AlonAlonフラワープロジェクト に賛同し A…|手 にそっくりの大根 岡山の大島さん収穫|特集 雪国新潟の企業が勧める除雪・積雪対策用品

「AlonAlonフラワープロジェクト」に賛同し、AlonAlon胡蝶蘭通販サイトをオープン致しました。

2021/01/06 18:16
「AlonAlonフラワープロジェクト」に賛同し、AlonAlon胡蝶蘭通販サイトをオープン致しました。  時事通信

「手」にそっくりの大根 岡山の大島さん収穫

2021/01/06 17:14
 岡山市南区の会社員大島光博さん(35)が、自宅の畑で人間の手にそっくりの形の大根を収穫した。先の方が指のように分かれ、何かをつかもうとしているようにも見える。3年ほど前から家庭菜園を楽しんでいる大島さんは「見たこともない野菜が採れた」と驚いている。
 昨年12月31日に収穫した。長さは約20センチで、どっしりと太い。半田山植物園(北区法界院)によると、土の固さがまばらになっているといった生育条件に置かれた場合、この大根のように先端が分かれて育つことがあるという。
 あまりに見事に手の形になっていることから、しばらく食べずに冷蔵庫に保管している。大島さんは「太くて立派なので、最後はおでんにして食べたい」と話している。

【特集】雪国新潟の企業が勧める除雪・積雪対策用品

2021/01/06 10:36
さらに、直接除雪作業に関わる用品ではないが、水草で編んだ滑り止めマットの売り上げは特に好調だという。水草の吸水性を利用すると同時に、従来ゴム製だった同様の製品と比べて庭の景観にも合わせやすい点が評価されているようだ。
燕三条のアウトドア製品などを取り扱うECサイト「村の鍛冶屋」を運営する株式会社山谷産業によると、昨年12月中旬に発生した関越道の渋滞直後には、大雪への危機感や対策意識の高まりから、前述の滑り止めマットや、同じく水草で作られたタイヤの緊急脱出用マットが売り上げを急増させたという。
他にも、2、3年前からは尿素を主成分とした融雪剤が売り上げを伸ばしている。この融雪剤は、従来の塩化剤と異なりコンクリートや金属への腐食や植物への影響が少ないことが特徴で、自動車や庭への影響が懸念される自宅周りでの使用も使用できる。