ノルウェーの神童 絶妙バックヒールがEURO“最優秀スキル”に認定 魔法|ロール・スロイスとノルウェーの航空会社がゼロエミッション飛行機開発研究プログラ…

ノルウェーの神童、絶妙バックヒールがEURO“最優秀スキル”に認定 「魔法」

2019/09/08 11:20
エデゴーがマルタ戦で相手を翻弄し、バックヒールのスルーパスに成功 ノルウェー代表は現地時間5日、欧州選手権(EURO)予選マルタ戦で2-0と勝利した。主力の20歳MFマルティン・エデゴー(レアル・ソシエダ)は右サイドハーフでフル出場したが、相手選手2人を手玉に取るバックヒールパスがEURO公式の「最優秀スキル」に認定されている。
 ノルウェー1部ストレームスゴトセトIFでキャリアをスタートさせたエデゴーは2014年、クラブ史上最年少デビュー。その後、15歳253日という史上最年少記録でA代表デビューも飾った。
 2015年1月にレアル・マドリードと6年契約を結んだが、ビッグクラブゆえにスター選手たちの高い壁に阻まれ、ヘーレンフェーン2年、フィテッセ1年、そして今季はスペイン1部ソシエダへの期限付き移籍が決定した。
 エデゴーは今回ノルウェー代表に選出され、5日に行われたEURO予選マルタ戦は右サイドで先発出場。試合途中に持ち前のテクニックで魅了した。右サイドでボールを持つと、マルタMFポール・フェネクと対峙。MFジェイク・グレックもカバーに控えるなか、ボールをキープしながら左足でボールを引き、そのまま左足ヒールでゴールライン際のスペースへ流し、DFオマル・エラブデラウィにパスを通してみせた。
 EURO2020公式インスタグラムは、この日……

ロール・スロイスとノルウェーの航空会社がゼロエミッション飛行機開発研究プログラムを開始

2019/09/08 09:03
いま、さまざまな分野でゼロミッションに向けて開発が進められている。
今回、イギリスの工業メーカー、ロールス・ロイス社とノルウェーの航空会社Widerøe社が、ゼロエミッション飛行機に関する共同研究プログラムを開始した。
・目標は2030年までに飛行機30機を電動化共同開発プログラムの目標は、2030年までに飛行機30機を電動化して、電気飛行機のコンセプトを開発すること。
すでにノルウェー政府は、2040年までに国内航空をゼロミッションにするという目標を発表しており、今回のロールス・ロイス社とWiderøe社の共同研究は、ノルウェー政府の支援基金である「Innovation Norway 」から支援を受けながら、2年間の予定で行われる。
・すでに運用研究とコンセプト検証開始ロールス・ロイス社は共同研究において、電気とシステム設計の専門知識を活用しながらアドバイスを行う。
同社がすでに開設したノルウェーのハイテク電気研究施設では雇用も進められており、運用研究とコンセプト検証が開始。
「われわれは、よりクリーンで持続可能かつ産業規模の電力の創造において重要な役割を担っている。これには、ガスタービンの燃料効率向上と、持続可能な航空燃料の開発促進に加えて、飛行機の電動化が含まれる」と、ロールス・ロイス社の航空宇宙技術および未来プログラム……