植物識別ソフトウェア 市場規模:2025年までの予測…|*で20年度寄付額過去最高か ふるさと納税|鬼滅の刃 十二鬼月・累の雪像が話題 作品に込めた想…|他

植物識別ソフトウェア 市場規模:2025年までの予測による技術の進歩と成長分析

2021/01/11 21:47
この調査レポートには、プレーヤー、ブランド、地域、タイプ、アプリケーションなどのパラメーターによって植物識別ソフトウェア市場を分類する情報が含まれています。レポートはまた、世界の市場状況、競争状況、成長率、将来の傾向、市場の推進力、課題と機会、およびこれらの要素に対するポーターの力の分析に関する情報を詳しく説明しています。
対象となる主要企業:FlowerChecker, Hangzhou Ruiqi Software Co., Ltd., LuontoPortti / NatureGate, PlantSnap, Plant.id, Plantifier, Garden Answers, Leafsnap, Pl@ntNet, IPflanzen.
このレポートはまた、潜在的な機会と課題、推進要因、およびリスクを含む、植物識別ソフトウェア業界に対するCovid-19の発生の影響を調査および評価します。さまざまなシナリオ(楽観的、悲観的、非常に楽観的、最も可能性が高いなど)に基づいて、植物識別ソフトウェアおよび市場成長予測に対するCovid-19の影響の影響評価を示します。
このレポートのサンプルコピーを今すぐ入手できます@ https://www.reportsintellect.com/sample-request/1347901
植……

コロナで20年度寄付額過去最高か ふるさと納税

2021/01/11 15:46
 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ふるさと納税の寄付額が伸びている。外出自粛による巣ごもり消費の拡大や、医療機関支援を目的とした寄付の増加が要因とみられる。仲介サイト運営各社は2020年度の全国の寄付総額が過去最高だった18年度の5127億円を超えると予測する。
 仲介サイト「さとふる」が、参加する221自治体を対象に20年10月に実施したアンケートによると、約27%の59自治体が、前年に比べ4~9月の寄付額が2倍以上増えたと回答した。
 サイト内では自宅で食べる「餃子」や「焼き肉」の他、「観葉植物」など、在宅時間に関連した検索が急増。担当者は「旅行や外食が難しい中、自宅で手軽に各地の特産品を楽しむ人が多かったのでは」と分析する。

『鬼滅の刃』十二鬼月・累の雪像が話題 作品に込めた想いを直撃

2021/01/11 14:30
(写真提供:としにゃん)
先日愛知県のテーマパーク「ラグナシア」で、3月6日から『鬼滅の刃』の世界観を体験できるアトラクション「追憶の試練 炭治郎の旅路」の開催が発表された。そんな中、登場人物の「キャラクター雪だるま」が話題を呼んでいる。
■10時間かけて完成させた力作
製作したのは東北地方の雪国在住「雪だるま職人」こと、としにゃんさん。普段は会社員をしているが、土・日の2日間トータル10時間かけて完成させた力作だ。
坊や…
坊や話をしよう..出ておいで#鬼滅の刃 #累 #十二鬼月 #下弦の鬼 #雪像 #一人雪祭り #雪だるま職人 #雪だるま pic.twitter.com/ojRgbX8tfh
— 雪だるま職人としにゃん (@mokomoko_2015) January 10, 2021
鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)によって選別された鬼たちの最精鋭「十二鬼月の下弦の伍・累(るい)」をイメージしている。
関連記事:『鬼滅の刃』ファンが自販機を覗くと… 劇場作を思わせる配置に思わず興奮
■漬け物桶で本体のベースを作成
雪像を作る際には、まず漬け物用の桶に雪を入れて踏み固めることによって本体のベースを作るそうだ。本体ができたら、そこから園芸用スコップやパン切り包丁などでキャラクターの詳細なイメージに近づけて……

豪雨の流木、無償で提供 県市房ダム管理所、薪やアート材料など有効活用を(熊本日日新聞)

2021/01/11 11:03
豪雨の流木、無償で提供 県市房ダム管理所、薪やアート材料など有効活用を(熊本日日新聞)  Yahoo!ニュース

おいしいミニニンジンは保温資材の活用が重要

2021/01/11 08:00
寒い冬でも「野菜作りを楽しみたい!」という方におすすめなのがミニニンジンのトンネル栽培。3つの資材で畝(うね)をしっかり保温すれば、手軽に栽培できます。春に栄養豊富で甘いミニニンジンを収穫しましょう。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに栽培のポイントを教えてもらいました。
* * *
■栽培のポイント1 トリプル保温で発芽・生育を促す
ニンジンの発芽適温は15~25℃、生育適温は15~20℃。通常なら1月のタネまきには向きません。それを可能にするのが、保温資材の活用です。もみ殻と不織布、厚手保温シートのトンネルがけというトリプル保温にすれば、厳寒期でも日中のトンネル内は20~30℃をキープ。保湿効果もあるため、乾燥に弱いニンジンのタネの発芽にも役立ちます。
■栽培のポイント2 まき溝は浅く、覆土は薄く
ニンジンのタネは光が当たることで発芽が促進される「好光性種子」です。まき溝の深さは5mm程度と通常より浅くし、土はタネが見え隠れするくらい薄くかぶせるようにしましょう。
■栽培のポイント3 適期の間引きを欠かさない
間引きは本葉1~2枚のころと3~4枚のころの2回行います。間引きは根を確実に太らせ、大きさをそろえるためにも重要な作業。間引かないと葉が混み合って日当たりが悪化。葉がモヤシのように弱……

にいがた人模様:商業施設「ハコニワ」運営 飯塚政雄さん(45) 実践重視で地域課題解決を /新潟

2021/01/11 06:21
 柏崎市の老舗不動産会社「八幡開発」の2代目社長。「民間主導のまちづくり」を目指し2020年10月末、同市横山の田園地帯に誕生した商業施設「ハコニワ」を運営する。
 18年2月に旧サッシ工場の土地・建物を取得して大規模なリノベーションを施した。旧工場の屋根や柱はそのまま生かし、芝生広場(約50平方メートル)と店舗(約860平方メートル)、隣接する水田をデッキでつないだ。主な建築資材には中越産の杉を使用。「屋内公園」をイメージした共有スペースを備えた、七つの店舗などからなるおしゃれな商業施設に生まれ変わった。
 店舗は、ベーカリー▽観葉植物専門店▽不動産会社▽スイーツ&カフェ▽雑貨&ドリンクスタンド▽美容室▽コーヒー豆焙煎(ばいせん)スタンド――の七つ。春には地元で評判のレストランも正式にオープンし、計8店となる。