ストレス解消に除草はいかが? 面白いほどよく刈れる …|桃太郎 が乱心? 真っ白なトマト実る|田山淳朗が 庭園 を着想源とする新ブランド クロスプ…|他

ストレス解消に除草はいかが? 面白いほどよく刈れる「SKIDGER」を試してみた

2021/11/16 21:00
草刈りって面倒くさいですよね。しかし、この面倒で厄介なことを、簡単に手軽に変えてくれるプロダクトが登場しました。それは現在姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングに挑戦しているアメリカ仕込みのガーデニングツール「SKIDGER(スキッジャー)」。
今回、「SKIDGER」を借りることができたので、その実力を確かめてみましたよ。
地面に沿ったデザインの両刃で爽快に除草!Photo: 山田洋路鋭い両刃を備えた「スキッジャー」。地面を前後に滑らすことで、伸び放題だった雑草を効率よく刈り取れます。草抜きのようにしゃがんでちまちまやるんではなく、立ったまま豪快な動きで除草が可能。掃除機をかけるように、たいして力も入れずに作業できました。
Photo: 山田洋路ものの5分で刈り取った草が山のように! キレイになった草地を見て爽快感が味わえましたよ!
スコップのような使い方もPhoto: 山田洋路伸びた雑草を短く刈り取るのがメインですが、スコップのような形をした先端をうまく使い地面を掘り起こすことも。こちらは少しコツと力がいりますが、根元からの除草が可能になります。
Photo: 山田洋路グラスファイバーの含まれた柄はかなりしっかりしていて、力をかけてもしなることもありませんでした。グリップを持つと握りやすく、先まで効率的に力が伝わります。

「桃太郎」が乱心? 真っ白なトマト実る

2021/11/16 20:50
 錦江町城元の家庭菜園で白いトマトが実った。夏は赤い実を付けていた株。育てた建設業、坂下重廣さん(70)=同町馬場=は「ゆで卵かと思ってびっくりした。何かいいことがあるかも」と笑う。
 菜園は100平方メートル。4月に完熟トマトの品種「桃太郎」の苗を植えた。6月にはわき芽を挿し木し、いずれも真っ赤な実を結んだ。坂下さんが白い実に気付いたのは11月初旬。地面をはうように伸びた挿し木の株の茎に直径4~5センチほどの3個がなっていた。
 写真を見た鹿児島大学農学部の遠城道雄教授は「珍しい現象。突然変異の可能性が考えられる」と推測。トマトを生産して40年になる南大隅町根占横別府の農業田淵悦二さん(70)はうわさを聞いて駆け付け、「色づく前は普通は緑。こんなに白いトマトは初めて見た」と驚いた。

田山淳朗が「庭園」を着想源とする新ブランド クロスプラスが運営(WWDJAPAN.com)

2021/11/16 16:00
田山淳朗が「庭園」を着想源とする新ブランド クロスプラスが運営(WWDJAPAN.com) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

「ヤマソロ」季節の設えも楽しめるダイヤル錠スタンドポストを発売:時事ドットコム

2021/11/16 15:17
「ヤマソロ」季節の設えも楽しめるダイヤル錠スタンドポストを発売:時事ドットコム  時事通信

ガーデニングDIY!バラ愛好家のおしゃれな技(ハルメクWEB)

2021/11/16 14:21
ガーデニングDIY!バラ愛好家のおしゃれな技(ハルメクWEB) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

管理がラクだから初心者でもOK!みんなの一坪花壇(NHKテキストビュー)

2021/11/16 08:00
管理がラクだから初心者でもOK!みんなの一坪花壇(NHKテキストビュー) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース