五感を刺激する 体験型の庭を作るコツ5選|子どもと一緒に楽しむ家庭菜園02 どこで育てる?親子で安心して楽しむためのオ…

五感を刺激する、体験型の庭を作るコツ5選

2021/03/28 20:00
この1年、新型コロナウィルスのおかげで、ガーデニングや様々なマインドフルネスが、これまで以上に注目を集めています。
実際、ガーデニング自体がマインドフルネスだという人も多く、あらゆることから一旦離れ、庭の中で今まさに起こっていることに意識を向けることができます。
ガーデニングのコンセプトをレベルアップさせたい人は、五感を刺激する庭づくりに興味があるかもしれません。今回はその方法をお教えします。
五感を刺激する庭とは何か?基本的に、五感を刺激する庭というのは、その名の通り五感(触覚、嗅覚、味覚、聴覚、視覚)で体感するように設計された庭のことです。
五感を刺激する庭には、ひとつの決まったかたちがあるわけではありません。新しい、もしくは既存の庭に特定の機能を追加し、訪れた人を惹きつけ、庭を体験することに没頭させます。
五感を刺激する庭のつくり方「Gardening Etc」のHolly Crossleyの記事から、五感を刺激する方法をいくつか紹介していきましょう。
1. 入り口に良い香りの植物を植える庭の戸口でも、庭の中にある道の入り口でも、バルコニーの一部でもいいので、好きな香りの植物を植えましょう。
Crosslyのおすすめは、ラベンダーやキャットニップ(イヌハッカ)です。そうすると、自分が違う空間に入ったことを、頭と体に……

【子どもと一緒に楽しむ家庭菜園02】どこで育てる?親子で安心して楽しむためのオススメの場所とは?

2021/03/28 09:00
家庭菜園をはじめてみたいと思ったら、みなさんはどこで野菜を育てますか?   庭の一画を耕す人もいれば、ベランダではじめる人もいるでしょう。ママスタコミュニティには、実際に家庭菜園をしているママたちからコメントが届いています。
家庭菜園は庭がなくてもできる。経験者が工夫している菜園を楽しむ場所は?『ベランダでプランター菜園だよ。ミニトマトやゴーヤ、オクラ、ししとう、ピーマンを植えている』
『初家庭菜園。プランターでミニトマトときゅうり。ミニトマトはたくさんできる』
『前に庭に植えた大葉が、今年も勝手にはえてくる。今年はトマト、ミニトマト、バジル、ピーマン、なす、オクラを植える』
『子どもが学校から持ち帰ったイチゴを庭に植えたら、毎年実をつける。今年も小さいのが数個できている』
『今年がはじめての家庭菜園。親の畑から土を分けてもらって、プランターでミニトマト、大葉、黒豆を育てている』
庭や畑がなくても、プランターで何種類もの野菜を育てているママもいますね。なかには「室内で育てている」とのコメントもありました。
『室内でかいわれ大根、ブロッコリースプラウト、豆苗を育てているよ』
家庭菜園のいいところは「やってみたい」という気持ちがあれば、育てる野菜が少量でもはじめられること。最近ははじめての人でも育てやすい、便利な栽培セ……