環境保護団体 北極海での石油探査・掘削停止求めノルウ…|海岸を埋め尽くす氷の球体 フィンランドの島に出現|直行便でフィンランド身近に|他

海岸を埋め尽くす氷の球体、フィンランドの島に出現

2019/11/06 11:01
(CNN)フィンランド西部のハイルオト島で、卵形をした流氷が海岸に積み重なる光景が出現し、厳寒の中で訪れた観光客を喜ばせている。
ハイルオト島は、フィンランドとスウェーデンを隔てるバルト海最北端のボスニア湾にあり、50キロほど離れた対岸のオウルからはフェリーを使って30分で到達できる。
オウルからハイルオト島を訪れた観光客はCNNの取材に対し、「見たことのない、素晴らしい現象だった」「海岸が一面、氷の球体で埋め尽くされていた」と感嘆した様子だった。
こうした光景は以前に見たことがあるという別の女性も、前回はこれほど広大ではなかったと言い、今回は何キロもの範囲にわたって氷の球体に覆われているように見えたと話している。
氷の球体は海岸付近の海上が荒れてもろい氷の層がくだけ、冷たい水の中で重なり合って形成される。この氷が波に運ばれて海岸に打ち寄せられる過程で、角が丸くなって球状になる。

直行便でフィンランド身近に

2019/11/06 09:48
李香蘭が語るアジア李香蘭を生んだ3人の「父」と日本軍人ら戦時下の中国で女優・李香蘭となった山口淑子さん。その「謎」に迫ろうと、ある研究者を訪ねました。
悩みのるつぼ趣味の話、しつこいとハラスメント?職場の同僚からしつこく趣味の話をされるのはハラスメントなのでしょうか。専門家が答えます。
T JAPANファン・デ・ファン、新作を語る現代フラメンコ界の貴公子ファン・デ・ファン。フラメンコの新しい魅力と新作について話をきいた
&wTASAKI×演出振付家・MIKIKO演出振付家・MIKIKOが語る、伝統と革新が輝きを放つジュエリーブランド「TASAKI」の魅力とは
&wヤマザキマリさん「生きる喜び」作る術「テルマエロマエ」作者ヤマザキマリさんが、激変の40代を経て語る、毎日を喜びに変える術とは?
老後レス時代がやってくるえなりさん、恋の相手役?介護保険、無駄と信じた私ノッポさん、無口はツラい「大麻有ります」栃木で発見過酷な道の先にあったのは?

史上初!スウェーデンで実施されたReebokの“レンタルスニーカー”サービス

2019/11/06 08:01
Case: Reebok-To-Goストックホルムをはじめとするヨーロッパの主要都市では、電動キックボードの人気が高まっています。電動キックボードは、車に代わる安価でエコな代用品だという意見がある一方、実際に車の代わりに使用しているのは2%だという調査結果も出ており、電動スクーターにまつわる議論はさまざまです。
また、電動キックボードの使用によって歩行する頻度が減っているという声もあります。WHOによる最新の統計では、十分な運動をする人が減っているというデータも出ています。たしかに、歩行とキックボードを比べれば、キックボードは便利に移動ができますが、安価でもエコでもありません。
今回、そこに着目したスポーツシューズブランドのリーボックはストックホルムで、電動キックボードに代わる一風変わったサービス“Reebok-To-Go”を開始しました。
Reebok-To-Goは、無料でReebokのスニーカーをレンタルすることができる史上初の「レンタルスニーカー」サービス。使い方は、レンタルキックボードとともに広場に並べられているスニーカーの“中敷きにあるQRコード”をまずスマホでスキャンし、名前などを入力します。
あとは、スニーカーを履いて目的地まで歩くだけです。靴底にはGPSタグが付いているので、目的地に着いたら邪魔にならない場所にスニーカーを……

【今週末の新作映画】『エージェント・オブ・シールド』ガブリエル・ルナ&"北欧の至宝"マッツ・ミケルセン

2019/11/06 07:00
ジェームズ・キャメロンが製作・原案を務め、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンやアーノルド・シュワルツェネッガーが再登板する1991年公開『ターミネーター2』の正統な続編。
一度は回避したと思われた人類滅亡の日"審判の日"。だが、その危機はまだ終わってはいなかった...。人類の命運を握る女性ダニーを守る謎の戦士グレースと、彼女の命を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーター"REV-9"との壮絶な攻防。そして、彼らの前に現れるサラ・コナーとT-800。人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされる...。
その他の出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(『エクスペンダブルズ』)、リンダ・ハミルトン(『CHUCK/チャック』)、ガブリエル・ルナ(『エージェント・オブ・シールド』)、マッケンジー・デイヴィス(『ブラック・ミラー』)、ナタリア・レジェス(『Cumbia Ninja(原題)』)、ディエゴ・ボネータ(『新ビバリーヒルズ青春白書』)、トム・ホッパー(『アンブレラ・アカデミー』)

【鈴鹿市】元旅館の北欧風人気カフェ『カフェウチダ』ゆったり寛げるお店です。

2019/11/06 07:00
白子本町にある内田雑貨店&カフェウチダ。
津を中心に活躍するグルメライタープリンセスシンデレラさん好評価のお店、旅館を改装した女性に人気のお店ということでランチにお邪魔してみました。
外観は旅館の面影が残りますが、中はどうなっているのでしょう?
入り口を入るとまず雑貨屋さんがあります。ハンドメイド作家さんの作品を中心に服やアクセサリー、家具まで幅広く取り揃えていらっしゃいます。

テラス席を抜け奥へ進むと・・・
お洒落なカフェスペースです。こちらでランチを頂きます。
中はとてもきれいですが、建物が古いので注意してくださいとの案内がありました。
今月のプレートランチを注文しました。
いくつかのおかずとサラダ、ごはん、スープのバランスの取れたランチでした。
どれも家庭では出しにくい凝った味わい、品数も多く満足です。
こちらはオムライスランチ。ひじきご飯に明太子ソースという珍しい組み合わせ、栄養バランスもばっちりでとても美味しかったです。
ランチデザートはシフォンケーキでした。
カフェタイム以降は豊富なドリンクが楽しめます。
こちらのお店、カフェスペースから少し離れた場所に小さなキッズルームが用意されています。
ナチュラル系の可愛いおもちゃや絵本が置いてありました。……

グレタさんは北欧出身だから有名になれた?気候変動で世論の分断、研究者の視点(鐙麻樹)

2019/11/06 06:48
「気候変動を否定する人は、幸いながらノルウェーにはほとんどいません」。
そう話すのはノルウェーで女性初の財務大臣を2005~09年に務めたクリスティン・ハルヴォルセン氏。現在はノルウェーの気候研究センターCICEROのディレクターとして働いている。
オスロ・メトロポリタン大学で、都市開発などを議論しあう「大都市会議」が開催された。
ハルヴォルセン氏は左派社会党の元党首でもあったことから、現在の気候危機・環境対策における現状を、政治と絡めて解説するのが上手だ。彼女の巧みなトークで、研究者が多い会場は何度も笑いに包まれた。
ハルヴォルセン氏(左)は、政治議論の中でも、議論の分断が異常に極端なのが「環境と気候」のテーマだと語る Photo: Asaki Abumi「緑の党」が世論を分断?ハルヴォルセン氏をはじめとして、カンファレンスで複数の講演者たちが、気候危機・環境における議論が、ノルウェーで極端に分断されていることを指摘した。
誰もが、その原因として、首都オスロで大きな人気を誇る「緑の環境党」を挙げる。
今年9月で開催された統一地方選挙では、道路の通行料金制度が争点となった。車は大気汚染の原因として、排出量が多い車種ほど料金を払う制度だが、「いい加減にしてくれ」と、市民からの反発が増えた。
道路の有料化、いい加減にして!市……