文化放送が たき火の音 を流し続ける90分特番を放送へ|追悼 マリス・ヤンソンス(1943年1月14日|北欧のプチプラ雑貨店 ソストレーネ グレーネ 表参道…|他

文化放送が「たき火の音」を流し続ける90分特番を放送へ

2019/12/02 21:25
 番組冒頭とエンディングのナレーション以外「たき火や薪が燃える音」だけで構成した挑戦的な企画。
 まるですぐ傍でたき火が行われているかのような感覚が味わえるという「3Dオーディオ」技術を駆使し、さらに“音のプロ”が音声が耳に伝わってくる位置を細部にわたって調整し、「AM放送では実現できない仕上がり」となっているとのこと。このため、聴取環境は、ステレオFMやスマートフォンアプリ「radiko」にてヘッドフォンを使うことを推奨しています。
 ちなみに企画のきっかけは、ノルウェーのテレビ局が放送した薪特集番組が20%の高視聴率を叩き出したことから。その際放送された12時間のうち、8時間は薪が燃えているだけの映像だったそうで、今回の特番名「たき火特番〜ノルウェーのテレビ局が薪が燃えているだけの映像で高視聴率を獲得したので、たき火の音だけを流すラジオをやってみた〜」もそこから来ています。なお、この番組タイトルは文化放送で歴代最長とのこと(※同局調べ)。

追悼 マリス・ヤンソンス(1943年1月14日

2019/12/02 17:00
名実ともに世界の巨匠へ(2003~2019)
2003年にドイツ最高のオーケストラのひとつ、バイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任(亡くなるまで)。2004年にはアムステルダムの名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者に就任(2015年まで)。世界の2大オーケストラを掌中に収めたヤンソンスは、以来、17年にわたって名実ともに世界最高の指揮者として活躍を続けました。2005年秋には、バイエルン放送響との初の日本と中国へのツアーを行い、この時の演奏は日本のマスコミに絶賛され、年間コンサート・ランキングの第1位に輝きました。さらに2012年には、ベートーヴェンの交響曲チクルスが、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンによって、外来アーティストによる年間ベスト・コンサートに選ばれた。またヤンソンス率いるバイエルン放送響は、レジデンス・オーケストラとして、毎年、ルツェルン復活祭音楽祭に招かれている。2006年・2012年と2016年の元日にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの指揮を務めています。またベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にも度々客演しました。日本へはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と2004、06、08、10、13年に、バイエルン放送響とは先の2005年、12年以外にも2007年、09年、14年、16年に来日公演を行い……

北欧のプチプラ雑貨店「ソストレーネ グレーネ」表参道店が閉店、他店舗は営業継続

2019/12/02 16:22
 ソストレーネ グレーネは2013年に日本に上陸し、2016年から日本を基軸にアジアでの本格展開を開始。表参道店はアジア1号店として2016年10月にオープンし、約3年にわたり運営してきた。閉店までの期間はクロージングセールを開催している。
 なお、現在日本では表参道の他に丸井吉祥寺店など5店舗を出店しており、表参道店の閉店後は他店舗の利用を促している。

スウェーデン政府、中銀法の大幅見直し提案 総裁の権限縮小など

2019/12/02 14:40
スウェーデン政府、中銀法の大幅見直し提案 総裁の権限縮小など  ロイター (Reuters Japan)