建築家 エリエル・サーリネンのデザインを紹介 サー…|サウナドラマのロケ地として注目を浴びた 北欧 継続的…|北欧ブランド×スマートウォッチ!スント7からチタンモ…|他

建築家 エリエル・サーリネンのデザインを紹介 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」が開催

2021/04/16 11:39
▲ポホヨラ保険会社ビルディングの中央らせん階段
Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Karina Kurz, 2008
東京・汐留のパナソニック汐留美術館では、「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」が2021年7月3日(土)から9月20日(月)まで開催される。
同展は、フィンランドの建築家 エリエル・サーリネン(1873-1950)の作品を紹介するもの。とくに渡米までのフィンランド時代にスポットをあて、図面や写真、家具や生活のデザインといった作品資料を展示する。
▲建築家エリエル・サーリネンの肖像写真 、Photo: Daniel Nyblin/ Finnish Heritage Agency, 1897
サーリネンはヘルシンキ工科大学在学中に出会ったゲセリウスとリンドグレンと共同で設計事務所を設立し、1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築が好評を博して、デビューを果たした。
▲1900 年パリ万国博覧会フィンランド館 、ラハティ市立博物館
初期の作風は、ナショナル・ロマンティシズムと称される、アール・ヌーヴォーの影響をうかがわせながらも民族の独自の文化的ルーツを表現し建築が特徴。
▲夜のヘルシンキ中央駅玄関、エーミル・ヴィークストロムによる彫像 《ランタンを持つ……

サウナドラマのロケ地として注目を浴びた「北欧」継続的に取材を受けるその秘訣とは?

2021/04/16 11:30
*本記事は4月1日発売の『広報会議』5月号の転載記事です。
東京上野にあるサウナ&カプセルホテル「北欧」。2019年7月から放送されたドラマ『サ道』(テレビ東京)で、原田泰造演じる主人公と仲間の2人が行きつけのサウナとして毎回登場するのがこの「北欧」である。
放映後の利用者数は3~4倍になり、テレビの影響力は絶大だったという。「実際は10倍近くの人に足を運んでいただいていたと思います。開店前から並んでいただいて、ほとんど方にはお断りをしなければいけない反響ぶりでした」と支配人の菅剛史氏は振り返る。
サウナだけでなく外気浴が楽しめるスペースやレストランを備えているなど、原作の漫画でサウナの新しい楽しみ方として打ち出されている“ととのう(サウナの一連の動きでトランス状態になること)”ための環境の良さがロケ地に選ばれた決め手だったという。
「ロケ地協力は今のお客さんたちに迷惑がかかるかもしれないと悩みましたが、思い切って挑戦してみたことでいい循環が生まれていると強く感じます。今までの宣伝活動では生まれなかった接点がつくれました。新たなサウナの価値を発信しサウナ自体を盛り上げていくことが、直接の宣伝になっていなくても持続的なファンづくりには重要なのだと感じました」。

北欧ブランド×スマートウォッチ!スント7からチタンモデル登場

2021/04/16 10:30
SUUNTO(スント)は、北欧フィンランドのアウトドアブランド。80年以上の歴史があり、伝統の計測機器に加えユニークなスマートウォッチを多数手掛けている。
SUUNTOのスマートウォッチは、北欧ならではの高いデザイン性とアウトドア仕様の機能性が魅力だ。なかでも、同製品で初めてグーグルの「Wear OS」を搭載したモデル「SUUNTO 7」は、ラインナップの主力商品となっている。
堅牢かつラグジュアリーなチタンモデルそんなSUUNTO 7に、高硬度のグレード5チタンベゼルを備えた「SUUNTO 7 TITANIUM」が加わる。SUUNTO 7のミニマルデザインを引き継ぎながらも、高い堅牢性と高級感を実現した。
カラーはグレーとブラックの2色。ストラップ素材には柔軟で柔らかいマイクロファイバーを採用し、汗をかきやすいスポーツでも心地よく着用できるように配慮した。前面のAMOLEDディスプレイは、擦過傷に強いゴリラガラスで保護。繊細なスマートデバイスのイメージを覆す、挑戦的な仕上がりになっている。
WearOS by Google搭載初期インストール済のスント専用アプリでは、ワークアウトのサポートや記録が可能。GPS機能を内蔵し、距離や正確な位置情報を捉えてくれる。スポーツはランニングやサイクリングから、スイミング、トレッキング、ウエイトトレー……

川崎FW、元スウェーデン代表DF翻弄のトリッキーな“ファーストタッチ股抜き”に脚光

2021/04/16 08:40
6年目の長谷川竜也、タッチライン際で福岡DFソロモンソン相手に股抜き 川崎フロンターレは、AFCチャンピオンズリーグの日程変更に伴って前倒しで開催された14日のJ1リーグ第19節アビスパ福岡戦で3-1と勝利し、開幕11戦無敗(10勝1敗)とした。そのなかで、Jリーグ公式ツイッターは6年目を迎えたFW長谷川竜也の華麗なテクニックをピックアップしている。
 開幕5連勝を飾った川崎は、3月17日のヴィッセル神戸戦(1-1)で連勝こそストップしたが、その後再び連勝街道に乗る。開幕から10戦無敗(9勝1分)で迎えた福岡戦、今季からレンタル復帰したFW遠野大弥とFW知念慶、日本代表に初選出されるなど飛躍を続けるDF山根視来のゴールで3-1と勝利した。
 そのなかで、Jリーグ公式ツイッターが取り上げたのは、前半5分のプレーだ。敵陣に攻め込んだ川崎は、左サイドのタッチライン際でDF登里享平から長谷川へ縦パスが入る。すると、27歳のアタッカーは対峙した福岡の元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンに対し、ボールをまたいで右足インサイドでボールの方向を変え、鮮やかに股を抜いてみせた。
 ブラジル人MFカウエのカバーで決定機にはつながらなかったが、Jリーグ公式ツイッターは「川崎フロンターレ 長谷川竜也選手のトリッキーなボールタッチ。ファーストタッチで相手DFの股を……

フィンランドも花粉の季節

2021/04/16 06:19
日本の春の思い出は美しいながらたいてい鼻水の余韻とセットだったりする。
だった、と書いたけれどもちろん治ったわけではない。
桜を恋しがって日本に一時期帰国しようものならば花粉どもから大歓迎を食らってしまうし、なんなら日本で挙げた自身の結婚式も春先で、花粉やら急に飲み始めた薬やらで朦朧としていた。
つまり体はしっかりと故敵を覚えているのである。
そんなこんなで花粉の季節はなるべく日本を避けるようにも気をつけている。
日本さえ行かなければ箱ティッシュと月間お友達契約を結ぶ日々とはおさらば、春でもなんでも軽やかに生きていけるのだ。
ある日、森の中ところが、そんな日本の春を彷彿とさせる刺激が、数週間前、3月の下旬に私の鼻の奥を襲いかかってきた。
何度も書いているが首都に住んでいながらどこに行くにも森を抜けていくので、その日も子供を保育園に迎えに行くべく森の中を歩いていた。
あたりにはまだ今年珍しくしっかり降り積もった雪が残っているけれど、それも徐々に溶け出して道がぬかるんでいる。
日照時間も長くなり鳥が歌い、視界に雪は入り込んでくるものの春、というのがフィンランドの春先である。
そこへ、鼻が突然むずっとした。
今ここでくしゃみしたら近くに誰もいないけど遠くに犬を散歩させている人も見えるしなんか色々時節柄ア……

函館ベイエリアに「NIPPONIA HOTEL 函館 港町」 築100年以上のレンガ倉庫を改装(みんなの経済新聞ネッ…

2021/04/16 00:21
函館ベイエリアに「NIPPONIA HOTEL 函館 港町」 築100年以上のレンガ倉庫を改装(みんなの経済新聞ネットワーク)  Yahoo!ニュース