久保建英の次は ノルウェーの神童 ウーデゴーの成長ぶ…|石川創先生の鯨塾:/8 現代ノルウェーの捕鯨 産官学…|フィンランド首相 EU首脳会議で外交デビュー

久保建英の次は「ノルウェーの神童」ウーデゴーの成長ぶりに海外注目

2019/12/14 19:40
写真拡大
前節バルセロナは久保建英擁するマジョルカと対戦し、このゲームではリオネル・メッシVS久保の対決にも注目が集まった。久保はレアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍しており、将来的にクラシコで何度もバルセロナと激突することになるかもしれない。今回の対戦はその前哨戦と考えることもできる。
結果はバルセロナが5-2で勝利を収めたが、久保に続いてバルセロナへ挑むのはノルウェーの神童MFマルティン・ウーデゴーだ。
ウーデゴーはレアル・マドリードからレアル・ソシエダにレンタル移籍しているが、今季は開幕から絶好調だ。チームも4位と好位置につけており、14日にはホームでバルセロナと対戦する。
スペイン『as』もウーデゴーVSバルセロナに注目している。ウーデゴーも久保と同じく将来的にレアルで活躍する可能性があり、今回はウーデゴー個人のクラシコと注目されているのだ。
加えて同メディアはレアルに手を貸すチャンスとも伝えているが、現在バルセロナとレアルは勝ち点34で並んでいる。ここでソシエダがバルセロナをストップすれば、レアルに首位浮上のチャンスが出てくる。
また先日ウーデゴーは……

石川創先生の鯨塾:/8 現代ノルウェーの捕鯨 産官学で批判に対策 /山口

2019/12/14 15:59
 「水産大国」といわれるノルウェーはミンククジラが対象の小型捕鯨を続けており、私も視察や研究で現地の捕鯨船に乗ったことがある。商業捕鯨を再開した日本にとって、参考になることは多い。
■家族で漁業兼業
 ノルウェーは近代捕鯨の発祥地として知られるが、当初は鯨油目的が主流で、鯨肉食の普及は沿岸の捕鯨が解禁された1920年代後半からとされる。戦時中に需要が高まり、50年代には捕鯨船200隻、捕獲数は4000頭を超えていた。
 同国の捕鯨は主に家族経営で、他の漁業と兼業するため夏のみ行う。2018年は捕鯨船11隻で454頭捕…

フィンランド首相、EU首脳会議で外交デビュー

2019/12/14 12:37
フィンランド首相、EU首脳会議で外交デビュー  世界最年少で就任したフィンランドの女性首相がEU首脳会議に出席し、鮮烈な外交デビューを果たしました。
 フィンランドのマリーン首相は、現職の首相としては世界最年少の34歳で就任したわずか2日後にEU首脳会議に議長国として出席しました。
 「世界をより良い場所にしたい。娘や全ての子どもたちのため」(マリーン首相)
 気候変動対策を課題とするマリーン首相は、首脳会議で、EUが2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標に合意したことについて、「大きな一歩を踏み出した」と評価しました。