台風15号被災から2カ月 千葉の久留里城観光9日から…|川村ゆきえのグラビア時代の裏話とは!? お江戸に恋し…|立冬 今日から冬が始まるよ!と暦が伝えています|他

台風15号被災から2カ月 千葉の久留里城観光9日から再開

2019/11/08 22:56
 台風15号が上陸した9月9日から休館していた千葉県君津市の久留里城の天守閣と近くの市立久留里城址資料館が9日、2カ月ぶりに再開する。紅葉シーズンに間に合わせようと復旧にこぎ着けたが、資料館の停電が解消したのは今月1日。固定電話がつながったのも6日だった。資料館の常勤職員4人はこの間、市内外の久留里藩の家臣の末(まつ)裔(えい)らから預かった大切な展示品や歴史資料を無傷のまま後世に残そうと、電気が届かない中、懸命の作業を続けていた。
 15号が上陸した9月9日。久留里の丘陵に建つ城の天守閣と資料館へと続く道路脇の巨木が強風で数え切れないほど倒れた。引き込みの電線や電話線に引っかかり、電柱6本が曲がったり、折れたりした。副館長の平塚憲一さん(49)は倒れた木々をかき分け、資料館への道を登った。「あれはジャングルでした」。
 停電で資料館は真っ暗。それでも平塚さんらは離れることができない。「展示品を劣化させてはならない。無傷のまま後世に残す」。博物館職員としての使命感だった。やらなければいけないことがあった。約230平方メートルの展示室の湿度を「60%以下」に保つことだ。60%以上になると、展示品や資料にカビが生える。9月は猛暑続きで湿度は高くなりやすかった。江戸時代に書かれた絵図や甲冑、刀剣…。どれも久留里藩の家臣の末裔らから預かった貴重なものだ。

川村ゆきえのグラビア時代の裏話とは!?『お江戸に恋して』11・9放送

2019/11/08 22:50
 東京の魅力を再発見するTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』。11月9日(土)は、川村ゆきえが生出演する。
 番組では、川村ゆきえのグラビア時代の裏話や意外な趣味、恋愛の話までたっぷりと聞いていく。
 「もっと進め!江戸小町」のコーナーでは、朝比奈彩と堀口茉純が江戸文化が残る街、千住界隈をぶらり散歩。2人が作った、ダジャレに合わせて絵を描く「地口行灯」も紹介する。
 江戸料理文化研究科家がオススメする江戸料理を作るコーナー「江戸時代を食べてみよう!」では、江戸時代の変わった玉子焼き「卵ふわふわ」に挑戦する。徳川家光がおもてなし料理として作らせたという記録も残っているご馳走のお味はいかに。
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』
TOKYO MX 地上波9ch
毎週土曜 前11・00~11・55<TOKYO MX1>
エムキャス(https://s.mxtv.jp/mcas/)でも同時配信
再放送:毎週土曜 後8・00~8・55<TOKYO MX2>
レギュラー:朝比奈彩、松尾雄治、堀口茉純、田中雅美
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/edokoi/
番組Twitter:@edokoi9ch
©TOKYO MX

「立冬」。今日から冬が始まるよ!と暦が伝えています

2019/11/08 20:32
秋から冬へと向かう季節に、ひときわ華やかな赤い花をつける山茶花は、町行く人を元気にしてくれます。童謡「たきび」には、山茶花の咲いた道でのたき火がうたわれていますね。北風が吹いても元気な子どもの声、たき火にあたって共有するぬくもりの幸福感が、山茶花の明るさとともに感じられます。
「山茶花の金の蕊病癒えしかな」 石田波郷
波郷は戦争中に結核を患いその後は病と対峙しつつ句作を続けました。波郷が山茶花に見た生命力を感じる1句は、ふだん何げなく生活できることをありがたいな、と気づかせてくれるのです。
ところで、山茶花と椿は区別が難しいですよね。現在ではどちらも多くの品種ができて、その区別は一概にはいえないそうですが、通常花ごとポトリと落ちるのが椿、花びらがハラリハラリと散っていくのが山茶花といわれています。そういわれてみると、山茶花の花には柔らかな風情があるような気がしますし、椿は寒さの中に凜とした姿で春を告げる花だな、と感じられます。

首里城周辺「見るも哀れな灰色の瓦礫」 昭和21年夏、沖縄に密航したある役人が見た光景

2019/11/08 20:29
 1946年8月2日、沖縄民政府に提供してもらったジープ型の車で石川(現うるま市)から故郷の与那原町に向けて南下した。「どこのあたりを通過しているのか全く見当もつかないほど、いたる所すさまじく破壊されている。想像もつかない荒廃した現状に息のつまる思いがする」と記した。
 車は激戦地となった首里(現那覇市)を通った。首里城地下に日本軍第32軍の司令部壕(ごう)が置かれていたため、米軍から集中砲火を浴びた。「首里の変貌は予想以上である。首里城を中心に長い歴史をとどめてきた古都首里の町は、見るも無残な姿に変わり果てている。室町時代初期に造営されたといわれる国宝唐破風造りの荘厳な首里城正殿も消え失(う)せ、さらにいろいろの口碑を秘めた数多くの城門も、今はただ礎石のみをとどめている」。首里城近くの沖縄師範学校で5年間を過ごし、見慣れた町並みの変わりように衝撃を受けた。「僅(わず)か高度百メートルほどの台地に築かれた夢多く、詩情豊かな古い城下町の樹木と建造物のほとんどが焼き尽くされ、見るも哀れな灰色の瓦礫(がれき)となり果てている」と首里城周辺の情景を記し、最後に「あまりにもすさまじいまでに荒廃した変わりように声すらもでない」と書いた。
 8月5日、与那原町に入った。運玉森や知念へ連なる山並み、中城湾などを横目にし「想像もつかないほどの多数の艦砲弾を撃ち込まれた……

〈マチムラの記憶〉〝国境〟鳥栖市飯田町

2019/11/08 20:10
ウェブ写真館紙面に掲載された写真以外のものをウェブ写真館に掲載しています。 さが維新塾県内中学校の全クラスに毎朝「佐賀新聞」をお届けするキャンペーン「さが維新塾」をスタートしました! 士業バンク日々のお困り事を相談してみませんか?佐賀で活躍するその道の専門家「士業」の方に一度ご相談ください。 47クラブさが47CLUBは地方新聞社47社が協力して地域を応援するインターネットショッピングサイトです。 家族だんらん子どもたちに「食」や生活リズムの大切さを見つめ直してもらおうと「家族だんらん2018-2019・食育標語コンクール」を行います Fit ECRU月2回発行のフリーペーパー。グルメ・趣味・仕事・子育てなど様々な情報をお……

「千枚漬」立冬の漬け込み 京都

2019/11/08 19:22
 暦の上では、8日は冬が始まる立冬。京都では、冬の味覚「千枚漬」の漬け込み作業が行われている。
 法被姿の職人が、重さ2キロにもなる京野菜の聖護院かぶらを、専用のかんなで手際よく薄切りにしていく。千枚漬は、江戸時代から京都に伝わる漬物で、京都市伏見区にある「大安」では、毎年、立冬の日に、手作業で漬け込む伝統的な製法を特別に公開している。
 寒暖の差が大きいこの時期に漬けると、甘味があり、シャキッとした歯ごたえのある漬物に仕上がるという。薄切りにされたかぶらは、樽の中に敷き詰められ、塩や昆布などとともに5日間漬け込まれる。できあがった千枚漬は、お歳暮やおせち料理用に、全国に出荷される。

『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

2019/11/08 18:50
『縄文族 JOMON TRIBE2』展が11月15から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。
『縄文族 JOMON TRIBE』は、タトゥーアーティストの大島托とフォトグラファーのケロッピー前田が、縄文の文様を抽出して現代的なタトゥーとして身体に彫り込むことで、縄文時代のタトゥーを復興しようというプロジェクト。企画の根底には「縄文時代にタトゥーはあったのか?」という問いがあるという。
TAV GALLERYでは2016年以来、2度目となる今回は、「文様のはじまりは土器か、タトゥーか?」という問いのもと作品を紹介。初日の11月15日にはレセプションパーティー、11月16日には大島托、ケロッピー前田、ゲストの松山賢が登壇する縄文タトゥーパフォーマンスとトークイベント、11月30日には大島托、ケロッピー前田、ゲストの黒瀬陽平による縄文タトゥーパフォーマンスとトークイベントが行なわれる。

日本の「はんこ文化」が逆風 デジタル化の対応苦慮

2019/11/08 18:26
「脱はんこ」議論 「共栄のため、知恵をしぼる」。9月12日、竹本直一IT担当相は就任会見で、利害対立があるとされる印鑑とデジタル化の両立を図る考えを表明した。
 ただ、自身は「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)会長の顔も持つ。両立場の整合性への質問には、「どう調和していくかという視点で工夫はできる」と述べるにとどまった。
 脱はんこ議論は昨年1月、国が電子政府実現への行程を描いた「デジタル・ガバメント実行計画」を公表後に沸騰。押印を「デジタル化の障壁」と表現、業界団体の反発を呼んだ。
起業時、印鑑不要に 今年5月成立した「デジタル手続き法」は当初、法人設立時の印鑑義務や本人確認時の押印の廃止が盛り込まれたが、業界側が「実質的な印鑑不要論だ」と反発。関係条項削除を求める要望書を提出し、「印章市場が失われれば(はんこ店が)たちまち生活できなくなる」と再考を促した。結局、条項は削除されて同法が成立した。
 一方、昨年6月に閣議決定された「未来投資戦略」には、来年度中に法人設立時の印鑑義務の任意化を実現すると記載。法務省は来年の通常国会で商業登記法を改正し、オンライン申請だけで起業できるよう取り組む方針だ。
決済電子化 自治体や企業で必要とされてきたはんこだが、「もらうまでに時間を取られて生産性が落ちる」「押印のための押印は……