ガーデニング こなれ感バツグン 秋のナチュラルガー…|墓石を花や植物で…近年注目の ガーデニング葬 専用…|部屋の中でも紅葉を楽しめる? モミジの美しいミニ盆栽…|他

【ガーデニング】こなれ感バツグン。秋のナチュラルガーデンに似合う「多年草・一年草」おすすめ8選(LIMO)

2022/09/21 18:17
【ガーデニング】こなれ感バツグン。秋のナチュラルガーデンに似合う「多年草・一年草」おすすめ8選(LIMO) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース貸し農園での週末家庭菜園が楽しすぎる  家電 Watch【家庭菜園】小さな庭を果樹園に!ガーデニング初心者でも育てやすい果樹8選 (2022年9月16日)  Excite Bit コネタ【ベランダ家庭菜園】プランターで育てる秋冬野菜「初心者でもお世話カンタン」おすすめ野菜6選  ニフティニュースおすすめ果実「ブルーベリー」の育て方、収穫量がアップする3つのポイント【ガーデニングアーカイブ2021/9】 | 概要  LIMO(リーモ)Google ニュースですべての記事を見る

墓石を花や植物で…近年注目の「ガーデニング葬」 専用霊園設ける寺、変わる供養のスタイル

2022/09/21 17:00
 海への散骨や樹木を植えた区画に遺骨を埋葬する樹木葬など、少子高齢化や家族の在り方の変化とともに多様な形の埋葬方法に関心が高まっている。中でも墓石を花や植物で彩る「ガーデニング葬」は華やかな見た目で近年注目を集め、福井県内でも専用の霊園を設けたり、受け入れに向け準備を進めたりしている寺がある。
◆永代供養墓に合祀
 福井県鯖江市の閑静な住宅街にある法華寺(同市水落町2丁目)は2021年秋、境内に16区画分のガーデニング霊園を設けた。墓石は縦40センチ、横30センチ、高さ20センチ以下と小ぶりで、その周囲を取り囲むように色とりどりの花が植栽されている。明るく華やかな雰囲気で、すでに5区画で納骨されている。
 同霊園では遺族に代わって寺が永代供養するというのも特徴。13年または33年の納骨期間満了後、遺骨は寺の永代供養墓に合祀する。「後継ぎや将来的な墓じまいの心配がないのがメリット」と上島日祐住職(73)。花の手入れや季節ごとの植え替えも寺が行う。遺族が掃除など管理する必要はないため、遠方に暮らしていても安心だ。
 ガーデニング霊園に父の遺骨を納めた同県越前市の男性(56)は、一時はほかの墓地を予約したが「墓を建立することで子どもたちの重しになるのでは」と考え直したという。男性は「常に花で囲まれ、父も喜んでいると思う」と話す。
 生前に……

部屋の中でも紅葉を楽しめる? モミジの美しいミニ盆栽に心癒される – GLUGLU[グルグル] by grape

2022/09/21 12:40
As Channel -アズチャンネル-盆栽と山とカメラチャンネル登録者数:5万2000人再生回数: 495万8072回趣味の盆栽(今は主にモミジなどを種、新芽から育てています)、ミニ盆栽、寄せ植え作りをこれも趣味の一眼レフ(eos 6D→eos R5)で撮影し紹介しています。盆栽、園芸初心者の方へ向けて、これから始められる種まきや実生、育てて1、2年の樹々を使って、身近でなるべく手に入りやすい材料でミニ盆栽を制作しています。これから盆栽、園芸始める、樹々を育てようと思ってる方へ向けて自身も勉強しながら動画作りに励んておりますのでよかったらご覧ください。
■使用機材
・カメラ:Canon EOS R5
・レンズ:EF24-70mm F2.8L II USM(マウントアダプター使用)
・外付けマイク:RODE ロード VideoMicro
・マキタ(Makita) 充電式ドライバドリル DF030DWSP
・キーボード:logicool ロジクール mx keys
■連絡先:dentaku2017@gmail.com
■Twitter:https://twitter.com/Asfilm_Movies
■Instagram:https://www.instagram.com/as_channel……

「世界アルツハイマーデー」シンボルカラー・オレンジの花植付

2022/09/21 12:03
認知症への理解と支援を呼びかける「世界アルツハイマーデー」の21日、認知症の人とその家族が倉吉市役所に、啓発のシンボルカラーのオレンジ色の花が咲いたコスモスのプランターを設置しました。
これは「世界アルツハイマーデー」に合わせて倉吉市が行ったもので、認知症の人と家族などおよそ20人が参加しました。
集まった人たちは、認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色の花が咲いた「キバナコスモス」の苗を6つのプランターに植えました。
そして「今まで通りの生活をする」「認知症は認知症、私は私」など当事者のメッセージを書いたうちわをプランターに取り付け、市役所の入り口に設置しました。
参加した患者の女性は「苗植えの作業は楽しかった。毎日、友達に囲まれて暮らしていて、特に困っていることはありません」と話していました。
倉吉市認知症地域支援推進員の大久保美智子さんは「認知症は誰でもなりうる病気であること、またなったとしても、いきいきと生活できることを多くの人に知ってほしい」と話していました。
コスモスのプランターは、倉吉市役所第2庁舎の入口にこのあとおよそ1か月間設置されます。