イケア/IKEA渋谷7階に スウェーデンレストラン …|フィンランド発“世界最強の鍵”と国産クオリティを組み…|ソフトバンクG北欧投資に必然性 高い労働費用と薄利が…|他

イケア/IKEA渋谷7階に「スウェーデンレストラン」オープン

2021/04/19 11:47
イケア・ジャパンは4月21日、東京都渋谷区の「IKEA渋谷」7階に、日本のシティショップ(都市型店舗)で初めてとなるレストラン「スウェーデンレストラン」をオープンする。
昨年11月にオープンしたIKEA渋谷は世界初の7階建て店舗で、その7階フロア全体がレストランとなっている。
今回、IKEA渋谷にシティショップ初のレストランをオープンすることで、渋谷限定のサーモンメニューに加えて、都心部のお客にも、イケアレストランでしか食べることができなかった人気メニューを提供する。
<スウェーデンレストランの店内>
IKEA渋谷スウェーデンレストランでは、イケアのレストランで人気の伝統的なスウェーデン料理のほか、肉の代わりに植物由来の原料を使用したプラントボールやプラントベースキーマカレーといった地球にも体にもやさしいプラントベースフード、IKEA原宿でしか味わえなかった「TUNNBROD/ツンブロード」(500円)や、世界中のイケアでここでしか食べられない限定メニューなど、イケアならではの豊富なメニューを、手頃な価格で取りそろえる。
オープン時点で、メイン料理が12種類、カレーが2種類、ツンブロード4種類、前菜・サラダが7種類、スープ2種類、ケーキ&サンド3種類、ソフトアイス2種類、そのほかにポテト、ライス、ベーカリーなど多数、用意する。……

フィンランド発“世界最強の鍵”と国産クオリティを組み合わせた高セキュリティオフィス家具「GeoPROTEC」半額購入…

2021/04/19 10:00
「GeoPROTEC」は、国内工場で生産されたメイドインジャパンクオリティのオフィス家具と、3Dプリンターでも複製が困難なフィンランド・ABLOY社のキーシリンダーを組み合わせた、非常に高いセキュリティレベルを誇るオフィス家具です。合鍵作成の防止や、鍵を施錠しないと抜けない機構による施錠忘れ防止等により、オフィスの安全を守ります。
「GeoPROTEC」公式サイト: https://geoprotec.jp/
「GeoPROTEC」の特徴「GeoPROTEC」は、剛性・耐久性に非常に優れた国産ならではの品質と、100年以上の社歴を誇るフィンランドのセキュリティメーカーABLOY社製のキーシリンダーを組み合わせた高セキュリティオフィス家具です。お客様のご希望やコーポレートカラーに合わせたカラー変更やマスターキー機能の追加、鍵を施錠しないと抜けない機構へのカスタマイズも可能です。
メイドインジャパンという品質へのこだわり
オフィス家具部分は、有名メーカーも生産を依頼している日本国内工場で製造しています。
当社より直接製造委託を行うことで、無駄な中間コストを抑え、高品質でありながら剛性の高いオフィス家具の提供を可能にしています。

“世界最強の鍵”とも称されるABLOY社のシリンダー錠当社が採用しているABLOY社のシリンダ……

ソフトバンクG北欧投資に必然性、高い労働費用と薄利が革新生む

2021/04/19 08:38
  デービソン氏は、オーダが「労働コストが高い市場」で事業展開する一方、「食品小売りは利幅が薄い業種」だと説明。そのため同社は「最初から全てに真の自動化能力と達成効率を組み込む必要に迫られた」と指摘した。
  ソフトバンクGはアジアと他の賃金の低い地域の多くの企業にも投資しているが、同社の北欧の投資モデルは、かつてのように安価な労働力が競争力のパラメーターでないことを示唆する。スウェーデンとデンマーク、フィンランドは米英と並び、グローバルイノベーション指数のトップ10にランクされている。
  デービソン氏は「われわれは北欧諸国に多くの機会を見いだしている。われわれがこの地域で会う創業者やチームは全て真に明確なビジョンがあり、単に売却して次の目標に向かうようなビジネスではなく、ユニークな長期フランチャイズの構築に力を入れている」と話した。

これからの季節のお出かけに便利な豪華付録!北欧デザインのエコバッグ&ポーチ♡リンネル6月号

2021/04/19 08:25
ファッションランキング 1 GUの人気「ワイドパンツ」がパーフェクトに可愛い♡低身長さんがバランスよく着回すコーデ術 2 神コスパで細見えとは…やっぱり“GU黒ワンピ”が最強でした♡今すぐ欲しい「名品ワンピース」 3 「あれ?痩せた?」ハニーズの“体型カバーコーデ”で細見え確実! 4 体型カバー力がスゴイ♡GU「黒ワンピース」で春コーデ 5 ため息が出るほど可愛い♡ZARAでおしゃれさんがゲットした「トレンドアイテム」6選 6 おしゃれさんがみんな買ってるGU「新作アイテム」6選!もはや売り切れが心配なレベル…? 7 今から夏まで着倒せる♡ユニクロで見つけた「オシャレに日焼けを防ぐ」神トップス4選 8 「DHOLICさん感動…!」アラサー向け“韓国ファッション”が本当にちょうどイイ! もっと見る ……

食品ヌティフード、スウェーデンに研究施設 ベトナム・食品・飲料

2021/04/19 00:06
ベトナムの乳製品大手ヌティフードは、生産拠点があるスウェーデンに研究施設を設置した。ベトナムや欧州の専門家、企業のパートナーを含めて50人以上が研究に参加するもようだ。国営ベトナム通信(VNA)が15日に伝えた。14日にホーチミン市で研究施設の開設式典を開催した。…

ペッカ・クーシスト&ノルウェー室内管の新録音!ミューリー:“縮小”、グラス:弦楽四重奏曲第3番“ミシマ”(弦楽オーケ…

2021/04/19 00:00
ペッカ・クーシスト(1976-)が、フィンランドのプレーヤーとして初めてシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールの第1位に選ばれたのは1995年でした。これをきっかけに彼の活躍が始まり、各国のオーケストラへの客演や器楽奏者と共演を重ね、フィンランドを代表するヴァイオリニストのひとりとして人気を集めました。その間、彼は、兄ヤーコと共同で芸術監督として室内楽音楽祭を運営、ジャズ・ピアニストのイーロ・ランタラやフォークミュージシャンのアンナ=マリ・カハラをはじめとする他ジャンルの音楽家たちと交流。自身の「芸術」の幅と奥行きを広げる活動を積極的に行いました。
アメリカの作曲家ニコ・ミューリー(1981-)と彼のコラボレーションは、2010年ごろ、ミューリーがテノールとヴァイオリンと弦楽のために書いた《Impossible Things》から始まりました。「まれに見る芸術的技法をもったクリエーターという世評を耳にしていた彼との仕事は、心を揺り動かす、楽しい経験だった」とクーシストは言い、その後の継続的な共同作業につながっていきました。
ペッカ・クーシストが2021年から芸術監督を務めるノルウェー室内管弦楽団との初めての録音『夜明け(First Light)』では、彼とミューリーとのコラボレーションの成果が示されます。
このアルバムで演奏されるのは、「アメリ……