巨大台風の次は 東京大震災に富士山大爆発か|10月31日は 日本茶の日 この他にも 秋は飲料に…|茶人らの粋宿す“三十歌仙” 佐竹本 断簡が競演 京…|他

巨大台風の次は、東京大震災に富士山大爆発か

2019/10/30 17:15
■巨大台風の次は、東京大震災に富士山大爆発
2019年10月中旬、日本列島を巨大台風19号が襲った。15日現在で東北から東海地方にかけ75人以上の死亡が確認され、国土交通省の調べでは川の氾濫も国管理の24河川、16都県管理の207河川で発生した。東京都でも死者が1人出たほか、多摩川の水が溢れ出すなど多くの混乱を呼んだ。しかし地球科学者の鎌田浩毅氏は、2020年ころ東京にもっと深刻な災害がくる可能性を指摘する。その真意とは──。
■本当に大変なのはこれからだ!
日本列島を襲った台風19号による豪雨で、東海から東北地方までの広い範囲で甚大な被害が出た。暴風雨のさなかの10月12日夕刻には千葉県南東沖でマグニチュード(以下Mと略記)5.7の地震が発生し、千葉県南部は震度4の揺れに見舞われた。地球科学を専門とする私は肝を冷やしたのだが、今後の防災上懸念される「複合災害」に注意を喚起したい。
千葉県南東沖ではここ数年地震が頻発し、「首都直下地震」に連動するのではないかと心配されている。というのは、8年前に発生した東日本大震災以降、日本列島の地盤に歪みが生じ、その歪みを解消しようと、地震が至る所で起きている。震災以前に比べて直下型地震の頻度が増加した。日本列島は「大地変動の時代」に入ったのだ。
■首都直下地震がいつ起きてもおかしくない
実……

10月31日は「日本茶の日」。この他にも、秋は飲料に関する記念日が多いことをご存じですか?

2019/10/30 17:03
秋に入り、気温が下がってくると、温かい飲み物を飲んで、ホッと一息つきたくなります。数多くある飲み物の中でも、日本茶は日本人として外せませんよね。
日本茶といえば、新茶が出まわる5月をイメージしますが、「日本茶の日」は10月。さらに調べてみると、10月は飲料にまつわる日が多くあることに驚かされます。今日はそれを一挙にご紹介!みなさんはいくつ知っていましたか?
10月31日は「日本茶の日」
「日本茶の日」は2回ある!?建久2(1191)年10月31日は、臨済宗の開祖・栄西が中国から茶の種子を持ち帰った日といわれています。それにちなみ、10月31日を「日本茶の日」と呼んでいるそうです。
栄西が持ち帰った茶種は、佐賀県と福岡県の県境にある脊振山(せふりさん)に蒔かれ、日本での茶の栽培が始まったといわれています。栄西が日本にもたらしたお茶の飲み方は、当時宋で流行っていたスタイルで、茶葉を道具でひいて粉状にし、それにお湯を入れて飲むというもの。これが現在のお茶のルーツとなっているようです。
実はもう1日、「日本茶の日」があります。
それは10月1日で、天正15(1587)年、豊臣秀吉が京都にある北野天満宮にて大茶会「北野大茶湯」を開いた日であることが由来となっているそう。身分に関係なくお茶を広めた日であることから、大手飲料メーカーが、この……

茶人らの粋宿す“三十歌仙” 「佐竹本」断簡が競演 京博で特別展

2019/10/30 16:48
 「絵巻切断」。大正時代、新聞紙上でセンセーショナルな言葉が躍った。鎌倉時代の三十六歌仙絵巻(2巻本)が、一歌仙ごとに分断されたのだ。
 京都国立博物館(京都市東山区)で「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」展が開催されている。「佐竹本」とは、所有した旧秋田藩主の名にちなむ。今展では、佐竹本の中から歌仙30人の断簡が一堂に会した。これまでの展覧会で最多の出品となり、より完全に近い姿で佐竹本の魅力が味わえる。
 柿本人麻呂、大伴家持、紀貫之、山部赤人。飛鳥から平安時代の和歌の名人三十六歌仙を描いた中でも、佐竹…

渋谷駅直結・渋谷スクランブルスクエア内に「船橋屋こよみ」がオープン。くず餅や、新商品「お酒入り大人の水羊羹」など、船…

2019/10/30 16:25
渋谷駅直結・渋谷スクランブルスクエア内に「船橋屋こよみ」がオープン。くず餅や、新商品「お酒入り大人の水羊羹」など、船橋屋の伝統と最新が一気にお楽しみいただける店舗です。  時事通信

2019年最新!外国人に人気な日本の観光地ランキング:何気に人気の「広島県」&箱根彫刻の森美術館が躍進

2019/10/30 15:32
トリップアドバイザーが観光スポットランキングを発表トリップアドバイザーは年に一回「外国人に人気の観光スポットランキング」を発表しており、最新版は2019年7月12日に発表されました。
トリップアドバイザーによる観光スポットランキングは、2009年から開始され、今年で11回目の発表です。
なお、2019年度の観光スポットランキングは、2018年1月~12月の1年間にトリップアドバイザー上の日本の観光スポットに投稿された外国語の口コミの評価、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計された結果となります。
記事の後半には2018年版のランキングも載せているので、違いや類似点を確認して、インバウンド対策の参考にしてください。
訪日外国人に人気の日本の観光地ランキングTOP30まず注目したいのは、「伏見稲荷大社」が 6年連続で1位を記録していることです。
全国各地の観光地スポットがランクインしていますが、中でも京都府の観光スポットが7件と最も多くランクインしており、続いて東京都、広島県が4件となっています。
なお、2019年度版で初めてランクインしたのは「縮景園」「書寫山圓教寺」「愛宕念仏寺」「忠霊塔」の4件です。
それでは、ランキングをみていきましょう。
1位:伏見稲荷大社(京都府京都市)
▲[伏見稲荷大社]:ト……

やまと・民俗への招待:跳んで田植えを囃す楽 /奈良

2019/10/30 15:25
 県東北部、大和高原の秋祭りには、スモウのほか田楽や翁舞(おきなまい)も行われる。田楽は平安時代に大流行した芸能で、田植えを囃(はや)す楽から起こったとされ、飾り立て練り歩く風流(ふりゅう)田楽や専業田楽法師の活動へと発展した。楽器には、太鼓・鼓・笛の他に短冊形の竹や木を編んで繋(つな)いだササラという楽器を用いるのが特色である。
 田楽と言えば、年末の春日若宮おん祭りで、華やかな衣装に身を包んだ田楽座の人々が、松の下や御旅所で演…

日本のおもてなし~11月の日本文化紹介~:時事ドットコム

2019/10/30 14:55
日本のおもてなし~11月の日本文化紹介~:時事ドットコム  時事通信

11月4日に「会津の古墳」特別記念講演会 県立博物館講堂

2019/10/30 14:30
 県立博物館友の会は11月4日午後1時30分から、会津若松市の同博物館講堂で特別記念講演会を開く。入場無料。同博物館の共催、同市教委、喜多方市教委、福島民友新聞社などの後援。

古座街道が歴史の道百選に 和歌山県から葛城修験の道も:紀伊民報AGARA

2019/10/30 14:30
 文化庁は29日、文化や人々の交流の舞台となった古道や運河を選定する「歴史の道百選」に、新たに全国で36件を追加したと発表した。和歌山県内からは「古座街道」と「葛城修験の道」が選ばれ、すでに選定されている「熊野参詣道」「高野山参詣道」と合わせて4件となった。
 古座街道は上富田町から白浜町、すさみ町、古座川町の山間部を抜けて古座川沿いを下り、串本町に至る約80キロ。江戸時代から明治中期まで、田辺と古座を最短で結んだ街道で、林業や製炭業者、行商人らが行き来したほか、西国巡礼の人たちも利用した。明治時代には「熊野中道」とも呼ばれており、司馬遼太郎の著書「街道をゆく」シリーズにも登場する。
 今回選定された箇所は潤野、一雨―相瀬、長追(以上、古座川町)―佐本根倉、佐本中、法師峠(以上、すさみ町)、宇津木越(白浜町・上富田町)。後に舗装された場所を除き、土道として残っている場所について、県教育委員会が申請していた。一部石畳の道があり、道沿いには多くの石仏も祭られている。
 「葛城修験の道」は古代から、修験者の聖地とされていた道。このうち和歌山市、岩出市、紀の川市、橋本市、かつらぎ町の箇所が選ばれた。
 今回、新たに指定された二つの道は、昔の道が今も歩ける状態で残されている点が評価された。県教委文化遺産課は「これらの道を将来に残し、多くの人に訪れて……

「猫神さまの町」ピンチ 日本一多い宮城・丸森の供養碑被災 東北最古も失う

2019/10/30 14:10
 台風19号で甚大な被害を受けた宮城県丸森町は「猫好き」には知られた町だ。猫の供養碑が点在し、数は日本一多いという。「猫神さまの町」として地域おこしに取り組んできたが、台風で一部の碑が被災。交通が寸断され、被害の全容も分からない。関係者は「観光資源だけでなく、地域の信仰を伝える貴重な資料。早く確認し、人知れず失われる事態を回避したい」と心配している。
 被災状況を調べた村田町歴史みらい館(宮城県村田町)専門員の石黒伸一朗さん(61)によると、丸森町は江戸時代から昭和まで養蚕業で栄えた。ネズミがカイコの幼虫や繭の中のさなぎを食べるため、駆除する飼い猫を大切にしていた。町には「猫神さま」と呼ばれる石碑や、猫の姿をかたどった石像が計81基ある。
 地域おこしの動きが広がり、2017年、町文化財友の会が「丸森町の猫碑めぐり」を発行、町観光協会は気軽に散策できるマップを作成した。老舗菓子店「栄泉堂」では、足跡を焼き印したどら焼き「猫神様が通る」が主力商品になった。
 石黒さんが22日、土石流が起きた五福谷川沿いの中島地区の神社を訪れると、石碑2基がなくなっていた。土砂にのみ込まれたとみられる。うち一つは1810年に作られ、東北最古という。
 他に約20基の無事を確認できたが、一部は崩落した地面の近くだったり、台からずり落ちたりしていた。被害が大きい……

日本の歴史の殿堂と世界から一番近いサムライのまちによるコラボ!東京スカイツリー(R)「全国観光PRコーナー」に千葉県…

2019/10/30 12:45
日本の歴史の殿堂と世界から一番近いサムライのまちによるコラボ!東京スカイツリー(R)「全国観光PRコーナー」に千葉県佐倉市と国立歴史民俗博物館が共同出展(11/1~11/7)  時事通信

田中優子の江戸から見ると:仏壇から見える日本

2019/10/30 12:42
 バンコクを車で移動中、多くの人が手にマリーゴールドの花束を持っているのを見た。仕事帰りに寺に花を供えに行くのだという。寺の近くには花市場もあり、道路の両側にぎっしりと花屋が並ぶ。タイでは多くの人が出家の経験もする。日本人の卒業生の中にも、出家した人がいた。しかしそれは僧侶になることではなく、人生の一時期に僧の体験をすることなのだ。それだけ信仰が深い。
 ふと気になって、通訳の人に「おたくに仏壇がありますか?」と質問した。あるという。3段になっていて、…

万葉集を読み解く 現代作家4人、鎌倉で公開講座 来月 /神奈川

2019/10/30 12:14
 現存する最古の歌集で、古代の生活や美意識を知る貴重な資料でもある「万葉集」を現代作家4人がそれぞれの視点で読み解く公開講座が11月2、9、16、23日に鎌倉市の早見芸術学園鎌倉本校で開かれる。
 講師は2日が詩人の城戸朱理さん、9日が源氏物語や万葉集の研究者で作家の織田百合子さん、16日が俳人の星野高士さん、23日が歌人の松平盟子さん。城戸さんは「乱世の言霊」と題し…