獨協大学が3月7日にオープンカレッジ特別講座 世界を…|訂正配信 東京2020オリンピック公式ライセンス商…|怪談検証 都内最恐スポット 平将門の首塚 の歴史を…

獨協大学が3月7日にオープンカレッジ特別講座「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」を開催:紀伊民報AGARA

2020/01/14 20:05
獨協大学(埼玉県草加市、学長:犬井正)は、3月7日(土)にオープンカレッジ特別講座「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」を開催する。同大卒業生で東洋古美術の専門美術商の浦上満氏が講師を務め、葛飾北斎の全体像と『北斎漫画』の魅力を解説する。参加費無料、事前申込不要。

 江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)は、自ら''画狂人''と称するほど終生描くことに情熱を燃やし、九十年に及ぶ人生を画業一筋に歩んだ。このような北斎の尽きることのない探求心が盛り込まれているのが『北斎漫画』全十五編であり、不朽の名作『冨嶽三十六景』と並んで彼の代表作とされている。『北斎漫画』でいう漫画とは、折りにふれ、筆のおもむくままに描いた絵といった意味であり、森羅万象あらゆるものを題材に描き、まさに眼で見る江戸百科ともいうべきもの。『北斎漫画』は、日本国内だけでなく19世紀中頃からヨーロッパにも伝えられ、ジャポニスムの流行をひきおこす原動力となり、マネやモネ、ドガをはじめとする印象派の画家にも多大な影響を与えた。今回の講義では北斎の全体像と『北斎漫画』の魅力を徹底的に解剖する。
◆オープンカレッジ特別講座
「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」
【講 師】 浦上満 (浦上蒼穹堂代表・獨協大学外国語学部卒)
【日 時】 3月7日(土) 14……

【訂正配信】東京2020オリンピック公式ライセンス商品 ザ・チョコレートボックスなど4品 1月14日新発売

2020/01/14 19:23
2020年1月10日
株式会社 明治
【訂正配信】
東京2020エンブレムの組市松紋様でパッケージ
東京2020オリンピック公式ライセンス商品
ザ・チョコレートボックスなど4品
2020年1月14日(火)新発売
2020年1月10日に配信した本件リリースに誤りがございましたので、
下記の通り訂正し、再送させていただきます。
ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
■文削除
【誤】 同じベネズエラ産カカオを中心に使用したチョコレートですが、
【正】 (削除)
■商品詳細の内容量を訂正
①「東京2020パラリンピック公式ライセンス商品ザ・チョコレートボックス」
【誤】 コンフォートビター・ベルベットミルク 各6枚ずつ
【正】 エレガントビター・サニーミルク 各6枚ずつ
②「東京2020パラリンピック公式ライセンス商品ザ・チョコレートアソートセット」
【誤】 コンフォートビター・ベルベットミルク 各3枚ずつ
【正】 エレガントビター・サニーミルク 各3枚ずつ
以下訂正を反映させたリリース内容
株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、2020年7月に開催される東京2020オリンピック・パラリンピックの公式ライセンス商品「東京20……

【怪談検証】都内最恐スポット「平将門の首塚」の歴史をたどっていくと○○に行き着く!

2020/01/14 18:30
土地に歴史あり。建物や所有者が変わっても不思議と因縁がつきまとう場所がある。一方で、もっともらしく「墓地の跡に建ったから」「元は病院だったから」などと語られる怪談の由来が、実はまったくの事実無根だったりする。土地の歴史を紐解くと、怪談の真の姿が見えてくる。
都内でも最恐と言われるパワースポット、平将門の首塚(千代田区)。平安時代の武将、平将門が戦に敗れ、京都でさらし首になった。将門公の無念は強く、いつまでも生首が腐らなかったとか、夜な夜な大声で叫んだとか言い伝えられるが、ついには一夜のうちに故郷に向かって飛んできたのだという。その首を祀ったのが将門塚だ。
しかし、この場所に祀られたのは、実は平将門が初めてではない。将門塚ができる前、ここに何があったかご存知だろうか?
もともとは墓であった。それも巨大な墓……古墳だ。
この場所を有名にしているのは、言うまでもなく「祟る」という噂である。都心の一等地、これまでに何度も再開発の機会があったが、その度に不幸が起き、いつしか将門塚は動かしてはいけない場所になった。時代を遡りながらみてみよう。
・大蔵省の不幸この場所の「祟り」が広く世に知れたのは、おそらく大正時代の大蔵省の仮設工事がきっかけだろう。1923年の関東大震災後、焼失した大蔵省の仮庁舎用の土地を確保するため、塚が取り壊された。その直後……