今が初めどき!初心者におすすめ癒される 観葉植物 3…|おうち時間に癒しを *下で観葉植物が人気急上昇!|3月30日(火) 池上線池上駅直結商業施設 エトモ池…|他

おうち時間に癒しを コロナ下で観葉植物が人気急上昇!

2021/02/25 20:03
 コロナ下でおうち時間が増えている今、観葉植物の人気が急増している。その人気ぶりと売れ筋を取材した。
 SNSを覗いてみると、「観葉植物のある暮らし」という投稿はなんと30万件に上っていた。
 ふるさと納税で約50種類の観葉植物を返礼品にしている指宿市。ふるさと納税係の小園幸平さんは「昨年度と比較して注文が2倍になっている。おうち時間が増えていて植物を置いて癒しを求めていたりとかで。こんなに伸びるとは思っていなかったのでびっくり」と話した。
 花より育てやすく虫もつきにくい観葉植物は、新型コロナの感染拡大でおうち時間が増えた今、人気が高まっている。
 鹿児島市の奄美の里の中にある園芸店「シャン・ド・フルール」では、去年10月から観葉植物のコーナーを設置し、約300種類を揃えている。シャン・ド・フルールの荒木美帆子チーフは「今まで育てていない方がすごく多い。若い方から年配の方まで客層が幅広くなったというのを感じる」と話した。
 売れ筋は、独特のフォルムの観葉植物。重しをつけるなどして個性的な形に育てられたものは、インテリアの1つとして映えるため人気が高いという。高さや葉が大きく、存在感があるものを選ぶ人も多いそうだ。
 初めて育てる人には、手のひらサイズの小さな観葉植物やサボテンがオススメ。手軽なだけでなく日陰で大丈夫な植物もあ……

3月30日(火)、池上線池上駅直結商業施設「エトモ池上」がグランドオープン:時事ドットコム

2021/02/25 17:46
3月30日(火)、池上線池上駅直結商業施設「エトモ池上」がグランドオープン:時事ドットコム  時事通信

ハーブとの暮らしを始めよう

2021/02/25 08:00
心地よい香りで心を癒やし、心身の調子も整えてくれるハーブ。暮らしの中に上手に取り入れ、毎日を豊かにする使い方をハーブ研究家・かりのあさのさんに教わりました。
*  *  *
育てたハーブを暮らしに生かし心も体も健やかに
自宅の庭で約100種類ものハーブを育て、その楽しみ方を広く伝えているかりのさん。育てたハーブは毎日の料理に取り入れるほか、調味料やお茶、クラフトにとさまざまな場面で生かしています。
「ハーブというと、ちょっと気取ったイメージがあって、どう使っていいのかわからない、という声もよく聞きます。でも、じつはシソやネギのように、とても気軽に使えるのです。よい香りで心が安らぐし、料理に彩りや味わいを加えて、体にやさしい働きもある。上手に取り入れれば、ふだんの暮らしがぐんと楽しく豊かになるんです」。ハーブの香りが素材の味を引き立てるので、自然と料理が薄味になって健康につながるという効果も期待できるといいます。
かりのさんが16年続けているハーブ教室の生徒さんからも「旬のハーブを使うことで、季節が巡るのが楽しみになりました」「いつもの料理にハーブの調味料を加えることで雰囲気が変わり、おいしくなるので、レパートリーが増えました」と喜ばれているそう。
「摘みたてのフレッシュなハーブを使えるのは、自分で育ててこその楽しみです。ハーブ……

通りを華やかにしてくれるパリのプランター

2021/02/25 07:00
さすが、“花の都”パリ。石造りのアパルトマンにはきれいな花が植えられ、通りを行く人たちの目を楽しませてくれる。外から見られることを意識してか、手すりの外側に飾っているバルコニーもあった。フランス人は、誕生日など特別な日に花を贈るのはもちろん、友人宅のディナーに呼ばれたときやカジュアルなときでも、頻繁に花を贈りあっているのだとか。花のある暮らしを大切にするのは、とても豊かな気がした。
(フランス・パリ)
前回はこちら