第二弾! 個性あふれるロイヤルウエディングのブーケを…|リサ・ラーソン新作 いろいろマイキー シリーズ発売ス…|北欧で死亡率最高のスウェーデン…集団免疫を選んだ罪 …|他

第二弾! 個性あふれるロイヤルウエディングのブーケをチェック。

2020/05/21 20:00
 2011年のウィリアム王子との結婚式でキャサリン妃が手にしたのは、イギリスでフローリストとして活動する、シェーン・コノリーによってデザインされたブーケ。スズランとスイート・ウィリアム、ヒヤシンス、ギンバイカの枝で作られた小ぶりなブーケは当時ブームになったほど。小さく控えめなブーケが、レースのドレスを引き立て、清楚で可憐なブライズスタイルを演出している。
幸福が舞うランのブーケ。

リサ・ラーソン新作「いろいろマイキー」シリーズ発売スタート!

2020/05/21 19:19
  北欧スウェーデンの陶芸家「リサ・ラーソン」が生み出した人気キャラクター「マイキー」が
  いろいろな柄でおめかしして登場です。
  こんな時だからこそ、爽やかな気分、元気いっぱいの気持ちをさらに上げてくれる色使いのポーチや
  マグカップ、ステーショナリーを発売スタートいたしました。

  【ポーチ】
  
   ポーチは全部で6種類!LサイズからSサイズまで用途はいろいろ。
   ジッパーにはゴールドのマイキーシルエットをプラスして、 丈夫な合皮製をセレクト。
ポーチ(いろいろマイキー)
   S 1,650円 / M 2,200円  / L 2,530円 (税込)
  【ハンカチ】
    高品質と名高い日本製のシルクコットンハンカチ。艶っぽくしなやかな肌触りは使い心地満点です。
     ハンカチ(いろいろマイキー)
¥1,540(税込)
    【マグカップ】
美濃焼でつくった、日常使いしやすいシンプルなカタチで、いろいろなマイキーがカップ
いっぱいに登場しています。
マグカップ(いろいろマイキー)
¥2,200(税込)

その他にもデイリーにお使いいた……

北欧で死亡率最高のスウェーデン…集団免疫を選んだ罪、高齢者の悲劇(中央日報日本語版)

2020/05/21 15:33
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に対抗して徹底した封鎖に取り組む代わりに、いわゆる「集団免疫」戦略を選んだスウェーデンの防疫政策に関する議論が続いている。緩いソーシャル・ディスタンス(社会的距離)で近隣諸国に比べてはるかに高い死亡率を見せているのはもちろんのこと、高齢者が主に滞在する介護施設を中心に死者が続出し、「高齢者冷遇論」も出ている。
スウェーデンは新型コロナ事態の初期から強力な封鎖政策を取った他の欧州諸国とは異なり、50人以上の集会禁止、可能なら在宅勤務などの緩やかな規制と「日常生活と防疫を同時に行う政策」を行ってきた。国民の自律的な防疫規則遵守を促し、中学校以下の学校は休校せず、ほとんどのショッピングモール、レストラン、ジムも営業していた。スウェーデンこのような政策は新型コロナのワクチンや治療薬が出ていない状況で構成員の一定の割合に伝染病に対する免疫力を持たせて感染を抑制する「集団免疫」の実験と解釈され、世界の注目を集めてきた。
その結果は、どのように表れているか。19日(現地時間)、米国ワシントンポスト(WP)によると、18日の時点で人口1000万人のスウェーデンの新型コロナ死者数は3698人だ。これは近隣諸国のデンマーク、ノルウェー、フィンランド(3カ国合計の人口1650万人)の合計死者数、1081人の3倍以上多い。100万人当たり……

スウェーデンのエステル王女&オスカー王子、世界ミツバチの日に蜂についてお勉強

2020/05/21 15:05
スウェーデンのヴィクトリア皇太子と夫のダニエル殿下、長女のエステル王女と弟のオスカー王子が暮らす首都ストックホルムのハガ宮殿ではこのところ、いくつか新しいことが起きているもよう。
「ワールド・ビー・デー(世界ミツバチの日)」だった5月20日、王室はインスタグラムでヴィクトリア皇太子親子が完全装備で宮殿敷地内にあるミツバチの巣箱に向かう様子を収めた写真を公開。エステル王女は勇敢にも、巣枠を引き上げることに挑戦している。
これは王女たちにとっての学びの機会だったとして、写真のキャプションにはスウェーデン語で、次のように書かれている(『デイリー・メール』紙が英訳)。
「王女たちは、ミツバチがなぜ生態系の多様性にとって重要であるかなど、ミツバチについて色々なことを学びました。人間はミツバチをはじめとする受粉媒介者たちのおかげで、食べ物を食卓に届けることができまます」
「ハガ宮殿のハチの巣箱は、10年前にスウェーデン養蜂家協会からヴィクトリア皇太子に贈られたもので、皇太子はこの巣箱を非常に大切にしています」

Aunt Mary(アント・マリー)

2020/05/21 13:08
アント・マリーは1969年、ノルウェーはフレドリクスタにて結成されたプログレッシヴ/ハード・ロックバンド。1970年から1973年に至るまで3作のスタジオ・アルバムを発表。1973年に解散するもその後現在に至るまで断続的に再結成・ライブ活動を行っている、70年代のノルウェー/北欧プログレを代表するバンド。
そのアント・マリーが70~80年代にリリースした4タイトルが世界初となる紙ジャケット仕様/新規リマスターにて一挙再発!
『アント・マリー』
本作は1970年に発表された、彼らのデビュー作となる『アント・マリー』。ギター/ベース/ドラム/キーボードの4ピースに、フルート・サックス奏者を含めた5名によって制作され、60年代末~70年代初頭独特のサイケデリック・ロック/ブルース・ロック/ジャズ・ロックが混ざり合ったアート・ロックを展開。雑然とするサウンドの中にあって、情緒的なフルートが北欧然とした透明感を運び独特の存在感を放つ。正にこの時期・この地域からしか発現し得ない、後年の作品とはまた違った魅力を持つユニークな作品!
【帯・解説付国内盤/紙ジャケット仕様(シングル・ジャケット)/2020リマスター/解説:祖父尼 淳/音源提供:ユニバーサル ミュージック】

【配信開始】北欧神話の重厚な世界観で美麗でド派手なバトルが楽しめる本格アクションRPG『RAZIEL(ラジエル)』

2020/05/21 12:28
<ストア情報>
『ラジエル』は北欧神話に基づいた重厚な世界観の本格ダークファンタジーARPGです。
公式サイト:http://jp.raziel.indragame.com
自由に選べる100種類以上の天賦(スキル)や豊富な装備システムを備えて、自由度の高いプレイを楽しめます。
多種多様な種族が共存するダークな幻想世界で、不死の軍団を討伐するために戦おう!
あらすじ:
人間族、エルフ族、ドラゴン族、獣人族など、様々な種族が共存している世界。
数千年の長きにわたり種族間による戦乱の世が続いていた。
戦火によってあまたの同胞を失ってしまったエルフ族、ドラゴン族は、その表舞台から姿を消し、その他の種族も戦争によるあまりにも大きな対価を払いきれず前線から次々と去って行った……。
こうして戦乱の世は終わりを告げた。
――しかし突然にそれは起きた。
人間族の帝国各地でアンデッドが大量発生、次々と人間を虐殺し始めた。
アンデッドは不死の軍団を形成して、人間族が絶滅するかに見えたとき、残された強者たちが立ち上がった。
こうして両者の最終戦争の火蓋は切って落とされた……。
超美麗3Dグラフィック:
アプリゲームの枠を越えた、最新トレンドのゲームレベルの美麗グラフィック。細部……