生産者団体から美里町の小学校に花の鉢植えと苗を贈る

生産者団体から美里町の小学校に花の鉢植えと苗を贈る

2022/11/24 12:10
子どもたちに花に親しんでもらおうと、花の生産者団体から美里町の小学校に花の鉢植えと苗がプレゼントされました。
花をプレゼントしたのは熊本県花き協会鉢物部会で、美里町の砥用小学校で行われた贈呈式には、鉢物部会のメンバーと小学1年生と2年生の児童38人が参加しました。
鉢物部会の池松大亮部会長が「花は暮らしに癒しや潤いを与えてくれます。皆さんでかわいがってあげてください。」とあいさつし、赤やピンクのシクラメンの鉢植え9鉢と、色鮮やかなパンジーやキンギョソウなどの苗560ポットを児童の代表に贈りました。
このあと児童と鉢物部会のメンバーが一緒に花の苗をプランターに植えました。
児童たちはスコップを使って穴を掘ったあと、パンジーなどの苗を丁寧に植えて上から優しく土をかけていました。
植えられた花の苗は児童が交代で水をやって世話をするということです。
小学2年生の女子児童は「いろいろな花を植えることができて楽しかった。大切に育てていきたい」と話していました。