ペップ 彼を連れてこい! 私が世界一の選手にする バ…|あご髭を生やしたら こうなる! スーパースター4…|多様な性 理解求めて ゲイ・アート トム・オブ・フ…|他

ペップ「彼を連れてこい! 私が世界一の選手にする」バイエルン時代に獲得を熱望した現在21歳の天才MF

2020/11/21 11:14
 マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルン時代、現レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・エーデゴーアの獲得を熱望していたようだ。スペイン『アス』が元ノルウェー代表ヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏のポッドキャストでのコメントを基に伝えている。
 同紙によると、グアルディオラ監督はバイエルン時代に当時15歳だったエーデゴーアをカタールのミニ大会で目撃。ノルウェーサッカー協会(NFF)の技術スタッフを務めていたフィヨルトフト氏に向かってこう叫んだという。
「あの子をミュンヘンに連れてくるんだ! ミュンヘンに連れてくるんだ! 私が彼を世界一の選手にしてあげよう」
 当時ストレームスゴトセトに所属していた“ノルウェーの神童”に対し、バイエルンの他にもリバプール、アーセナル、そしてレアルが獲得を狙っていた。フィヨルトフト氏は同選手が最終的にレアルを選んだ理由について「私の考えとしては、非常にシンプルなものだったと思う。レアル・マドリーにはセカンドチームがあり、他の3クラブにはなかったんだ」と説明している。
 フィヨルトフト氏によれば、グアルディオラ監督はエーデゴーアとの契約を実現できなかったことを非常に残念に思っていたようだ。レアル行きを決めた後に同指揮官に会った際、「彼は『セカンドチームが重要になることを知っ……

「あご髭を生やしたら、こうなる!」 スーパースター4選手の加工写真をスペイン紙公開

2020/11/21 07:40
C・ロナウド、レバンドフスキ、ハーランド、ムバッペのあご髭加工写真を投稿 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド、フランス代表FWキリアン・ムバッペは現在の世界を代表するストライカーだが、海外メディアは「拡散チャレンジ」と銘打ち、4選手に髭を加工する写真を投稿している。
 ユベントスのロナウドは過去5度にわたりバロンドールを受賞し、バイエルン・ミュンヘンのレバンドフスキは昨季三冠の立役者となった。ドルトムントの20歳ハーランド、パリ・サンジェルマン(PSG)の21歳ムバッペは次世代の世界最高選手の呼び声が最も高い。4人とも現在、世界トップクラスのストライカーとして君臨している。
 そうしたなかスペイン紙「マルカ」は、公式インスタグラムで「この選手たちにあご髭を生やしたら、こうなる! SNSに向けた11月の拡散チャレンジ」との文章を添え、ロナウド、レバンドフスキ、ハーランド、ムバッペにあご髭を生やした加工写真を投稿している。
 現在、4人とも髭は生やしていないが、この投稿をきっかけに“あご髭デビュー”する選手も、もしかしたらいるかもしれない。

多様な性、理解求めて 「ゲイ・アート」トム・オブ・フィンランド展 心斎橋パルコ /大阪

2020/11/21 07:12
 性的マイノリティーへの理解を求めて「ゲイ・アート」を制作し続けたフィンランド出身のアーティスト、トウコ・ラークソネン(1920~91年)の生誕100年を記念した個展「THE WORLD OF TOM OF FINLAND」が20日、心斎橋パルコ(大阪市中央区)で始まった。12月7日まで。
 ラークソネンはヘルシンキの美術学校で広告を学び、第二次世界大戦に出征。終戦後は広告会社に勤めていたが、当時同性愛は違法とされており、男性への欲望を周囲に知られないように隠していた。一方、男性の筋骨隆々の体や、レザー・ジャケットをまとった力強い姿などを描き、その思いをひそかに芸術で形にし続けていた。
 57年、作品がアメリカの雑誌の表紙に採用されたことが転機となる。作家名を「トム・オブ・フィンランド」と名乗り、作品がゲイ社会で人気を呼び始めると、次第にゲイの人権運動の象徴として、世界的に知られていった。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(20日)

2020/11/21 07:05
〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(20日)  ロイター

ドルトムント指揮官、16歳になったFWムココは「すでに非常にいい選手」

2020/11/21 03:00
 ドルトムントを率いるルシアン・ファーブル監督が、今月20日に16歳を迎えたU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココについて言及した。20日、ドイツ紙『ビルト』が報じた。
 ムココは2004年生まれの16歳。出身はカメルーンだが、ドイツ国籍も有している。2016年7月にザンクト・パウリの下部組織からドルトムントの下部組織に加入した。今季はドルトムントのU-19に所属し、公式戦4試合で13得点1アシストと、爆発的な攻撃力を見せている。
 今月20日に16歳となったムココは、ブンデスリーガの規定により、トップチームでの公式戦出場が可能になるという。21日にブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦するドルトムントだが、この試合にムココが出場すれば、ブンデスリーガ最年少出場記録を16歳と1日に塗り替えるようだ。
 ドルトムントを率いるルシアン・ファーブル監督は前日の記者会見で、ムココの出場に関しては「明日になればわかるだろう」と明確な回答は避けたが、「彼は選手として素晴らしいポテンシャルを持っている。彼はすでに非常にいい選手だ。彼とトレーニングするのは楽しいよ」と資質を評価している。
 ドルトムントにはイングランド代表FWジェイドン・サンチョ、同代表MFジュード・ベリンガム、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、アメリカ代表FWジ……