憤怒の韓国 C・ロナウド批判止まず スウェーデンで…|日本の教育が 競争社会 から抜け出すべき本当のワケ|航空機のエンジンが爆発 ローマ近郊に 破片の雨 が降…

憤怒の韓国、C・ロナウド批判止まず 「スウェーデンでもファンの期待を裏切る行動」(Football ZONE web)

2019/08/12 06:56
 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、韓国で行われたKリーグ選抜戦を欠場して騒動に発展しているなか、韓国メディアからファンからバッシングが続いており、「韓国に続き、スウェーデンでもファンの期待を裏切る行動をした」といまだ怒りは収まっていないようだ。
【写真】「似合わない」「謝罪せよ」…韓国ファンの怒り増大! 欠場騒動のC・ロナウドが公開、美しい「大西洋の真珠」ショット
 ユベントスは現地時間10日、スウェーデンのストックホルムでインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)を行い、アトレチコ・マドリード(スペイン)に1-2と惜敗。前半24分、フランス代表MFトマ・レマルに先制点を献上したなか、同29分にMFサミ・ケディラの一撃で同点に。しかし、同33分に“ロナウド2世”と称されるポルトガル代表FWジョアン・フェリックスに勝ち越しゴールを奪われて敗れた。
 ロナウドは先発し、後半途中までプレーしたが、注目を集めているのは試合後の振る舞いだ。韓国のニュースサイト「スポータルコリア」は韓国に続き、スウェーデンでもファンの期待を裏切る行動をした」と言及。また30人を超えるファンがストックホルムのアーランダ空港で待ち構えていたなか、現地メディア「スポルトブラデット」の報道を引用して「ロナウドはファンの前に姿を現さなかった。彼は……

日本の教育が「競争社会」から抜け出すべき本当のワケ

2019/08/12 05:15
世界トップクラスの学力…フィンランドの教育とは?フィンランドやオランダ、デンマークなどは、学校教育で子どもたちにテストをして順位などはつけない制度を取り入れています。能力別の学級編成なども行いません。能力別にクラスを分けることは、差別をつくり、何の効果もないと考えているのです。
フィンランドは学校教育のなかで、子どもたちに競争させることをやめたら、世界トップクラスの学力国になってしまいました。フィンランドは人口550万の小国です。かつては、優れた人的資源もなく、会話も人とコミュニケートするのがとても苦手な国民でした。それが今はコミュニケーション力を重視する、世界学力テストで上位にランクインする国なのです。
かつてのフィンランドは農業国でしたが、今は工業国に変わり、しかも世界のIT産業の先端に位置しています。高い生活水準を保ち、活力ある経済活動を行っています。
その源になっているのが、競争を廃止したフィンランドの学校教育なのです。フィンランドでは、子どもが自ら学ぶことを教育の基本に据えており、競争などで学習を強制することを廃止し、グループ学習、生徒同士の教え合いを大切にしています。子どもたちがマイペースで学べるように工夫しているのです。フィンランドの学校では、いじめや不登校などの問題もないそうです。
[PR]本稿解説者が登壇!無料セミナー@……

航空機のエンジンが爆発 ローマ近郊に「破片の雨」が降る【写真・動画】

2019/08/12 00:32
イタリアで、ノルウェーの航空会社ノルウェー・エアシャトルのボーイング787型機が離陸した際にエンジンが爆発し、エンジンの部品が居住区に落下した。イタリアの新聞 ...