車やガーデニングなど dマガジン 配信雑誌のライン…|よくある失敗から学ぶ!ガーデニングを楽しむ家づくり …|ダイソー もはや園芸店超え!? 実用性抜群のガーデ…|他

車やガーデニングなど、「dマガジン」配信雑誌のラインナップがさらに充実! 2日間限定のキャンペーンもチェック!

2022/05/23 20:00
 雑誌読み放題サービスの「dマガジン」では、5月に配信雑誌がさらに充実しました。
 5月12日には『F1速報』(三栄) 、16日に『STYLE WAGON』(三栄)、17日に『RUN TRAIL』(三栄)、20日に『NHK 趣味の園芸 やさいの時間』(NHK出版)、23日に『kiitos.』(三栄)、26日に『時空旅人』(三栄)と、車やガーデニング、トレイルランなど、多彩なジャンルの雑誌が加わりました。
 さらに、5月28日(土)~29日(日)の2日間限定で、dポイント200,000ptを山分けしてプレゼントするキャンペーンを実施! 詳細は本記事下部にある各キャンペーンのバナーからご確認ください。
 dマガジンは、月額440円(税込)で900誌以上の人気雑誌の最新号が読み放題となる定額制サービスです。初回入会なら31日間は無料でご利用いただけます。

よくある失敗から学ぶ!ガーデニングを楽しむ家づくり【5つのポイント】

2022/05/23 12:53
ポイント1.水道とコンセントは必須
水やりや道具の手入れ、収穫した野菜の泥落としなど、ガーデニングには水道が欠かせません。ホースをどう伸ばして使用するか?などを具体的にイメージしながら、立水栓・散水栓の設置場所を検討しましょう。
 なお、立水栓・散水栓とは、それぞれ以下のようなタイプの水道です。
立水栓・・・地中に埋めてあり、使用する際に地面にある蓋を開け、ホースを取り付けて使う
散水栓・・・地面に柱状の水栓を立て、蛇口を取り付けて使う
 水やりだけなら散水栓でもよさそうですが、その度に蓋を開け、ホースを取り付けて、終わったらまた片付けて…というのは意外と手間です。こまめに庭を手入れするためには、立水栓の方が適しています。
 もう一つ、屋外で水が必要になるのが洗車時です。庭と駐車スペース、どちらでも水道を快適に使えるよう工夫しましょう。庭の手入れ用に立水栓、洗車用に散水栓というように使い分けるのもいいですね。
 また庭の設備でもう一点、「屋外コンセントをつければよかった!」というのもよくある後悔です。芝刈り機や屋外洗浄機、BBQ、プール遊びのための電動空気入れなどなど、屋外でアクティブに過ごしたい人には、電源の確保は欠かせません。
 水道やコンセントを後付けしたり移動させたりする場合は、費用が余計にかかってしまうの……

【ダイソー】もはや園芸店超え!? 実用性抜群のガーデニンググッズ5選!(LIMO)

2022/05/23 11:11
【ダイソー】もはや園芸店超え!? 実用性抜群のガーデニンググッズ5選!(LIMO) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

【ガーデニング】切り花にもオススメ︕初夏~夏に咲く花8選、部屋に飾ると華やかでオシャレ(LIMO)

2022/05/23 09:46
【ガーデニング】切り花にもオススメ︕初夏~夏に咲く花8選、部屋に飾ると華やかでオシャレ(LIMO) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

家庭菜園を始めたいビギナー集まれ!「UETE」が初のポップアップショップを出店

2022/05/23 00:01
タキイ種苗が運営する家庭菜園の新ブランド「UETE(ウエテ)」は、6月4日(土)、5(日)の2日間、初めてのポップアップショップをオープンする。
家庭菜園ビギナー向けのブランド
「UETE」は、家庭菜園ビギナー向けに「心地の良い、遊べる菜園」をコンセプトに展開している新しいD2Cブランド。
2021年10月のデビューより、公式サイトでのオンライン販売に限って運営されてきた。家庭菜園のベストシーズンである2022年春、より多くの人々にブランドの魅力を知ってもらうべく、リアルイベントとなるポップアップショップの限定出店に至ったという。
初めてのポップアップショップは京都同ブランド初めてのポップアップショップは、健康的で美しい生活を実現し、循環型社会に寄与するライフスタイルを提案している京都の複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」。
「UETE」のブランドの世界観を表現する展示スペースをはじめ、家庭菜園のキホンをレクチャーする少人数制のワークショップなど、毎日の食材を自宅で育てるという、ちょっぴりサステナブルな暮らし方を発信するという。
「Farm to Table」がテーマ
同ポップアップショップのテーマは、「Farm to Table ~自宅で始める、家庭菜園のある暮らし~」。
「農」と「人」がもっ……