都会のカフェのように♡ホワイトインテリアにグリーンを…|農業や家庭菜園における小規模宅地の特例との関係を元国…|冬のガーデニング ビオラ・パンジー たくさん咲かせて…|他

都会のカフェのように♡ホワイトインテリアにグリーンを合わせたお部屋

2021/11/24 20:00
すっきりとしたホワイトインテリア。そこにグリーンを加えることで、都会のカフェのような洗練されたインテリアが完成します。今回ご紹介するのは、リビングなどでそんなさわやかなインテリアを実践しているユーザーさんたち。グリーンの大きさや種類によって個性を出すこともできそうですよ。さっそく見ていきましょう。
大きなグリーンを主役にするまずご紹介したいのは、大きめのグリーンをホワイトインテリアに合わせている実例です。存在感のあるグリーンで、一気に空間が明るく演出できそうですよ。すっきりとしていて心地よさそうな空間を見ていきましょう。
■シンプル空間にウンベラータ

農業や家庭菜園における小規模宅地の特例との関係を元国税の税理士が解説

2021/11/24 19:00
相続税の計算上、必ず適用すべき特例の一つに小規模宅地の特例があります。これは、被相続人などが事業や居住の用に供していた一定の要件を満たす宅地について、その評価額を最大で80%減額させるという特例です。この特例の中で、問題になるのは農業です。
■農業は原則対象外
農業も事業なので、基本的にこの特例の対象になると思いがちです。しかし、そうではなく農業は基本この特例の対象外とされています。この理由は、農業には農地の納税猶予という別の特例が認められているからです。この特例は、一定の農地を相続等した農業の後継者について、農地に係る相続税額などの納税を猶予するというものです。小規模宅地の特例は評価減なので、納税額そのものを減らす制度ですので、税金の納税を猶予するものではありませんが、相続税の特例であることは間違いありません。同じ特例を複数使うことを認めると有利すぎることになりますので、農業については農地の納税猶予を使うこととし、原則として小規模宅地の特例の対象にならないとしているのです。
■対象になるケースは
農業に関連して、小規模宅地の特例の対象になるケースは以下とされています。
1 農業用耕うん機、トラクター、農機具等の収納用の建物の敷地の用に供される土地
しかし、以下のような場合は除かれます。
・ 温室その他の建物でその敷地が……

冬のガーデニング【ビオラ・パンジー】たくさん咲かせて、株を増やす方法とは?

2021/11/24 16:15
冬のガーデニング【ビオラ・パンジー】たくさん咲かせて、株を増やす方法とは?  ニフティニュース

新井恵理那は何を選ぶ!?3条件で“観葉植物”探し

2021/11/24 14:48
ちまたで話題の“ちょっといーな”情報を紹介する「新井恵理那のあら、いーな!」。
24日のテーマは「人気の観葉植物を徹底調査!」です。
コロナ禍で、およそ7割もの人が観葉植物に興味を持ち始めたそうです。
実は、新井恵理那キャスターも、その一人なのだといいます。
リモート画面の背景をおしゃれにしたいなどの理由で今、大人気の観葉植物。東京市場での販売数は、前年と比べて18%アップと、5年ぶりに増加したそうです。
今、どんな観葉植物が人気で、どんなケアが必要なのかを、新井キャスターが2回に分けて徹底調査します。
今回は「購入編」。これから始めたい人は必見です!
■都内最大級!3条件で植物探し
やって来たのは、西武新宿線の武蔵関駅から徒歩10分のところにある「オザキフラワーパーク」。およそ4000平方メートルの売り場面積を持つ、都内最大級のガーデンセンターです。
売り場には、ずらっと植物が並んでいます。観葉植物コーナーには、手のひらサイズから、オフィスに飾るような大型のものまで、およそ5000品種もそろっているのです。
実は、新井キャスターは、この機会におうちを植物で充実させたいそうです。
新井キャスターは「テーブルや洗面所に置ける可愛いらしい植物が欲しいです。ベランダも充実させたい。食べられるタイプの植物……

開始1日半で目標達成!!雪山の技術をフィールドに!Elmer Deru(エルマーデル) Makuakeにて先行発売中…

2021/11/24 14:47
開始1日半で目標達成!!雪山の技術をフィールドに!Elmer Deru(エルマーデル) Makuakeにて先行発売中!:時事ドットコム  時事通信

観葉植物がインテリアの主役。温暖な気候で森を目指す、庭つき一戸建て(和歌山県和歌山市)

2021/11/24 13:00
 
観葉植物が所狭しと並ぶ浜島さんのお宅ですが、家の建設当初は植物に関心はなく、目指していたのはむしろ物数少ないシンプルな住まい。
ところが1つの観葉植物をきっかけに、植物の成長に適した温暖な和歌山の気候も後押しして、今では室内外問わず緑溢れる空間へと変身しました。
緑溢れる庭やリビングについての話を中心に、浜島さんご家族が暮らすお部屋についてお話を伺ってきました。

お気に入りの場所開放感と充実感のあるリビング
住まいを建てる際のオーダーの1つだったのが、リビングに吹き抜けをつくること。開放感が生まれると同時に光がたっぷり入り、人にも植物にとっても居心地のいい空間になっていました。
「吹き抜けの開放感と植物がばっちり合っているのが、いつ見ても心地いいですね。自然光に加えてファンも付いているので風通しがよく、植物にとってはいい環境になったなと思います」(浜島さん)
「吹き抜けにはライトレールしかついていなかったので、自分で植物を吊るすためのフックをつけました」(浜島さん)
最初からスッキリとした空間を目指していたこともあり、植物をディスプレイするにも十分かつ自由なレイアウトがとれるスペースがあったようです。
BBQ場から植物の成長を見守る場所に変わった庭
こだわりのお庭は当初、BBQを行うために十……

オードリー春日、人間には難しいとされている10のことに挑戦

2021/11/24 06:00
『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、11月24日に放送される。
同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)、そして春日俊彰(オードリー)、緑川静香が出演する。
まずは、緑川がスマホ1つで、部屋の不用品全部売ったらいくらかを検証する。今回は千葉県にあるお宅が舞台。番組の大ファンであるという女性が、70歳を過ぎた父母の不用品整理を緑川に是非お願いしたいと、番組に依頼が。家には、祖父が趣味で集めた骨董品や掛け軸などがたくさん眠っており、キッチンの戸棚には、いかにも高級そうな食器がずらりと並び、思わず緑川も売っていいのか躊躇してしまうほど。さらには、押し入れから出てきたのは立派な木箱。開けると中には高そうな大皿が! 他にも、日本刀のつばや九谷焼の壺など、次から次へと大量の骨董品が続々と出てくる。
大型健康器具や型落ち家電も片っ端から出品するが、中には売れ残ってしまうものも。しかし、人気女性誌元副編集長の下河辺さやこのアドバイスで、急展開が! そして、園芸用として使われる「蘭鉢」がまさかの大波乱を起こす!? 最終日には、驚きの結果が待っていた――。
続いて、オードリー春日が登場。世の中……