八農 今季の花の直売所オープン – Nagano N…|無理なく 豊かな持続可能社会 を実現する・究極に進化…|*禍で ガーデニング に挑む人が増加 苔玉が人気…|他

八農 今季の花の直売所オープン – Nagano Nippo Web

2021/03/01 23:13
八ケ岳中央農業実践大学校(原村)の「花の直売所」は1日、今季の営業をスタートさせた。春の出荷時期に備え、学生らが育ててきたパンジー3万ポット、ビオラ3万ポット、プリムラ1000ポットなどを並べた。数量は例年並みだが、今季は黄色の品ぞろえが豊富という。春の苗を求め、徐々に客足が増えてきている。
毎年、春に苗を買い求めるという近くの70代夫妻は、春らしいオレンジ色や黄色のビオラなどを下見。「道路沿いのプランターに植えたい。もう少し暖かくなったらまた来たい」と笑顔を向けていた。
同校職員の安藤翔太さんは「霜の心配がなくなってから地植えすると、6月ごろまで次々に花が咲きます。いろんな色を組み合わせて寄せ植えを楽しんでほしい」と話している。問い合わせは花の直売所(電話0266・74・2175)へ。

無理なく「豊かな持続可能社会」を実現する・究極に進化したSoBiC2021年モデル販売開始:時事ドットコム

2021/03/01 15:46
無理なく「豊かな持続可能社会」を実現する・究極に進化したSoBiC2021年モデル販売開始:時事ドットコム  時事通信

コロナ禍で「ガーデニング」に挑む人が増加、苔玉が人気に?

2021/03/01 15:17
 完成品の苔玉や苔を使ったテラリウム、園芸用の苔などが販売されている「苔、苔玉」のカテゴリーの売れ行きは前年比67%増。ほかにも、「サボテン、多肉植物」のカテゴリーは同74%増、「観葉植物」カテゴリーは同61%増と、いずれも飛躍的な人気ぶり。おうち時間が増えたことで、「部屋に緑を」「新しい趣味を」といった人が増えているのかも知れない。Yahoo!ショッピングの売れ筋は、『苔テラリウム』(2700円)、『おまかせ苔玉』(960円)、『ガジュマル(多幸の木)』(3740円)だという。

2021.3.1 ブライアン・メイ「ガーデニングが鬱克服の助けになっている」

2021/03/01 11:35
Photo by Xavier Vila (C)Miracle Productions LLP
クイーンのブライアン・メイ(G)は、本人いわく「もともと鬱になりやすい傾向」があり、この1年、ガーデニングがそれを克服する助けになっているという。
昨年5月、ガーデニングに熱中し過ぎて大臀筋を痛め、その後、心臓発作を起こしたブライアンは、英国のガーデニング・園芸誌『Gardener's World Magazine』のインタビューで、それらの健康問題について語る中、鬱についても触れた。
「木を剪定したり重いもの持ち上げていたから座骨神経痛になったんだと思った。でも実際は、アジア・ツアー中に新型コロナに感染していたんだと思うよ。パンデミックが英国を襲う前だ。それから心臓発作を起こした。その治療が胃に出血をもたらし、僕は死にそうになった」
「僕は、自分が緑に囲まれる環境にいることを本当にラッキーだって自覚している。それがなければ、僕の頭は爆発しそうになっていただろう。バランスを取る助けになってる」「僕は本来、鬱になりやすい。楽観的な人間じゃないんだ。問題があるとそれを掘り下げる傾向がある。ガーデニングはすごく助けになってる。人生の素晴らしいセラピーの1つだ」
ガーデニングをしていると、生命に触れている気がするという。
ブライアンは201……