アヤックスのレジェンド・リトマネンの超高難度ゴール …|W杯ジャンプ 日本は4位 混合団体 優勝はノルウェー|おうち時間を豊かにする 北欧インテリアの手引|他

アヤックスのレジェンド・リトマネンの超高難度ゴール。ボレーで針の穴を通す!

2021/02/20 21:22
『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。
オンラインショップお問い合わせプライバシーポリシー広告掲載についてリリース送付先について運営会社新着記事一覧フットボールチャンネルとはCopyright © 2021 kanzen Ltd. All Right Reserved.

W杯ジャンプ、日本は4位 混合団体、優勝はノルウェー

2021/02/20 21:17
 1回目は3位で折り返したが、2回目に順位を落とした。ノルウェーが968・7点で優勝し、スロベニアが2位、オーストリアが3位で続いた。混合団体は来年の北京冬季五輪で初採用される。

おうち時間を豊かにする、北欧インテリアの手引。

2021/02/20 18:00
自分の部屋を心地よく変えるメソッドが満載。『北欧式インテリア・スタイリングの法則』
フリーダ・ラムステッド著 久山葉子、机宏典訳 フィルムアート社刊 ¥2,640
憧れのインテリアの情報や美しい写真はあふれていても、そのまま再現するわけにはいかない。心地よく暮らしやすい空間にはどんな法則があるのか。スウェーデンの人気インテリアデザイナーで、北欧でトップクラスの閲覧数を誇るブロガーでもある著者が、スタイリングの基本的なルールを豊富な図解で伝授する。家具の配置や配色のコツなど、プロの経験則が自分の部屋でも使えるテクニックに。家で過ごす時間が増えたからこそ、知りたい知識が満載の一冊。
*「フィガロジャポン」2021年3月号より抜粋

フィンランドからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入を停止 農水省

2021/02/20 17:07
フィンランド家畜衛生当局は、同国内の狩猟用きじ農場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生が確認されたことを国際獣疫事務局(OIE)に通報した。これを受け農水省は、同病の日本への侵入を防止するため、同国からの生きた家きんと家きん肉等、家きん卵等の輸入を一時停止した。

「フィンランド人は自分たちが世界一不幸だと思っている」ミカ・カウリスマキ監督が深刻な差別や格差を「食」を通して風刺し…

2021/02/20 16:00
 コロナ禍で最も注目された世界のリーダーは、フィンランドのサンナ・マリン首相ではないだろうか。2019年、世界最年少の34歳という若さで首相に就任したマリン首相が率いる内閣は発足当時の閣僚19人のうち12人が女性で、マリン首相を含む4人は35歳未満。夫と育休を交代しながら公務と子育ての両立を実現し、週休3日制を目指す首相の存在は日本人の目には眩しい。そのほかにも、豊かな自然や充実した社会保障制度など、フィンランドは非常に暮らしやすい国のように見える。
 2018年から2020年まで国連が毎年決める「世界幸福度ランキング」で連続1位を獲得しているフィンランド。そんな国から心あたたまる映画『世界で一番しあわせな食堂』が届いた。2月19日に公開される本作はミカ・カウリスマキ監督の新作で、優しい眼差しのなかに現代社会に警鐘を鳴らす視点が潜む。「“食”のもつ力を世界へ発信したかった」と言う名匠カウリスマキ監督に話を聞いた。
人種ステレオタイプや性的役割分業からの脱却 フィンランド北部ラップランドの小さな村にある食堂へ、上海から中国人父子がやってくる。誰かを探しているようなのだが、村の誰もその名前を聞いたことがない。なすすべもない親子に食堂のオーナー、シルカ(アンナ=マイヤ・トゥオッコ)は泊まる家を提供する。
 ある日、中国人の団体観光客が食堂に押し寄せて……

栃木・井頭温泉チャットパレスに北欧風グランピング施設オープン!

2021/02/20 14:25
夕食はアウトドア空間で楽しむ豪華グランピングディナー。テントから漏れるあたたかな光とランタンの光が照らす夜のテラスがディナータイムを盛り上げてくれます。食材、調味料、調理器具、食器などディナーに必要なものは全てセットされ、持参するものはありません。
メニューは、野菜サラダ、牛ステーキ、具沢山ポトフ、アヒージョ、バゲット、鯛釜飯。野菜は主に地元産の新鮮な野菜が使用されています。チャットパレスのレストランシェフが作るディナーはどれも絶品。ボリュームたっぷりで、食いしん坊のお腹も満たしてくれます。
飲み物は含まれておらず持ち込み自由。ホテル内の自販機や売店で購入するか、事前にお好みのものを準備してくださいね。
※メニューは季節の仕入れなどで変更がある場合があります。

雪の上の美しい模様、ロープとかんじきで描く フィンランド

2021/02/20 13:08
北欧フィンランドのアーティスト、ヤンネ・ピューッコさんとボランティアの仲間たちは、首都ヘルシンキ近くのゴルフ場で、雪の上に繊細で美しい模様を描き出した。

【レポート】世界初の「イッタラカフェ」に行ってきた! 素敵な食器と北欧メニューが満載でファンにはたまらない空間です

2021/02/20 12:01
先日Pouchでもお伝えしましたが、2021年2月19日に、世界初のイッタラカフェが表参道にオープン。
イッタラのファンとしてはもう居ても立ってもいられず、オープン日に早速行ってまいりました〜!
【北欧のカフェにいるかのようなステキ空間】オープン当日とあって、11時の開店前から行列ができていましたが、めでたく1ターン目で入店できることに。
窓が大きく明るい店内にはイッタラの作品がそこかしこに展示してあり、シンプルモダンなインテリアに映えます。北欧のカフェにきたみたいでテンション上がる〜!
【北欧ならではのメニューがいっぱい】差し出されたメニューを開くと、そこには北欧らしい食材を使ったというスープやサンドイッチ、グラススイーツにマフィンなど、期待以上にたくさんのお品が。ドリンクもコーヒーやスムージーからジントニック、フィンランドビールまでかなり充実しています。
もうね、北欧好きはメニューを眺めているだけで興奮しちゃいますよーーー!
迷いに迷った挙句、今回はフィンランドの定番シナモンロールとカレリアパイ、コーヒーがセットになった「フィンランドコンボ」(税込2420円)をオーダーしました。
木目を基調としたカフェの空間が美しくて、待っている間も幸せ……♪
【食器がどれも可愛くてイッタラファンにはたまりません】そして、お店……