祝・生誕100周年! ゲイ・アートの先駆者 トム・オ…|バーガーキングの王とマクドナルドのドナルドが情熱的な…|フィンランドで美しいオーロラ出現|他

祝・生誕100周年! ゲイ・アートの先駆者、トム・オブ・フィンランドの日本初個展が渋谷パルコ B1F GALLERY…

2020/09/15 19:00
本展では1946年〜1989年の間に、グラファイトやグアッシュ、マーカー、ペン、インクなど、様々な画材を使って制作された30点の作品を展示。 トム・オブ・フィンランドのキャリア全体を網羅しながら、彼の多彩な才能に注目すると同時に、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったLGBTQのレジェンドとしての彼の一面も紹介する。キュレーションは東京を拠点に活動、自身のギャラリー「The Container」のディレクターも務めるシャイ・オハヨンが担当。厳しい現実と戦いながら、当時の社会がゲイ男性に押し付けていたイメージを払拭することに貢献した歴史的作家の生誕100周年を祝うにふさわしい展覧会となりそうだ。
会場では充実の展覧会オリジナルグッズも販売予定。また、会期中には各所で多彩な関連プログラムも開催予定なので、ぜひチェックしてみて。
「Reality&Fantasy The World of Tom of Finland」
会期:2020年9月18日(金)~10月5日(月)
会場:GALLERY X(東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ B1F)
時間:11:00〜21:00 ※初日と最終日は18:00閉場/入場は閉場時間の30分前まで
入場料:¥500(税込)※未就学児入場不可
03-6712-7505
https://ar……

バーガーキングの王とマクドナルドのドナルドが情熱的なキス!フィンランドのゲイ・プライドキャンペーン広告

2020/09/15 16:02
バーガーキングとマクドナルドが情熱的なキス image credit:burgerking_suomi/Instagram
 フィンランドの首都ヘルシンキは、ヨーロッパで最も進歩的で、同性愛者を多様性の形として受け入れている都市のひとつと言われている。
 そんなフィンランドで開催されている毎年恒例の「ゲイ・プライド」イベントに参加したバーガーキングがキャンペーン広告を発表した。
 それは、長きにわたってライバル視してきたマクドナルドのドナルドと、バーガーキングの王が情熱的なキスをしているポスターだ。
 そこには「愛は全てに打ち勝つ」というキャッチコピーが添えられており、大いなる愛の力で両者はライバル関係を超越した関係になったことをアピールしているかのようだ。『Ads of the World』などが伝えている。
【バーガーキングがマクドナルドのドナルドにキス】
 長年にわたるライバル同士として、常にバトルを繰り広げて来た大手ファストフード社のバーガーキングとマクドナルド。
 バーガーキングは2019年のCMで、密かにマクドナルドを1年じゅういじり倒していたことを認めていたが、今年フィンランドで行われた毎年恒例のゲイ・プライドのキャンペーン広告では、意外なイメージを披露した。
 それはまさにゲイ・プライドのテーマらし……

フィンランドで美しいオーロラ出現

2020/09/15 15:47
 幻想的な光景が広がります。
 空に揺らめく緑色の光の帯。これは北欧フィンランドの北部ロヴァニエミで14日早朝に撮影されたオーロラの映像です。まるで生きているかのように、ゆっくりと進んでいくようにも見えます。
 北極圏に近い地域では、夏は太陽が一日中、沈まない「白夜」が続きますが、暗い夜を迎える季節になったことでオーロラが出現。これから4月上旬頃まで見ることができるということです。

韓国、「住みやすい国」順位アップで17位…日本は13位に下落(中央日報日本語版)

2020/09/15 15:17
韓国、「住みやすい国」順位アップで17位…日本は13位に下落(中央日報日本語版)  yahoo.co.jp

新型コロナウイルス関連のフィッシング攻撃を多数観測、エフセキュアが2020年上半期の攻撃トラフィックレポートを発表

2020/09/15 15:00
プレスリリース配信元:エフセキュア
~ 人々が持つ新型コロナウイルスへの恐れや社会的混乱を悪用~
エフセキュアは本日、2020年上半期 (1月~6月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間において発生した新型コロナウイルスの世界的なパンデミックは、多くの人々の生活や企業の業務を混乱に導いただけでなく、スパムやフィッシングメールを介したサイバー攻撃のアシストをするかたちとなってしまいました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダーであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は本日、2020年上半期 (1月~6月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間において発生した新型コロナウイルスの世界的なパンデミックは、多くの人々の生活や企業の業務を混乱に導いただけでなく、スパムやフィッシングメールを介したサイバー攻撃のアシストをするかたちとなってしまいました。
エフセキュアの『セキュリティ脅威のランドスケープ 2020年上半期』レポートによると、同期間のオンライン脅威のトラフィックを調査した結果、サイバー犯罪者は新型コロナウイルスのパンデミックに乗じて迅速に行動を開始しまし……

★フィンランド政府、日本からの入国規制を解除 – 旅行業界・航空業界 最新情報

2020/09/15 13:28
 9月19日から14日間の自主隔離・検疫必要なし
 フィンランド政府は、9月19日から日本からの入国規制を再度解除する。これにより、フィンランド入国後の14日間の自主検疫は必要なくなる。今回の決定は10月18日までの1カ月間有効となる。
 フィンランド政府は去る8月27日に日本からの入国に対しては、フィンランド入国後に14日間の自主隔離、自主検疫を求めていたが、過去2週間の10万人当たりの新規感染者数8〜10人というこれまでの緩和基準25人以下と見直したことにより、日本からの入国規制を緩和した。

ヘルシンキ空港利用者の9割、空港の新型コロナ対策に満足 7月

2020/09/15 12:30
北欧フィンランドの空港運営会社フィナビアはヘルシンキ空港を7月に利用した人の意見を集めたところ、利用者の89%が新型コロナウイルスの流行下におけるヘルシンキ空港の衛生・安全対策を「Excellent(=優れている)」と回答したと発表しました。
アナウンスが7分おきに3言語で流れているフィナビアは空港業務改善のために各空港で利用者からの意見を定期的に集めています。ヘルシンキ空港の利用者は、手指消毒用スプレーボトル300本、飛沫感染防止用のアクリル板100枚、ソーシャルディスタンスを呼び掛けるフロアステッカー2000枚が空港ターミナル各所に設置され、マスク着用が呼び掛けられていることに満足しているようです。
日本からの直行便も到着するヘルシンキ空港は、到着エリアでのアナウンスの回数を増やし、7分おきに3言語で流していますが、この取り組みも利用者からは好評です。外国の空港で自分が聞き取れる言語が流れてきたらホッとするのではないでしょうか。新型コロナウイルスの流行下なら尚更です。
関係者が手を焼いているのは「マスク問題」フィナビアが「もっとこうすればいいのに」という提案があるかをヘルシンキ空港利用者に尋ねたところ、「空港内でマスクをしていない人がいる」という記載が数件あったとのこと。フィンランドの空港運営会社は空港利用者全員にマスクを着用するように強く……