ノルウェー=デンマーク両国間の移動許可へ スウェーデ…|デンマークとノルウェー 両国間の移動許可へ スウェー…|韓経:韓国HMMのコンテナ船 再び世界最大船籍量|他

ノルウェー=デンマーク両国間の移動許可へ スウェーデンは対象外

2020/06/01 11:45
ノルウェーとデンマークの政府は29日、6月中旬から両国間の観光客の移動を許可すると発表した。
ただ、新型コロナウイルス感染者数が依然多いスウェーデンとの移動は引き続き規制される。
デンマークのフレデリクセン首相とノルウェーのソルベルグ首相は個別に記者会見し、両国間の相互移動に関する規制の大半は6月15日に解除されると述べた。
ソルベルグ首相は、「あまり急激な開放はできない。それはわれわれがこれまで成し遂げてきたすべてを脅かすことになる」と述べた。
デンマークは、ドイツとアイスランドからの観光客も受け入れる方針。外国からの観光客は全員、入国前に少なくとも6泊の宿泊予約が求められるとともに、新型コロナ感染の大半が発生しているコペンハーゲンでの滞在は許可されない。スウェーデンからの観光客の入国も規制を続ける。
スウェーデンの感染者の死亡率は、他の北欧諸国より数倍高い。

デンマークとノルウェー、両国間の移動許可へ スウェーデンは対象外

2020/06/01 11:26
デンマークとノルウェー、両国間の移動許可へ スウェーデンは対象外 - ロイターニュース - 国際  朝日新聞社

韓経:韓国HMMのコンテナ船、再び世界最大船籍量

2020/06/01 11:14
韓国大手海運会社のHMM(旧現代商船)のコンテナ船が相次いで世界最大船籍量の記録を打ち立てた。
HMMは2万4000TEU級(1TEUは6メートル分のコンテナ1つ)の超大型コンテナ2号船「HMMオスロ号」が今月28日にシンガポール港から出港したと31日、明らかにした。
HMMオスロ号は今月8日に欧州に向けて出発した2万4000TEU級1号船「HMMアルヘシラス号」に続く2号船だ。2万4000TEU級は世界最大規模のコンテナ船だ。
HMMは1号船HMMアルヘシラス号に1万9621TEUを積載して世界最大船籍量を記録した。オスロ号にも同じ量のコンテナをのせた。
HMMは今年9月まで大宇造船海洋から7隻、サムスン重工業から5隻など計12隻の2万4000TEU級コンテナ船の引渡しを受ける。

未曾有の事態にアートが出来ること。スウェーデンの振付家、アンナ・ホルターのチャレンジを日本の人々にも知ってもらいたい…

2020/06/01 09:25
未曾有の事態にアートが出来ること。スウェーデンの振付家、アンナ・ホルターのチャレンジを日本の人々にも知ってもらいたい。(作品のビデオあり):時事ドットコム  時事通信

マルコム・グラッドウェル、史上最悪のパンデミック「スペイン風邪」の謎に迫る(1)氷に眠るウイルス

2020/06/01 07:00
1 永久凍土1918年9月24日、ノルウェー北岸から出航した3日後にフォシェテ号はロングイェールビーンに到着した。北極圏にあるノルウェーの島の小さな炭鉱の町だ。北極圏のフィヨルドが通行不可能になる前の、その年の最後の船だった。この船には、冬の間ロングイェールビーンの炭鉱で出稼ぎをする多くの漁師や農民が乗っていた。しかし、船旅の最中にインフルエンザが猛威を振るった。着岸の際に多くの乗客が現地の病院に入院しなければならなくなり、2週間のうちに7人が亡くなった。犠牲者たちは現地の墓地に並んで埋葬された。6つの白い十字架と1つの墓石が目印になっている。
オーレ・クリストフェセン
1896年2月1日 – 1918年10月1日
マギネス・ガブリエルセン
1890年5月10日 – 1918年10月2日
ハンス・ハンセン
1891年9月14日 – 1918年10月3日
トルモッド・アルブリグトセン
1899年2月2日 – 1918年10月3日
ヨハン・ビェルク
1892年7月3日 – 1918年10月4日
ウィリアム・ヘンリー・リカルチェン
1893年4月7日 – 1918年10月4日
クリスティアン・ハンセン
1890年3月10日 – 1918年10月7日
ロングイェールビーンの墓地は、……

「神童」の神業パス。味方にボールを届ける大切なポイントがわかる

2020/06/01 06:40
サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~
Question
ウーデゴールは、どこへパスを出したか?
 今季、レアル・ソシエダはラ・リーガ4位につけ、2012-13シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けてし烈な争いを演じている。その躍進の中心にはひとりの若き天才がいる。ノルウェー代表の21歳、マルティン・ウーデゴールだ。
 ウーデゴールは2014年にストレームスゴトセトで15歳118日という若さでプロデビュー。創造性あるプレーでノルウェーの神童と謳われた。16歳になると数多のビッグクラブからオファーが殺到するなか、レアル・マドリードが獲得に成功した。
 しかし、鳴り物入りで加入しながらトップチームに定着できず、レンタルでの武者修行に出る。過大評価の烙印を押されたウーデゴールだが、オランダで着実に才能を磨いた。そして今季レアル・ソシエダで公式戦28試合に出場し、7得点8アシストとその力を証明している。
前線には3人の味方が。 第6節アラベス戦は、その創造性を象徴するシーンが生まれる。前半19分、ウーデゴールが中盤で前を向くと、前線には味方が3人いた。このあと、ウーデゴールはどこへパスを出しただろうか?