書院の茶と草庵の茶 展開催|春を彩るロゼ スパークリング シャンドン ロゼ ス…|国宝 七支刀 がやってきた!東京国立博物館特別展 出…|他

「書院の茶と草庵の茶」展開催

2020/01/14 17:35
三重県桑名市の桑名市博物館では、1月11日から「書院の茶と草庵の茶」と題して、茶道具を中心とした企画展が行われている。千利休や桑名と縁のある江戸時代の大名である松平定信に関する展示も披露される。
三重県桑名市は首都圏での市のプロモーションのため、東京都港区に本社を置くポニーキャニオン内に首都圏PR事務局を設置している。茶道の創始者ともいえる千利休。その名は今日においても、「利休好み」と呼ばれる茶道具があるように、現代にも生き続けている。そんな茶文化と切り離せないのが、茶室だ。寺院から発祥した喫茶は、寺院の書院の茶から利休らの草庵の茶へ、そして大名の茶へと発展し、明治以降は庶民の茶となった。今回の企画展では、茶道具を通してこれらの歴史や雰囲気を紹介。室町時代より成立した書院造における茶と、その延長にあった大名の茶、そして千利休が侘び茶のあり方を具現化し小さく簡素な空間「草庵」の茶についてそれぞれ比較する。
展示は「茶道の始まり」、「名物礼賛~朝鮮へ」、「日本のやきもの・草庵の茶」、「大名の茶」、「明治以降の茶」と、茶の歴史を5つに分けて展示する。特別に「松平定信の茶」のコーナーを設けた。
「書院の茶と草庵の茶」展は、2年1月11日~2月16日開催。入館料は高校生以上150円、中学生以下無料。展示解説は、1月19日、2月1日、13時半から。予約不要……

春を彩るロゼ スパークリング 「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」「CHANDON ROSE S…

2020/01/14 16:25
春を彩るロゼ スパークリング 「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」「CHANDON ROSE SPRING EDITION」登場!:時事ドットコム  時事通信

国宝「七支刀」がやってきた!東京国立博物館特別展「出雲と大和」

2020/01/14 16:04
 720(養老4)年、元正天皇に奏上された「日本書紀」は、舎人親王が中心となって編纂された日本最古の正史。神代の時代から持統天皇11(697)年までの出来事を記したその冒頭には、天津神(天皇の祖先)が、国津神である大己貴神(オオアナムチノカミ=大国主神)から、日本を表す葦原中国(アシハラノナカツクニ)を譲られるという「国譲り神話」が記されています。
 ここで出雲大社に鎮座する大国主神は「幽(祭祀)」を司ることとし、日向に降り立った天津神の子孫(天皇)は大和において「顕(政治)」を司ることとする、という役割分担が示されます。古代日本において、出雲と大和は大きな役割を担う土地だったことがうかがえるのです。
 東京国立博物館の「出雲と大和」は、古代日本における出雲と大和に関する、国宝や重要文化財を含む約170件もの展示品によって、その特質にせまる特別展となっています。
 会場入ってすぐに目に入るのは、平成12(2000)年に出雲大社境内から出土した巨大な「心御柱(しんのみはしら)」と「宇豆柱(うづばしら)」。どちらも重要文化財で、出雲大社の宮司を務める千家(せんげ)家に伝わる「金輪御造営差図」に記された巨大な高さの社殿を裏付けるものとして注目されました。
 木材の年代測定結果と造替記録に照らして、鎌倉時代の宝治2(1248)年に遷宮されたものと……

茶の奥深さ実感 白浜町市鹿野で手もみ体験:紀伊民報AGARA

2020/01/14 14:30
 和歌山県白浜町の川添緑茶研究会(上村誠会長)が13日、同町市鹿野で「新春初もみ会」と「初もみ茶を楽しむ会」を開いた。参加者は「手もみの現場を見て、伝統文化の奥深さを知った」と驚いていた。
 地元で江戸時代から続く伝統文化と茶の魅力を知ってもらおうと、研究会が13年前から毎年開催している。二つの会に生産者ら関係者を含む延べ約90人が参加した。
 初もみ会はJA紀南市鹿野製茶工場で午前中に実施した。近くの三舞中学校から全校生徒5人と立命館大学の吉積巳貴教授、京都大大学院生ら2人も参加した。吉積教授は、三舞中が2016年度に始めた日置川観光学習学に協力した経緯がある。
 この日は焙炉(ほいろ)と呼ばれる作業台を3基使い、参加者が生産者の指導に従って茶葉をもんだ。
 体験した三舞中2年の青木葉月さん(14)は「授業で茶摘みや釜いり、袋詰めを体験したが、手もみは初めて。焙炉の上で茶葉をこすらないよう手首を利かせてもまないといけない」と難しかった様子。それでも「郷土の素晴らしい茶の文化を学校から広く発信したい」と笑顔で話した。
 午後からは近くの川添山村活性化支援センターで「楽しむ会」を実施。参加者が作った手もみ茶と生産者が作った手もみ茶を飲み比べた。
 会終了後、上村会長(70)は「同じ茶葉でも作り手、入れ方によって味が異なるという茶……

岩井友見、十一代目岩井半四郎襲名 舞踊家として名を継ぐ:紀伊民報AGARA

2020/01/14 14:26
 舞踊家の正派岩井流宗家岩井友見(68)が十一代目岩井半四郎を襲名することが14日、発表された。同日、都内で会見も行われた。
【全身ショット】黒の着物姿が美しい岩井友見
 江戸時代から続く歌舞伎俳優岩井半四郎の名跡は、その技芸と精神と共に脈々と受け継がれてきた。十世岩井半四郎の実子で、九世岩井半四郎の養女でもある友見は実父である十世岩井半四郎が創流した正派岩井流を継承してきたが、この度、十一代目として岩井半四郎の名跡を襲名。友見は歌舞伎俳優だった父の舞踊家としての分野を継承する。
 あいさつで友見は「私は十代目岩井半四郎の実子として昭和26年に生まれました。ちょうど、その年に父が岩井半四郎の名前をたまわりまして、襲名させていただきました。その折に九代目の岩井半四郎様の未亡人でいらっしゃる方から『岩井家に誰か1人、養女にしてほしい』ということを伺わせていただきました。長女でございましたが私が岩井家の方へ養女に行かせていただきました。よって私は68年間、仁科ではなく、岩井友見として行きてまいりました」とこれまでを説明する。
 そして「父が亡くなりまして、ちょうど10年が経ちました。私、岩井本家でございますので、岩井半四郎の名跡を預かっておりました。どなたかに継いでいただくか、もしくは大変、勝手なことでございますが十代目で止め名にさせていただこ……

NHK BSプレミアム「英雄たちの選択~孝明天皇」に上田紀行教授が出演

2020/01/14 13:35
歴史上の人物の「選択」を論じるこの番組、これまでは空海を除けば、聖武天皇、称徳天皇、後醍醐天皇、光格天皇と天皇の決断を論じてきました。今回は光格天皇の孫の孝明天皇です。江戸時代最後の天皇で、明治天皇の父。実は幕末の激動のドラマの立役者のひとりでもあります。でもなぜ孝明天皇の名はあまり知られていないのか、それには秘密がありました。幕府、薩摩、長州、会津…、天皇を巡って争われる権力の主導権争い。明治維新直前の幕末絵巻への新たな認識を深めていただけることと思います。

月ヶ瀬梅林 日本遺産めざす

2020/01/14 13:31
 国の名勝指定から令和4年で100年目となる奈良市月ケ瀬の「月ケ瀬梅林」を「日本遺産」に登録しようと、地域挙げての取り組みが始まっている。昭和43年の高山ダム建設など、幾多の困難を乗り越え人々の手で守られてきた梅林は、住民の誇りだ。地元では協議会を設立するなど準備作業を続けており、月ケ瀬観光協会の道上久司会長(62)は「全国に名だたる梅林が多い中、名勝に指定されているのは月ケ瀬だけ。烏梅(うばい)や古来の製法による奈良晒(ざらし)など全国でここにしかないものが三つもそろっている月ケ瀬の魅力を世界に発信していきたい」と意気込む。
 月ケ瀬梅林(梅渓)の起源は不明だが、「月ケ瀬村史」(同村は平成17年度に奈良市と合併)は「600年昔にさかのぼる」とし、梅の実を使った烏梅も南北朝時代に製法が伝えられたとの伝承がある。烏梅は紅花を使った紅染めに欠かせない色素定着の触媒。江戸時代に入って京都、大阪の染物屋に高値で売れ、その収益は村の貴重な財源となった。…

「こんなに美しい成人式があるなんて」 大学で行われる儀式に、絶賛の声

2020/01/14 12:34
2019年に行われた國學院大學『成人加冠式』の様子
20歳という節目は多くの人にとって特別な意味を持つものです。成人式に足を運んだり、家族で成人の喜びを祝ったりする人も多いでしょう。
ある大学で行われている、一風変わった成人の儀式がネット上で話題になっています。
國學院大學の『成人加冠式』がネットで話題國學院大學で、2008年から行われている『成人加冠式』。
奈良・平安時代に行われていた儀式をもとに、男子は冠、女子は釵子(さいし)と呼ばれる装飾具を頭部に着す『加冠之儀』を執り行うことで、成人の装束を身にまとい、一人前になったことを披露します。
大学内でも高い人気を誇る成人加冠式とは、どのようなものなのでしょうか。
2020年1月11日に行われた、成人加冠式の様子をご覧ください。
浦安の舞を披露する神楽舞サークル『みすゞ会』今日は成人の日ですね!
新成人の皆様、おめでとうございます💐
1/11に行われた成人加冠式で、みすゞ会は浦安の舞を披露しました!
皆様の思い出に残る一日となっていたら嬉しいです✨ pic.twitter.com/6sY1sHcoTM
— 國學院大學神楽舞サークルみすゞ会 (@Misuzu_kagura16) 2020年1月13日衣装を身にまとい列をなす新成人本日、令和初の成人加冠……

京都・銀閣寺に「銀閣寺すみっコぐらし堂」が3月19日からオープン!桜がコンセプトの和雑貨や限定グッズを販売!ふわふわ…

2020/01/14 12:30
寺子屋社は、桜×『すみっコぐらし』をテーマにした常設店舗「銀閣寺すみっコぐらし堂」を、2020年3月19日(木)より京都・銀閣寺にオープンします!

「銀閣寺すみっコぐらし堂」は桜をメインコンセプトとした和雑貨をはじめ、『すみっコぐらし』の限定商品やライセンス商品を販売するグッズショップ。
テイクアウトでは、『すみっコぐらし』のふわふわで甘いベビーカステラやテイクアウト限定グッズ、タピオカのドリンク、ソフトクリームが販売されます。店内にも『すみっコぐらし』の装飾が施され、癒しと憩いの空間を提供します。
DATA銀閣寺すみっコぐらし堂
場所:京都・銀閣寺2020年3月19日(木)オープン予定
●銀閣寺について
銀閣寺が創建されたのは延徳2年(1490年)。室町時代の後期に栄えた東山文化を代表とする建造物で、平成6年(1994年)には世界遺産にも登録されてます。金閣寺と並ぶ京都を代表する観光スポットである銀閣寺は、桜の名所にもなっています。
●寺子屋について
京都府京都市に本社を置き、オリジナル商品の企画・製造販売、コンセプトショップの運営などを行っています。国内155店舗の直営店を通じて開発商品を販売し、年間約1,000万人が利用しています。
関連情報すみっコぐらしofficial web site寺子……

キャンパる:なにコレ!? 天祖神社歌占プロジェクト おみくじで神話に親しむ

2020/01/14 12:19
 初詣で今年1年を占うおみくじを引いた人も多いことだろう。東京都板橋区にある「天祖(てんそ)神社」では、「天祖神社歌占(うたうら)」という、いっぷう変わったおみくじを引くことができる。同神社と、成蹊大学(東京都武蔵野市)でおみくじの研究をする、平野多恵教授と学生たちによる共同プロジェクトで制作しているものだ。
 歌占とは、和歌による占いのこと。かつて和歌は人が神とやりとりをするために用いられていた。神は和歌を…

古代の人々がヒゲを生やしたのは“聖なるもの”だったから?

2020/01/14 12:11
 古くからヒゲは寒さを防ぐため、あるいは戦いのとき肌を守るために生やしていたと考えられています。また多くの文明ではヒゲは“聖なるもの”で、権威を表すと信じられていました。
 例えば古代エジプトでは、『ファラオ(王様)』は衛生面からヒゲを剃っていたそうです。しかし、有名な『ツタンカーメン』にしても、ファラオのアゴには長いヒゲのようなものが生えています。実はこれは『付けヒゲ』で、本物ではないのだそうです。
 古代エジプトでは、付けヒゲは「冥界」…“死後の世界”の神『オシリス』と、エジプトのファラオが同じであることを示す、とても大切なシンボルだと考えられていたそうです。
 ヒゲを剃るときに使うカミソリは遥か昔、紀元前の時代から石を研いで、カミソリの代わりに使っていました。その後は金属の誕生によって、石よりも切れ味がすぐれたカミソリが作られるようになったとされています。
 日本では平安時代中期まで、僧侶以外はヒゲを生やすのが一般的だったそうです。その後、カミソリが広まったこともあって、少しずつヒゲを剃る風習も広まっていったそうです。そんななかでも武士は威厳を示す意味で、ヒゲをたくわえ続けていたそうです。