WRC:ラリー・フィンランド直前テストでクラッシュし…|世界初の量産型ソーラーカー Sion が2020年に…|モスク攻撃をめぐりノルウェーとスウェーデンが対立

WRC:ラリー・フィンランド直前テストでクラッシュしたパッドン、2019年内の復帰参戦に自信

2019/08/14 11:08
 2018年限りでヒュンダイ・モータースポーツのシートを失ったヘイデン・パッドンは、現在もWRC世界ラリー選手権へ復帰するべく、努力を続けていると明かした。

世界初の量産型ソーラーカー「Sion」が2020年にスウェーデンで量産開始へ

2019/08/14 06:00
独ミュンヘンで2016年に創設されたスタートアップ企業Sono Motors(ソノ・モーターズ)では、世界初の量産型ソーラーカー(SEV)「Sion(サイオン)」を2020年から量産するべく、本格的に動き出している。
・予約受注台数が1万台を突破248個の太陽電池が装着された「Sion」は、太陽光で発電した電力を容量35キロワット時(kWh)のバッテリーに蓄え、この電力をエネルギー源として最高速度140キロメートルで走行する。
Sono Motorsの公式ウェブサイトでは、1台あたり2万5500ユーロ(約301万3800円)の前払い式で「Sion」を予約販売しており、2019年5月には予約受注台数が1万台を突破。
世界20カ国以上から予約受注を得、そのうち、ドイツ、オーストリア、スイスの3カ国からの受注がおよそ87%を占めている。
・2020年にスウェーデンで量産開始へSono Motorsは、2019年4月、「Sion」の量産化に向けて、スウェーデンの電気自動車製造会社ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン(NEVS)との提携を発表した。
スウェーデン南西部トロルヘッタンのナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデンの工場で2020年7月以降、「Sion」の量産を開始し、その後8年間で、合わせて26万台を生産する……

モスク攻撃をめぐりノルウェーとスウェーデンが対立

2019/08/14 01:01
ソルベルグ首相は、ノルウェーの都市バールムでアル・ヌール・イスラム・センター・モスクが攻撃されたことに関して、スウェーデンに矛先を向けた。
極右組織「スカンジナビア抵抗運動」の本拠地はスウェーデンにあると述べたゾルベルグ首相は、
「スカンジナビアの差別集団の本拠地はスウェーデンであり、ノルウェーはそれに対して措置を講じなければならない」と話した。
これらの集団がノルウェーにやって来て活動していると述べたソルベルグ首相は、それらと戦っていかなければならないと強調した。
ソルベルグ首相の発言に対し、スウェーデンから非常に厳しい回答がなされた。
スウェーデン・エネルギー省のアンデシュ・イーゲマン大臣はツイッターから発言し、ソルベルグ首相が反移民主義で有名な極右の進歩党と連立政権を二度樹立させたことを振り返り、「振り返って鏡を見るよう」同首相に要求した。
この件に関してスウェーデン最大の新聞社、アフトンブラーデット紙にも発言したイーゲマン大臣は、
「過激派との戦いで諸国間の協力が大事なのに、極右の進歩党と協力し、極右政治家のシルヴィ・リストハウグ氏を大臣にしているあなたは、振り返って鏡を見るべきだ」と述べた。
二件の差別主義攻撃がノルウェーで発生したことを指摘したイーゲマン大臣は、
「スウェーデンの右派に罪を着せるの……