限定かき氷も登場!奈良県で2020年3月28日(土)…|江戸時代から伝わる神事 茂名の里芋祭り 千葉 館山|特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 国宝 鳥獣戯画 4巻…|他

限定かき氷も登場!奈良県で2020年3月28日(土)・29日(日)に「ひむろしらゆき祭」が開催

2020/02/20 17:00
47都道府県では、まだ知らなかったローカルのいいものに出会えるイベントがたくさん。ここでは日本有数のお祭りから地元の人と触れ合える小さな催しものまで、次の旅のヒントにしたいイベントを編集部がご案内。今回は奈良県の氷室神社で2020年3月28日(土)と29日(日)の2日間開催される「ひむろしらゆき祭」をご紹介します。かき氷を奉納する神事の後、この時だけのスペシャルなかき氷も提供されるというから、見逃す手はなし。
◆かき氷好きは必見!奈良県内最大のかき氷イベントで2日限りのコラボメニューを体験
2020年3月28日(土)と29日(日)の2日間、奈良県の氷室神社で開催される「ひむろしらゆき祭」。今回で7度目の開催となる注目の行事で、「かき氷奉納」と「純氷道中」の神事が行われ、「純氷道中」は奈良時代、氷を平城京に献上した故事にちなんだもの。72時間かけて作られた純氷を、神官が天平衣装の女官とともに奈良春日野国際フォーラム 甍別館まで運ぶさまは厳かで美しい。さらに神事の後には、奈良を中心に北関東から近畿まで30以上の店舗などが参加し、同会場でかき氷を提供する。かき氷を味わうにはチケットが必要で、毎年完売する人気ぶり。売り切れ次第終了なので、チェックはお早めに。
提供されるかき氷は、2日間で全30種類。毎年テーマを決めてメニューが作られるため、この時にしか……

江戸時代から伝わる神事「茂名の里芋祭り」千葉 館山

2020/02/20 16:36
これを一夜明けた20日、地元の人たち20人近くが、およそ700メートル離れた神社まで運び神職が奉納したあと、参加者全員でことし1年の豊作や無病息災を祈っていました。
茂名地区の区長の石井伸さん(70)は「去年は災害が相次ぎ、ことし祭りができるか分かりませんでしたが、無事に終えることができました。地区の伝統なので今後も続けて行きたい」と話していました。
奉納された里芋は食べると、かぜをひかないという言い伝えがあり、祭りのあと早速、地元の人たちに配られました。

特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」国宝「鳥獣戯画」4巻を一挙に、“動く歩道”を使った絵巻体験型展示も

2020/02/20 15:20
特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」が、2020年7月14日(火)から8月30日(日)までの期間、東京国立博物館 平成館にて開催される。
国宝「鳥獣戯画」の“すべて”を堪能できる展覧会国宝 鳥獣戯画 甲巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期「国宝 鳥獣戯画のすべて」でフォーカスを当てる「鳥獣戯画」は、擬人化した動物や人々の営みを墨一色で躍動的に描いた国宝作品。「鳥獣戯画」は甲・乙・丙・丁の4巻で構成されており、本展ではその4巻の全場面を史上初めて一挙に公開。加えて、4巻から分かれた断簡、さらに原本では既に失われた場面を留めた模本の数々も集結し、まさに「鳥獣戯画」の“すべて”を堪能することが出来る。
“動く歩道”に乗って「鳥獣戯画」を鑑賞また、会場では新たな鑑賞方法として「鳥獣戯画 甲巻」の鑑賞に“動く歩道”を導入。まるで絵巻を巻き広げながら鑑賞しているような気分を味わえるユニークな試みとなっている。
第1章 国宝 鳥獣戯画のすべて国宝 鳥獣戯画 乙巻(部分) 平安時代 12世紀 京都・高山寺 通期展覧会タイトルと同名の第1章は、「鳥獣戯画」甲・乙・丙・丁の4巻全場面を一挙に公開する本展のメインセクション。制作時期や筆者も異なるとされる4巻それぞれで異なる趣向を横断的に見比べることが可能だ。
国宝 鳥獣戯画 丙巻(部分) 平安~鎌倉……

「MIHARA SAMURAI モニターツアー開催」

2020/02/20 15:06
城下町みはらインバウンド向け観光コンテンツ開発事業(主催:三原市)の一環で、開発中の体験コンテンツ(宿坊体験・毛利食・御朱印めぐり など)を、欧米豪向けのメディア・旅行事業者等を招聘し、モニターツアーを実施します。
■SAMURAI GOZEN (古民家カフェ&宿 むすび 広島県三原市須波1-2-19)
広島の戦国武将「毛利元就」が振る舞ったとされる饗応食を再現。県立広島大学人間文化学部(広島市南区)の学生チームが古文書を読み解き、研究した献立から、約500年前の味付けをイメージして、市内飲食店「古民家カフェ&宿 むすび」が数品を、一の膳・二の膳に分けて提供する「SAMURAI GOZEN」を体験します。
■SAMURAI HOTEL (極楽寺 広島県三原市東町3-5-1)
武士は交通面、税収防衛、戦勝祈願などの要素から寺社に宿泊することもありました。武士が宿泊施設として利用していた寺社「SAMURAI HOTEL」を体験。翌朝は全国約7000体のだるまコレクションを見学したり、お寺体験を予定しています。
■GOSHUIN (JR三原駅周辺)
御朱印は、お寺や神社に納経した証として出されていた納経印です。納経は現世の安穏、来世の吉祥を願うため、あるいは供養のために寺社に経文を納めることを言いますが、およそ1000年前の平安時代……

『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』×『イケメン戦国◆時をかける恋』コラボキャンペーン第二弾!条件クリアで豪華な特典…

2020/02/20 14:35
『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』×『イケメン戦国◆時をかける恋』コラボキャンペーン第二弾!条件クリアで豪華な特典をGETしよう!  時事通信

江戸の伊能図、よみがえれ 原本焼失 214枚デジタル化:社会(TOKYO Web)

2020/02/20 14:33
 江戸時代の測量家、伊能忠敬(いのうただたか)(一七四五〜一八一八)が作成し、国内外に残された地図の写しをデジタル技術を使って統合し、よみがえらせる試みを、伊能図を研究する民間グループが始めた。原本は焼失し、写しは描き手によって食い違いがある。グループ代表の渡辺一郎さん(90)=東京都中央区=は「十年はかかるだろうが、現代の技術を駆使して決定版を作り上げたい」と話している。 (梅野光春)

奈良 興福寺の五重塔 120年ぶりの大規模修理へ

2020/02/20 14:15
興福寺の五重塔は奈良時代に建立されたあと、焼失と再建を繰り返していて、現在の塔は室町時代に建てられました。
高さおよそ50メートルと、木造の五重塔としては京都の東寺の次に高く、古都 奈良の景観を象徴する建造物の一つです。
しかし壁のしっくいがところどころ剥がれたり、部材の一部に穴が空いたりと傷みが激しくなっているため、寺は明治34年以来、およそ120年ぶりに大規模な修理を実施することになりました。
修理にあたっては奈良県に委託して、新年度から3年をかけて屋根や部材の傷み具合の調査や耐震診断などを行ったうえで、修理の進め方を決定します。
興福寺は「寺一丸となって修理をやりとげ、貴重な文化財を後世に伝えていきたい」としています。

スマホの長時間使用による首・肩の疲れをやわらげるストレッチ子どもからお年寄りまで、かんたん5ステップで疲労をやわらげ…

2020/02/20 13:55
スマホの長時間使用による首・肩の疲れをやわらげるストレッチ子どもからお年寄りまで、かんたん5ステップで疲労をやわらげる「KABUKI NECK DANCE」を開発  時事通信

大山古墳、隣に新博物館 堺市が構想 30年度完成目指す /大阪

2020/02/20 13:34
 堺市は、世界文化遺産の大山古墳(仁徳天皇陵、堺区)西隣の市有地(5ヘクタール)を候補地に、堺ミュージアム(仮称)を2030年度をめどに整備する方針を発表した。
 17日の定例会見で、永藤英機市長は百舌鳥古墳群など堺の歴史の紹介や、市所有のチェコ人画家、アルフォンス・ミュシャの作品を展示する新施設の構想を示し、候補地として、市所有の大阪女子大跡地を挙げた。…

国宝五重塔、120年ぶり大規模修理へ 奈良・興福寺

2020/02/20 13:08
 世界遺産の奈良・興福寺が来年度から、約120年ぶりに国宝の五重塔(高さ約50メートル)の大規模修理に乗り出す。まず修理に向けた調査を始め、2022年度にも屋根のふき替え工事などに着手する方針だ。奈良県が20日に発表した20年度の予算案に、調査の補助金を盛り込んだ。
 興福寺の五重塔は、京都の東寺(高さ約55メートル)に次いで国内2番目の高さを誇る。奈良時代の730(天平2)年に光明(こうみょう)皇后の発願で建立され、その後、少なくとも5回被災し、現在の塔は室町時代の再建とされる。大規模修理は、1901(明治34)年の屋根のふき替え工事以来。
 調査を請け負う奈良県によれば、塔の屋根は過去に瓦が落下するなど経年劣化が進み、ふき替えが必要とされる。来年度から約2年かけて塔全体の破損状況などを調査する方針だが、全面的な解体修理には至らないとみられる。修理の終了時期は未定。
 興福寺の森谷英俊(もりやえい…

江戸時代から伝わるひなまつり 新潟市旧齋藤家別邸

2020/02/20 12:23
社会 新型肺炎、加藤厚労相「イベントの必要性考えて」 渋谷スクランブル交差点で暴走「警察をからかってやろうと」 クルーズ船内で作業の厚労省職員と内閣府職員 あわせて2人の感染確認 群馬のフィリピンパブ摘発、入国費用返済まで帰国させず 検事長人事、検察長官会同で異例の発言「国民に丁寧に説明を」 千葉と神奈川で新たに2人感染、相模原の病院では5人目 小4女児虐待死 21日初公判、同級生「心の傷癒えず・・・」 クルーズ船乗客2人が……

没後200年・伊能忠敬を歩く:/20 岩手県平泉町 日記に残した思い入れ

2020/02/20 12:12
 有壁宿(宮城県栗原市)を1800年6月22日に出発した伊能忠敬率いる測量隊は、曇り空の下、一関(岩手県一関市)、山目(同)、前沢(同県奥州市)の各宿場を経由し、水沢宿(同)へ向かった。翌01年の第2次測量の際の日記には、江戸への帰路にあった12月24日の項に、中尊寺村や平泉村など通過した土地の名が細かく記載されている。
 中でも目を引くのが「高館(たかだち)の跡なり」との記述。宿場名と距離、天気と天体観測の有無などしか記されず簡潔さを特徴とする忠敬の日記では珍しく、史跡の名が書かれている。中尊寺をはじめ平泉町は、金や馬の取引で平安時代後期に栄華を誇った奥州藤原氏ゆかりの地。松尾芭蕉の『おくのほそ道』のハイライトの一つとしても知られる。

今どきの歴史:『大地の古代史』(三谷芳幸著) 重層化する未開と文明

2020/02/20 12:12
 今、大忙しの菅原道真公(天神様)が神になったのは、謀略で都を追われてたたりをなし、恐れおののいた政敵に祭られたからだ。そのように、平安時代には怨霊(おんりょう)やもののけが跋扈(ばっこ)した。中でも過敏なまでに恐れられたのが、大地にひそむたたり神「土公(どこう)」だった。
 大地をめぐる人々のリアルな感覚に迫る『大地の古代史』(吉川弘文館)が出た。今、歴史となっている諸制度の背後に、実は超自然的な力が常々働いてきた実態がうかがえ、刺激的だ。
 著者の三谷芳幸・筑波大准教授(日本古代史)は土地制度史・律令制が専門。「律令国家の制度から古代の土地問題を考えてきたが、制度の深層にある思想や宗教といった世界も追究しないと理解できません」と話す。正と負、両方の力を人々に及ぼすのが大地だ。