秋田)秋田市出身の鐙さん 北欧の民主主義をリポート|無垢スタイル建築設計 埼玉で叶える 北欧暮らし (5…|フィンエアー 成田・中部・関空線を再開へ 7月から …|他

秋田)秋田市出身の鐙さん、北欧の民主主義をリポート

2020/05/19 10:00
 地球温暖化の危機を訴える運動のシンボルになったグレタ・トゥンベリさんはスウェーデン出身。同じ北欧のフィンランドでは昨年、34歳の女性首相が誕生した。若い彼女らがなぜ活躍できるのか。その理由を現地の豊富なカラー写真とともに考える本を、秋田市出身のジャーナリストが出版した。
 「北欧の幸せな社会のつくり方―10代からの政治と選挙」で、著者は秋田市出身の鐙麻樹(あぶみあさき)さん(35)。オールカラーの写真を150枚以上使い、1枚以外はすべて自身で撮影した。
 鐙さんは外国人との交流や国際文化の勉強が好きで、高校時代1年間オーストラリアに留学した。大学進学後にはフランスに留学。2008年にノルウェーの首都オスロに移り住み北欧情報を発信している。
 取材を続ける中で、あることに…

無垢スタイル建築設計『埼玉で叶える 北欧暮らし』(5月22日発売)発刊のお知らせ

2020/05/19 10:00
Hyggeな「住まい方」「家具」「雑貨」
「埼玉での家づくりの仕方」
この一冊で楽しみ方がわかります!
「居心地がいい空間、そこで生まれる心地よい時間」そんなHyggeな暮らしを叶えたご家族の新築とリノベーションの事例を数多く掲載しています。また、埼玉で家を建てる時の心得やちょっとしたコツなどもご紹介。
 さらに、ムーミンバレーパーク&メッツァビレッジの情報と共に、無垢スタイル最新の展示場「北欧ヴィレッジ」の情報もあり、Hyggeの考えに共感した西田氏(無垢スタイル建築設計株式会社 代表取締役)と東風氏(株式会社ムーミン物語 取締役執行役員 マーケット統括部長)の対談は必見です。
 他にも、北欧家具や北欧雑貨の紹介ページでは、最旬のスタイリング写真で、洗練されたインテリア作りの参考にしていただけます。おうち時間を充実させる暮らしのヒントが満載の北欧を、たっぷり感じられるボリューム満点の1冊に仕上がっています。
・Hyggeな暮らしをかなえたお家
・北欧を体感できる埼玉県のスポットへ行こう!
~ムーミンバレーパーク&メッツァビレッジ~住宅展示場「北欧ヴィレッジ」
・対談 株式会社ムーミン物語 東風康行 × 無垢スタイル建築設計株式会社 西田光吉
・人気ブランドが提案する 最旬 北欧スタイル
・はじめ……

フィンエアー、成田・中部・関空線を再開へ、7月から、アジア路線を中心に通常便の約3割の運航目指す

2020/05/19 09:36
フィンエアー(AY)は2020年5月18日、成田、中部、関空/ヘルシンキ線を7月から再開する予定だと発表した。スケジュールは月ごとに見直し、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う渡航制限が解除され、需要が回復し始めた市場から徐々に再開、増便する。
7月に再開するのは成田、中部、関空のほか、北京、香港、上海、シンガポール、ソウル、バンコクといった同社が重点市場に位置づけるアジア路線。さらに、8月にはデリー、ニューヨーク線を再開、11月には羽田便を就航する予定だ。AYのCCOオーレ・オリベール氏は、「7月以降、航空業界は徐々に回復すると予想しており、7月に通常便の約3割の運航を目指す。私たちの調査では、多くがすでにビジネスとレジャー旅行の両方を計画しており、この需要に応えていきたい」と期待感を示した。
同社はまた、新型コロナ感染防止で新しい施策も導入。空港スタッフが全員マスクをするほか、搭乗のシャトルバスの乗車人数を最大50%までに制限。乗客には鼻と口の両方を覆うマスクを持参、着用してもらうようにする。

スウェーデンのサーキュラーコミュニティ「ReGen Villages」が描く、次世代の自給自足

2020/05/19 08:00
それでは、実際彼らはどのようにその循環を実現しているのか。取り組みの例を見てみたい。ReGen Villagesのコミュニティ内部の家は、そのほぼ全てが持続可能な生活を送るために独自でデザインされたものだ。村の中に送電線網を引かなくても良いように、住居のエネルギーは、太陽光パネルで発電した電力で賄われる。自然の熱や空気の流れを利用した冷暖設備により、住居ごとの電気使用量の負担を下げることも可能な設計だ。「shared local eco-system」が施されたこの家族向け住居のすぐ近くには温室が設置されており、住民自ら野菜や果物を育てることができる。
建設予定である村全体の面積は250,000平方メートルで、その4分の1のみが居住部分、残りの4分の3に食糧生産場や農場、発電所、電気自動車充電ステーションを併設した公園や、水耕栽培農園も設置される予定だ。他にも、共有の貯水施設やリサイクルシステム、家畜小屋、食堂、子供の遊び場や学習施設の建設が予定されている。

『オリ・マキの人生で最も幸せな日』

2020/05/19 07:08
名前 :外山真也
プロフィール:とやま・しんや 1966年生まれ。映画ライター&時々編集者。学生時代はヨーロッパ映画を中心に見ていたが、情報誌の仕事が長かったため、今は洋の東西を問わず、単館系からハリウッドまで幅広くが信条。主な執筆媒体:TVfan、日本映画navi、ぴあ各誌。

フィッシャー=ディースカウによるORFEOへの歌曲録音の集大成第2弾!『リート・エディション 第2集』(4枚組)

2020/05/19 00:00
ドイツ・リートの歴史に大きな足跡を残したディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ。1947年ライプツィヒで最初のリサイタルを行い、その翌年にベルリン・ドイツ・オペラのバリトン歌手としてデビュー。1951年には、伴奏ピアニストとして大きな名声を築いたジェラルド・ムーアと歌曲を初めて録音し、以降次々とアルバムをリリース、いずれも高い評価を得ました。
EMIやDGなどのメジャー・レーベルに膨大な録音を行ったフィッシャー=ディースカウですが、ORFEOレーベルにもライヴやセッション録音を数多く残しています。その中から、ドイツを中心としたリートの録音を集めたBOXの第2弾が登場。
3人の大詩人に着目したアルバムを中心とし、フィッシャー=ディースカウのプライベート・アーカイヴからCD化されたエンゲルとのストックホルム・ライヴ、ORF(オーストリア放送協会)の協力でリリースされたサヴァリッシュとのザルツブルク音楽祭ライヴ、名手ブラッハーやクレッカーの参加など、興味の尽きない内容となっています。
(ナクソス・ジャパン)
『リート・エディション 第2集』(4枚組)
【収録内容】
[CD1]ゲーテ(1749-1832)の詩による歌曲集(C389951DR)
アンナ・アマリア・フォン・ザクセン=ヴァイマール=アイゼナハ (1739-1807)……