木津毅の 話題は映画のことばかり 第1回:田亀源五郎…|モスクで銃撃 1人負傷/北欧|スウェーデン安全保障開発政策研究所長が訪朝|他

木津毅の「話題は映画のことばかり」第1回:田亀源五郎と語る『トム・オブ・フィンランド』

2019/08/11 21:00
“国の誇り”となったトム・オブ・フィンランド
映画『トム・オブ・フィンランド』予告
木津:映画『トム・オブ・フィンランド』の話をするなら、「日本のトム・オブ・フィンランド」とも呼ばれる田亀源五郎さんを置いて他にいないということでお呼び立てしたんですけど(笑)、まずは、映画の印象はいかがでしたか?
田亀:うん、おもしろくて、よくできている映画だと思いましたね。感動もするし……とくにラストにわたしはぐっと来ましたし。
木津:そうなんですよね。すごく観やすい、ウェルメイドな作品ですよね。僕の第一印象は、身も蓋もないですけど、しっかりお金かかっているなって(笑)。アカデミー賞の外国語映画賞のフィンランド代表作品に選ばれたことからもわかるように、フィンランドが国を挙げて作っている感じがするというか。でもそれって、冷静に考えればすごいことで。トム・オブ・フィンランドって、もとはアンダーグラウンドのゲイ・エロティック・アーティスト――要はポルノ作家ですから。
田亀:そうだね。ここ数年、フィンランドはトム・オブ・フィンランドの存在を世界に知らしめていますからね。記念切手を販売したときも世界から注文が殺到して、郵便局のサーバーが落ちたなんてニュースもあったぐらいに(笑)。
木津:そうだったんですね。
田亀:空港なんかでも普通にトム・オブ・……

モスクで銃撃 1人負傷/北欧

2019/08/11 19:10
【ロンドン時事】ノルウェーの首都オスロ近郊のモスク(イスラム礼拝所)で10日、銃撃事件があり、1人が負傷した。捜査当局は事件に関連して容疑者1人を拘束した。

スウェーデン安全保障開発政策研究所長が訪朝

2019/08/11 17:40
ニクラス・スバンストロム所長を団長とするスウェーデンの安全保障開発政策研究所(ISDP)代表団が10日、平壌入りした。朝鮮中央通信が伝えた。

ノルウェーのモスクで銃撃、コーラン拝読中の75歳信徒 容疑者を取り押さえ

2019/08/11 16:16
 モスクの責任者によると、容疑者を制圧したとみられる75歳の信徒は、礼拝を済ませてコーランを読んでいたところ、事件に巻き込まれた。また、事件前に同モスクに対する脅迫はなかったという。
 事件当時、ヌール・イスラムセンターにいたのは3人だけだった。警察は当初、1人が撃たれたと発表していたが、後に銃による傷かどうかは不明だが1人が軽傷を負ったと訂正した。警察は単独犯だったとみている。
 オスロ警察のルーン・ショルド(Rune Skjold)氏は10日の記者会見で、容疑者は「ノルウェー人の若い男で、生い立ちもノルウェー人だ。首都近郊在住だ」と述べた。さらに警察は容疑者のネット上での活動を事件前から把握していたと明らかにしたが、犯罪歴の有無には言及しなかった。
 事件から数時間後の同日夜、警察はバールム郊外の民家で容疑者と関係がある若い女性の遺体が見つかったと発表した。警察は女性の死に不審な点があるとして、殺人事件として捜査を開始した。
 ノルウェーメディアが警察発表として報じたところによると、20代前半の容疑者の男が拘束されており、モスクでの銃撃とバールム郊外での殺人事件について取り調べを受けるという。
 民放のTV2の報道によると、警察は容疑者の身元を突き止め、同名の人物が事件の数時間前に行っていたオンラインフォーラムへの投稿も特定した……

サウナの母国「フィンランド」には水風呂がないと大使館員

2019/08/11 16:00
 日本は空前のサウナブーム。7月からは、ネプチューンの原田泰造主演のドラマ『サ道』(テレビ東京ほか)が始まった。原田もまた、「フィンランドサウナアンバサダー」をつとめるほどの「サウナー(サウナ愛好家)」だという。
「サウナ」はフィンランド語。フィンランド大使館のマルクス・コッコ報道・文化担当参事官に「本場フィンランドのサウナ」について聞いてみた。
【関連記事:ブームの火付け役がサウナの醍醐味「ととのう」の真髄を語る】
「フィンランドの文化を語るうえでサウナは欠かせません。サウナはフィンランド人にとって非常に “深い” もので、アイデンティティのひとつであり、ライフスタイルの一部でもあります。リラックスする場所であると同時に、人々と交流できる、自由で平等な場所なんです」
 人類最初のサウナは、青銅器時代(紀元前1500年~500年)に建てられたと言われる。フィンランドでは、サウナにはサウナ・トントゥという妖精が住んでいると言われ、神聖な場所でもあった。
「赤ちゃんを出産する場所でもありました。実際、私の父は1930年代にサウナで生まれています。さすがにいまは、サウナ・トントゥが住んでいるとは言われませんが(笑)、いまでも、人々が瞑想する、過去を振り返る場所として、神聖な場所でもあります」
 自然と一体化したもの。それが本場フィン……

男親がグッとくる!デザインと機能性を両立させた北欧ブランドのベビーカー

2019/08/11 15:00
価格や名称、電話番号、住所、Webアドレス、メールアドレス等を含め、記事の内容は掲載時点のものになります。
Copyright © TOKUMA SHOTEN All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

フィンランド大使館から豪華クルーズ船、マカオの豪華ホテルまで!カーツさとうの世界のサウナ探訪記

2019/08/11 14:32
コラムニスト・カーツさとう氏のサウナ連載記事を@DIMEから6本を厳選して紹介しよう。
カーツさとうの最強サウナ熱伝・part1フィンランドサウナの魅力を一番簡単に満喫できるヘルシンキのサウナを発見!
「いつかフィンランドはヘルシンキまでサウナに入りに行きたい!」  と思ってるサウナ愛好家のみなさん! 今回の記事を読み損なったら、本当に一生後悔するぞ!  そのくらいオリジナルで御得サウナ情報ですよ今回。
【参考】https://dime.jp/genre/748019/
スクープ撮!世界最大級の豪華クルーズ船「コスタ ベネチア」のゴージャスすぎるサウナ
それは去年。カジュアルクルーズ船『コスタ ネオロマンチカ』のスパ『サムサラスパ』のサウナが、とてつもなく良かった!! って記事をこの連載に書いた。  それから約1年間。しょっちゅう「あ~本当良かったよなぁ~あのサウナ…」なんて思い出してはいたんだけど、な、なんと! 『コスタ ネオロマンチカ』と擁する『コスタクルーズ』の最新鋭・最大級のクルーズ船が東京港に入港するっていうじゃないですか!
【参考】https://dime.jp/genre/726938/
サウナーの憧れ!ついにフィンランド大使館のサウナに降臨
東京は広尾にある駐日フィンランド大使館の中にサウナがあると……