きれいにする行為 に対する日本における普遍的意識を…|鎌倉幕府を陰で牛耳った実力者!平頼綱 恐怖政治 と …|川崎市高津区 川崎市初の国史跡 橘樹官衙遺跡群(た…|他

Contents

「きれいにする行為」に対する日本における普遍的意識を確認

2020/02/14 17:51
「きれいにする行為は、空間・身体をリセットして新たな未来を迎えるきっかけになる」という日本における普遍的意識を確認
花王株式会社(社長・澤田道隆)感覚科学研究所は、国立歴史民俗博物館(館長・久留島浩、千葉県佐倉市)との共同研究で、日本人の「きれいにする行為」(=身体・空間の洗浄、片付け、整理整頓)や清潔な状態に対する意識について、民俗学や歴史学的なアプローチから考察を行ないました。これにより、清潔に対する意識は戦後の高度経済成長期の衛生環境の改善と洗浄行為の習慣化で大きく変化したことがわかりました。一方、「きれいにする行為」は、時代を問わず一貫して、空間や身体をリセットして新たな未来を迎えるきっかけになると信じられてきたことを確認しました。たとえば、江戸時代の年末のすす払いは、新年の年神様を迎える「信仰的儀礼」でしたが(図1)、これは現在も、過去の汚れを拭って新年を迎える年末の大掃除として継承されています。
今回の研究成果は「日本民俗学会第71回年会」(2019年10月12~13日、茨城県つくば市)にて発表しました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002146788-O15-g4ZU91gP】
図1 揚州周延「千代田之大奥 御煤掃」 (国立歴史民俗博物館所蔵)
江戸時代の大奥の、年末のす……

鎌倉幕府を陰で牛耳った実力者!平頼綱「恐怖政治」と「気になる姿」

2020/02/14 17:30
 筆者は日本全国を旅し、正応二年(1289)九月に惟康親王(源惟康)が将軍職を罷免された事件を、滞在先の鎌倉で目の当たりにした。彼女は、鎌倉を追放されることになった将軍が「御所を出発なさる」際、対の屋の端に寄せられた、余りにも粗末な張輿(簡易な輿)を目撃。また、雑事をこなす小舎人が、将軍が輿に乗る前から土足で御所の御み簾すを引き落とす様を見て「言語道断で目も当てられなかった」と述懐している。こうした仕打ちは時の執権・北条貞時の指示だったという。
 惟康親王の追放劇については皇統分裂などの事情もあって複雑な事情が絡み合っているものの、父である宗尊親王(六代将軍)も京に送還されたように、実際に将軍はこの頃、名ばかりの存在になっていた。日本では平清盛が初の武家政権を誕生させ、その死後に治承・寿永の内乱(いわゆる源平合戦)で源頼朝が鎌倉に幕府を開いたが、源氏の将軍は三代で消滅。幕府はその後、京の摂関家、さらに皇族から将軍を迎えた。
 この源氏に代わって権力を掌握したのが頼朝の舅となった北条時政。関東で源氏と密接な関係を築いた平直方の末裔である北条氏は、伊豆国田方郡北条(伊豆の国市)を領地とした。よく初代執権は時政といわれるが、厳密には次男の北条義時が父を政界から追い、建保元年(1213)に幕府の政所別当と侍所別当を兼ねたことから、執権職が成立したといったほう……

【川崎市高津区】川崎市初の国史跡、橘樹官衙遺跡群(たちばなかんがいいせきぐん)を知っていますか?3/10(火)に記念…

2020/02/14 17:30
橘樹官衙遺跡群(たちばなかんがいいせきぐん)は、古代武蔵国の橘樹郡におかれた役所跡、橘樹郡家跡(たちばなぐうけあと)と、その西隣に営まれた古代寺院跡である影向寺(ようごうじ)遺跡からなります。昔の”高津区役所”とも言える遺跡で、2015年に、川崎市初の国史跡に指定されました。また「たちばな古代の丘緑地」は、橘樹官衙遺跡群の保存活用を目的に、公園として一般開放されています。緑地の地下には、奈良・平安時代の橘樹郡家に関する初期正倉跡が保存されています。

信楽焼作家・六代 上田直方氏による、穴窯を使って焼き上げた作品、約100点が揃う茶陶展を開催。2月19日(水)より横…

2020/02/14 17:07
六代 上田直方茶陶展
■2月19日(水)から25日(火)まで ※最終日は午後4時閉場
■横浜高島屋 7階 美術画廊
信楽特有の土味は、薪を焚く穴窯の焼成によって温かみのある「火色」に変わります。
上田氏は、己が目指す「明るく、健康的で、素朴な、そして力強い」火色をだすため、自ら山に行き掘り出した原土を用い、1週間、約1200~1300度の高温で焚き続けて作品を作ります。
伝統的な信楽焼に現代感覚を取り入れ、使うことを前提とした用と美を兼ね備えた新しい形を追求する上田氏の作品が約100点揃います。
リンク
信楽皆具「紫香楽宮(しがらきのみや)」
「侘・寂」を表現する茶道具として、茶人に好まれている信楽焼。その中にあって、制作されてこなかった皆具を、奈良時代に聖武天皇が建設した「紫香楽宮」を甲賀寺からのぞむ神聖な想いを込めて、すっきりとした線の洗練された造形で表現しました。至難の技とされる、火色の調った美しさも魅力的です。
リンク
信楽茶碗
リンク
信楽肩衝茶入
リンク
信楽茶碗
リンク
信楽茶碗
リンク
信楽面取花入
リンク
信楽茶碗
リンク
左:信楽桧垣文掛花入
右:信楽旅枕掛花入
リンク
仁清信……

ふくおか探索:福岡市西区 やよいの風公園 弥生時代の大規模遺跡、丸ごと 景観とともに古代の歴史体感

2020/02/14 16:57
目を引く甕棺の実寸大の模型  弥生時代の大規模遺跡を丸ごと公園にした福岡市西区の「やよいの風公園」。2・7ヘクタールの広々とした園内を歩けば、実寸大に再現された甕(かめ)棺や、発掘調査の歴史を振り返る展示など発見がいっぱいだ。寒さの中で元気に駆け回る子供たちの姿もあり、地域の憩いの場としても親しまれる。歴史好きでなくても楽しめる歴史公園の魅力を紹介する。【平川昌範】
 公園は福岡市郊外に広がるのどかな田園地域の一角にある。9日午前、愛犬のチワワを連れて長女一華(いちか)ちゃん(3)と園内を歩いていた近くの建設業、対馬栄成(ひでなり)さん(48)は「いつも子供と遊んだり散歩したりしています」。その足もとに広がるのが「吉武高木遺跡」だ。

新型肺炎支援、日本から漢詩添え 同気連枝、中国へ物と心と

2020/02/14 16:32
 新型コロナウイルスの感染が深刻な中国へ日本から支援物資を送る際、オリジナルの漢詩や中国古典の一節をメッセージとして添える動きが広がっている。閉塞(へいそく)感が漂う中国国内では「同じ漢字文化圏の国ならではの心遣い」とインターネットで拡散され、話題となっている。
 「遼河雪融 富山花開 同気連枝 共〓春来」。10日に友好都市の中国東北部・遼寧省へマスク1万枚を発送した富山県は、段ボールにこんな漢詩を印刷した紙を張り付けた。「遼寧で雪が溶ければ 富山で花が咲く 同じ木でつながる枝のように 春が来るのをともに望む」という意味だ。漢詩を作ったのは同省瀋陽市出身の県職員、孫肖さん(40)。漢詩のルールに従って、遼寧と富山の絆を表現した。「互いに寒い土地。事態が早く落ち着き、楽しい春が来てほしい」と話す。
 京都府舞鶴市が友好都市の大連市に送った物資に添えたのは「青山一道同雲雨 明月何曽是両郷」。唐の詩人・王昌齢の詩「送柴侍御」の一節だ。舞鶴市によると「風も雨も乗り越えた親友同士 別々の場所で同じ月を見ている」ということを詠んでおり、市みなと振興・国際交流課内で相談し、大連からの国際協力員、曲振波さんのアドバイスを受けて決めたという。

からくり人形、埴輪、鉄瓶、砂絵、見てビックリの「日本一大きい●●」

2020/02/14 16:20
やっぱり「日本一」は伊達じゃない! 日本一大きいものを集めてみたら、すごいとびっくりするものばかりだった。
知られざる、日本一大きい●●首が2.7mも伸び~~~~~る!江戸時代に作られた日本一大きい全高9mのからくり人形「大入道」
毎年8月の「大四日市まつり」、10月の「秋の四日市祭」にお披露目される山車が実にユニーク、かつ日本一。写真を見ればわかるように、全高9m、身の丈4.5mの巨大な人形が高さ1.8mの山車に鎮座ましましているのだ。
【参考】https://dime.jp/genre/822998/
全高17.3m!水戸市にそびえ立つ日本一大きいキュートな埴輪「はに丸タワー」
数多くの古墳が残る茨城県水戸市の内原地区。中でも、「牛伏古墳群」が有名で、前方後円墳6基、帆立貝形前方後円墳1基、円墳9基が集中。その珍しさもあり、現在「くれふしの里古墳公園」として整備され、一般に公開されている。
【参考】https://dime.jp/genre/823010/
香川で発見!380年以上守られ続ける日本一大きい砂絵は外周345mの寛永通宝「銭形砂絵」
この写真をテレビで見た記憶がある人は多いかもしれない。TVドラマ『銭形平次』の大川橋蔵版、北大路欣也版のタイトルバックにも使用されたものなのだが、観音寺市の有明浜に描か……

バレンタイン限定、テオムラタの和モダンなチョコ。

2020/02/14 15:00
湯布院の森の中の工房でチョコレートを作るショコラティエthéomurata(テオムラタ)が、フランスと日本で活躍するグラフィックアーティストKanta Desroches(カンタ・デロシュ)と、バレンタイン限定でコラボレーション!
限定パッケージは、万葉の時代から令和の現在まで変わらぬ女性の恋心をテーマに、春立つ頃の淡く切ない心情を表現したもの。奈良時代の初期に活躍した女性歌人、大伴坂上郎女の一首から、インスピレーションを得ている。春霞たなびく山々は相手に想いを伝える唇で表現し、またハートのように見える形は、雪解け待ちわびる梅の蕾とも見てとることができる。春の相聞歌とも言われるこの一首同様に、チョコレートとともに相手に切ない恋心を伝えて返答を待つ……そんな心情をグラフィカルに表現したのだという。
ハートや唇を思わせる、グラフィカルなバレンタイン限定パッケージは2月24日まで。
théomurataは、大分県湯布院にある旅館、山荘無量塔が運営するショコラティエ。「日本人がつくるショコラ」をコンセプトに、厳選された上質のクーベルチュールを使用し、素材を生かした繊細な味わいのショコラに仕上げる。なかでも豆菓子にインスパイアされたビーンズショコラシリーズはシグネチャーで、現在11種類(期間限定を含めると12種類)で展開する。味は、エスプレッソビーンズ、……

茶香服に40人挑戦 鑑定技術向上目指し 福知山 /京都

2020/02/14 14:56
 味や香りなどから茶の種類や産地を言い当てる茶香服(ちゃかぶき)の大会が13日、福知山市大江町河守のJA京都にのくに大江支店で開かれ、地元の生産者や農業関係者らが挑戦した。
 茶香服は鎌倉時代に中国から伝わり、公家や武家社会の間で優雅な遊びとして流行していたという。中丹地域は茶の栽培が盛んで、生産者の…

涅槃図を特別公開 舞鶴・桂林寺であすまで /京都

2020/02/14 14:56
 舞鶴市紺屋の桂林寺(能登春夫住職)で13日、室町時代に描かれたとされる府指定文化財「絹本著色仏涅槃(ねはん)図」(縦約4メートル、横約2・5メートル)の特別公開が始まった。15日までで午前9時~午後5時。拝観無料。
 釈迦(しゃか)の命日にあたる2月15日の「涅槃会(ねはんえ)」に合わせて毎年この時…

星のや京都 『宇治茶』をヘリクルーズの眺望とお茶漬けの味覚で堪能!「京都宇治・茶畑 ヘリクルーズ」開催 期間:202…

2020/02/14 13:10
京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2020年4月15日~5月31日まで「京都宇治・茶畑 ヘリクルーズ」を開催します。これは飲むだけではない、新しいお茶の楽しみ方を提案するアクティビティです。参加者は、京都府南部・山城地域に広がる新緑の宇治茶の茶畑をヘリコプターで空から眺め、山肌に沿って茶畑が一面に広がる景色を楽しみます。その後、3種のひとくち茶漬けを茶畑の真ん中で味わいます。このお茶漬けは、宇治の窯元が手掛けた特製の茶漬け碗と、宇治の茶舗(ちゃほ)が厳選したお茶を使用したものです。
画像 : https://newscast.jp/attachments/ifVQSfdalOAjQSWy1v4y.jpg
新緑の茶畑を空から楽しむ「京都宇治・茶畑 ヘリクルーズ」
本アクティビティでは、京都府南部・山城地域に広がる新緑の宇治茶の茶畑をヘリコプターで空から眺めます。宇治の茶師*1のガイドとともに、宇治の茶畑の特徴を目で見て楽しむことができます。京都府・伏見のヘリポートを出発し、宇治の街並みを眼下に見ながら高度をあげ、宇治田原町、和束町、南山城村、京田辺市を巡るルートです。中でも和束町は「茶源郷としての茶畑と瓦屋根の集落景観」と「鎌倉時代から継承する茶文化」が評価され、2013年に「日本で最も美しい村連合」にも加盟している、景……

絶品「鯛しゃぶ」に特急ラピートの秘密!石田靖とたこ虹が『南海電車』でおでかけ!:時事ドットコム

2020/02/14 12:45
絶品「鯛しゃぶ」に特急ラピートの秘密!石田靖とたこ虹が『南海電車』でおでかけ!:時事ドットコム  時事通信

赤木野々花アナ、「日本人のおなまえっ!」へのこだわり プライベートで赤木姓発祥の地を訪問も

2020/02/14 12:00
 NHK・赤木野々花アナウンサー(29)は総合テレビ「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」(木曜・後7時57分)で2017年4月の初回放送から司会を務めている。コンビを組む古舘伊知郎氏(65)から学んだこと、番組進行のこだわりや見どころの他、目標とするアナウンサー像について語った。(高柳 義人)
 番組がスタートして約3年。東京アナウンス室に異動直後から担当している赤木野々花アナにとっては思い入れの深い番組だ。最初は「人名探究バラエティー」として名字の由来などを紹介、18年4月から「ネーミングバラエティー」となり、さまざまな日本語を掘り下げるようになった。
 「最初は古舘さんの進行の癖というか、やり方とかも全く分からなかった。(共演する)宮崎(美子)さんや澤部(佑)さんがどう反応するか…。でも最近は台本の文字を見るだけで、どういう反応するかがイメージできるようになりました。3年間で相当育ててもらったなと思います」
 古舘氏から教わったことも多い。「アナウンサーの大先輩なので指導してくださります。視聴者目線を大事にされている方です」。番組が開始して間もない頃、「佐藤」をテーマにした回で、直前に大幅な変更を余儀なくされた。人生ゲームのようなすごろくを準備したところ、古舘氏から必要ないのではと指摘された。「VTRもドラマ仕立てなので、(すご……