ノルウェーには ロシアに向けて*をするのが禁止…|パキスタンのカーン博士死去 85歳 核開発の父 …|東京五輪でメダルラッシュの女子レスリング 日本の独り…|他

ノルウェーには「ロシアに向けておしっこをするのが禁止された川」がある

2021/10/10 20:00
https://thebarentsobserver.com/en/borders/2021/08/dont-pee-russia-it-will-cost-you
RTL Today - Spending more than a penny: In Norway, peeing toward Russia will get you fined
https://today.rtl.lu/news/world/a/1777376.html
Don’t Pee on Russia - It Will Cost You, Norway Says - The Moscow Timeshttps://www.themoscowtimes.com/2021/08/26/dont-pee-on-russia-it-will-cost-you-norway-says-a74904ノルウェーの北東部にあるグレンセ・ヤコブセルフという村には、ロシアとの国境沿いを流れるヤコブセルヴァ川があります。そして、このヤコブセルヴァ川には監視カメラがあることを警告する表示や、「ロシア方向に放尿しないで(NO PEEING TOWARDS RUSSIA)」と書かれた看板が立てられています。 pic.twitter.com/hPA8EO43Oy— old man peabody ……

パキスタンのカーン博士死去 85歳、「核開発の父」 現地報道(毎日新聞)

2021/10/10 19:03
パキスタンのカーン博士死去 85歳、「核開発の父」 現地報道(毎日新聞) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

東京五輪でメダルラッシュの女子レスリング「日本の独り勝ち」次のパリでも(日刊スポーツ)

2021/10/10 16:22
東京五輪でメダルラッシュの女子レスリング「日本の独り勝ち」次のパリでも(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

空気が乾燥せずホコリも舞い散らない。今年の暖房器具は、北欧デザインのパネルヒーター「mill」が気になる

2021/10/10 15:00
風が出ず乾燥しない丸みを帯びた四角いデザインが超シンプル。アルミスタンドでちょっと宙に浮いているようにも見えるのもユニークです。
仕組みはヒートブースト技術により、下から吸った空気がアルミニウム発熱体で温められ、熱気を自然対流で上へと放出するようになっています。ファンを使わないのでホコリが舞うこともなく、風も出ないので乾燥しにくいため、加湿器を使う必要もありません。喉や肌が乾燥に弱い人には有り難いですし、ドライアイ気味の人も良いかと思います。

【気になる!】コミック『マイフィンランドルーティン100』

2021/10/10 14:00
フィンランドに通い続けること12年超の著者が、同国の愛すべき文化や食事などを100項目に分け紹介する。同国舞台の日本映画「かもめ食堂」のロケ地の現状に、人気ブランド「マリメッコ」など現地で買えるおすすめのグッズ。どの話も読み応え抜群である。
特に気になるのはやはり食べ物。湖畔で食べる焚火(たきび)焼きソーセージや、サウナの後で食べるたっぷりのスモークサーモンスープのおいしそうなこと。現地のスーパーで買えるパンや菓子など普段着の姿も興味深い。フィンランドに行きたくなること間違いなし。(週末北欧部chika著、ワニブックス・1540円)

【ロピア実食ルポ】北欧風ミートボール&グラタンがほっこり味で秋冬におすすめ

2021/10/10 12:30
お弁当のようなパックに入っていて、持つとずっしりと重みを感じます。おかずが2種類入っていることを考えれば、この重さで税込646円はなかなかのお買得。このまま電子レンジで温めれば食卓に出せるので、ご飯を作る時間がない日にも便利です。
お肉ぎっしりのミートボールは、ホワイトソースとベストマッチ!
©Tsukino_Peperoncino北欧料理といえば、ミートボール。ミートボールといえばスウェーデン!ロピアの「北欧風ミートボールとグラタン」は、大きめのミートボールがゴロゴロと入っていて、見ているだけでワクワクしてきます。
ミートボールはお肉がぎっしり詰まっているので、食べごたえも十分にありますよ。そんなミートボールとホワイトソースが絡まると、まさに絶品。
ぼんやりとした味をイメージしていたのですが、にんにくの風味が効いていて、なかなかパンチのあるホワイトソースでした。北欧料理は、見た目とはウラハラに結構にんにくが強めなのでしょうか。
グラタンはまるでマッシュポテト!グラタンのほうは、ポテトグラタンのような感じをイメージしていたのですが、食べてみるとマッシュポテトでした。じゃがいもにほどよく味がついていて、上にのっているチーズの焦げ目がアクセントになっています。
秋冬にぴったりのほっこりする味。
調べてみると、スウェーデンの家……

WRCフィンランドでWRC2優勝のテーム・スニネン、フル参戦復帰を目指す

2021/10/10 12:00
Mスポーツ・フォード離脱後、フォルクスワーゲン・ポロGTI R5で参戦したWRCフィンランドでWRC2優勝を飾ったテーム・スニネンは、この勝利が来季のフル参戦プログラム獲得につながることを期待している。スニネンがWRCの母国ラリーにフォード・フィエスタ以外のマシンで参戦したのは、2016年以来。今週開催される第11戦ラリースペインには、ヒュンダイi20 Nラリー2で参戦する。
「WRCフィンランドの結果が、何かにつながることを期待している」とスニネン。
「いいプログラムを獲得したい。WRC2でもWRCでも気にしない。自分のターゲットは、多くのラリーに参戦して、テストでたくさんの距離を走ることだからね。より速くいいドライバーになる唯一の方法だ。最終的なゴールは、ここ数年のうちにWRCに参戦して世界タイトル争いのための環境を整えること」
スニネンは、フィエスタからポロへのスイッチは簡単ではなかったとも語った。
「まったく違うマシンだったから、かなりチャレンジングに感じた時もあった。タイミング的にも難しかった。でも、マシンはとてもドライブしやすく、大きな変更は何も行わずにファインチューニングを行っただけだった。あの週末の間、あのマシンからたくさんのことを学んだし、変更しなくてはならなかったのはささいな部分。それでも、速さを上げることができた」……