の土
水はけがよく、栄養のある良質な土をつくりましょう
土づくりを行わずに庭に植物を植えても、思うように育ちません。植物に……