広島に被爆ピアノ資料館建設 修復して演奏会開く調律師|北欧のテキスタイルがおしゃれ♡春に持ちたいショルダーバッグ特集

広島に被爆ピアノ資料館建設 修復して演奏会開く調律師

2021/04/18 10:30
 広島で被爆したピアノを修復して各地で演奏会を開いている調律師・矢川光則さん(68)が、地元の広島市内に「被爆ピアノ資料館」を造ることになった。名古屋市内の空襲で被災したピアノも展示する。矢川さんは「被爆ピアノを永久に保存し、平和や命の大切さを学んでもらえる場所にしたい」と話している。
 平和の尊さを訴えようと、矢川さんが被爆ピアノを使った演奏活動を始めたのは2001年。学校や自治体などの招きに応じ、戦争や原爆にまつわる企画や平和学習などで47都道府県すべてをめぐった。その数は約1500カ所、約2500回に上る。
 ピアノは普段、矢川さんが営む広島市郊外の工房で保管している。演奏会では基本的に矢川さん自らピアノを積んだトラックを運転し、現地に赴いてきた。
 70歳を控えた矢川さんは、現在の活動を続けながらも将来を見据え、「自分の死後も永続的に被爆ピアノが保存でき、広く鑑賞してもらえるような場所を」と考え、建設を決めた。
 場所は広島市安佐南区。自身のピアノ工房に隣接して建てる。敷地面積は約90平方メートル。ピアノの保存に向くよう木造の平屋にする。「被爆ピアノ」のほか、ほかの都市で被災した「空襲ピアノ」も含めて10台前後を展示。楽譜やメトロノーム、爆風でピアノに突き刺さったガラス片なども並べるほか、小規模な講演会や演奏会ができるスペースを設……

北欧のテキスタイルがおしゃれ♡春に持ちたいショルダーバッグ特集

2021/04/18 09:54
トレンドPR <江野沢愛美&古田愛理 対談インタビュー>2人を夢中にさせた“Surface”って?「使っていて気持ちいい」「すごく不思議な感覚」 男性が「エロすぎてヤバい」と興奮!8.2秒の法則で“一目惚れ”させる色っぽ背中の作り方 <森七菜インタビュー>人生初始球式の結果は?サプライズ発表も「小さい頃から大好き」 スマホで十分?学生&PC初心者にこそ試してほしい「Surface」の魅力4つ<編集部体験レビュー> 明日花キララの美乳の秘訣とは?バストケア方法明かす 渋谷でスポーツ観戦ができるって本当?まるでショーのようなバスケ観戦を体験してみた SNSがザワついた!30代からの“オトナ臭”に待望「デオコ」ヘアケア誕生<徹底検証> ……