新型コロナ対策徹底し 玉名市の博物館で米作りの企画展|国宝の鎧 特別展 新型コロナで2週間遅れ開幕 春日大…|日本三大稲荷 としてあげられる14社をご紹介!とこ…|他

新型コロナ対策徹底し、玉名市の博物館で米作りの企画展

2020/03/29 17:33
玉名市の歴史博物館では、地元の米作りに関する展示会が開かれている。新型コロナウイルスへの対策も徹底しているという。玉名市の歴史博物館こころピアは今月26日までの休館を経て、27日から再開した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため入口に消毒液を設置したほか、ドアノブなど人が触れる場所を定期的に消毒するなどの対策を徹底しているという。館内では「玉名の米作り~二千年の歴史~」展が開かれていて、弥生時代から現代に至る米作りや農作業の道具など約200点が展示されているほか、弥生時代の服を着て石包丁で稲の穂を摘みとる体験コーナーもある。企画展は4月12日まで開かれている。

国宝の鎧、特別展 新型コロナで2週間遅れ開幕 春日大社 /奈良

2020/03/29 16:27
 奈良市の春日大社国宝殿で28日、特別展「Enjoy鎧(よろい)」が始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定の14日から2週間遅れの開幕。国宝の赤糸威(あかいとおどし)大鎧をはじめ、約1000個の部品からなる中世のよろいの構造なども分かりやすく展示・紹介している。
 日本のよろいは肩を守る大袖やかぶとを飾る大きな前立てなどが特徴で、…

「日本三大稲荷」としてあげられる14社をご紹介!ところで稲荷信仰ってなに?

2020/03/29 16:00
日本は全国各地に稲荷神社があり、熱心に稲荷信仰をしている人もいれば観光で気軽に訪れる人もいます。その中でも『日本三大稲荷』と呼ばれる神社仏閣は、稲荷信仰においても重要な聖地となっています。
ただ、その日本三大稲荷の候補となる場所は非常に多く、14社ほどあるようです。
そこで、ここでは日本三大稲荷候補となる14社をご紹介するとともに、稲荷信仰とはそもそもどういうものなのかを解説します。
日本で一番神社の多い稲荷神社
日本で一番多い神社は、どのような神社だと思いますか?
八幡様を祀る八幡宮や、天神様を祀る天満宮、天照大神を祀る神明社に皇太神社など、全国各地で見かけると思いますが、それらを差し置き、稲荷神社が日本一多いと言われています。
ここからは稲荷神社や稲荷信仰とはどういうものなのか、ご紹介します。
キツネは稲荷神社の神様ではない!稲荷神社では主に穀物や食物の神「稲荷神」を祭神としています。
元は古代日本の豪族「秦氏」の氏神だったものが、民間にも伝わったのが現在の稲荷信仰のはじまりとされます。
その後、名前に冠する稲の字から、日本神話に登場する食物神の宇迦之御魂(うかのみたまのかみ)るなどの神々と同一視もしくは合一されるようになったことで、五穀豊穣の神として広く信仰がされるようになったとされます。
そんな……

毎日全国学生競書展 巌里紗さん(新津高)に最高賞 4人が特別賞 /新潟

2020/03/29 15:27
メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ
お使いのブラウザがJavaScriptがオフになっている場合、正しく閲覧できない場合があります。

目の前でじっくり見て 千手千眼観音像、粉河寺で特別拝観 紀の川 /和歌山

2020/03/29 15:09
 紀の川市の粉河寺で、本堂北側の千手千眼観音像の特別拝観が実施されている。像は壁面に埋め込まれた厨子(ずし)に収められ、床からの高さは約1.5メートル。特別拝観のためにスロープが設置され、目の前で見ることができる。5月6日まで。
 西国三十三カ所巡礼の草創1300年を記念して行われている。像の頭部と胴…

「にぎりずし」は箸で食べるもの? 素手で食べるもの? 和文化研究家に聞く(オトナンサー)

2020/03/29 14:10
Q.にぎりずしは本来、どのような食べ物だったのでしょうか。
齊木さん「にぎりずしは、酢飯の小さな塊に魚や野菜、乾物などをのせ、江戸独自の手法で作られたすしを指します。すぐに食べられる『早ずし』の一種であり、『江戸前ずし』『あずまずし』とも呼ばれます。
このにぎりずしは文政年間(1818~30年)に、華屋与兵衛という人物によって考案されたといわれています。当時は拳ぐらいの大きさがあり、岡持ちに入れて売り歩いていましたが、やがて屋台が登場し、大衆にも広く普及しました。
また、米酢よりも値段が安い、酒かすを利用した三河の『粕酢(かすず)』を使い、その甘味やうま味がすし飯に合ったことも人気のきっかけとなりました。粕酢はそれまでの米酢とは異なる、コクのある風味と濃厚な色を備えた酢で、塩と酢のみの調味でおいしいすし飯ができ、生魚の味を引き立て、江戸っ子の好みに合致していました。なお、この頃のにぎりずしは、食事というより『おやつ』の位置づけでした。
握りずしの屋台では、『ツケ台』と呼ばれる台に大きなにぎりずしを並べて置いてあり、江戸っ子は2、3個買い、立ったまま食べていました。立ち食いが一般的で、まさに江戸のファストフードでした」
Q.素手でつまんで食べるのと箸で食べるのは、どちらが本来の食べ方なのでしょうか。
齊木さん「にぎりずしが誕生し……

「聖地巡礼」がもたらしたアニメの”脱サブカル化” 「聖地巡礼」の歴史を紐解く(DANRO)

2020/03/29 13:10
しかし、実在する地名が登場するアニメは以前から存在していましたが、なぜ2000年代に入るまで「聖地巡礼」の動きがあまりなかったのでしょうか。
原因の一つには、アナログ技術しかない時代は、背景を実写のように描くことに労力を要した点があります。埼玉県春日部市を舞台にした『クレヨンしんちゃん』の背景の描かれ方を思い浮かべれば、イメージがつくかもしれません。
もちろん手間がかかるという問題だけですので、舞台も明瞭で背景も写実的なことから、「聖地巡礼」に結びついた作品もありました。1974年に放送された『アルプスの少女ハイジ』が好例でしょう。舞台とされたスイスのマイエンフェルトには、現在に至るまで多くの日本人が訪れています。
このように例外はありましたが、多くのアニメ作品は、明確な舞台があったとしても背景を克明に描くことはありませんでした。しかしデジタル化が進むことによって、この考え方が変わっていくことになります。写真をデータに取り込んで、そこから背景を起こしていったほうが効率的になり、逆転現象が生じたのです。
2006年の『涼宮ハルヒの憂鬱』や07年の『らき☆すた』あたりからアニメの「聖地巡礼」は盛り上がりを見せますが、これらの作品が当時から高度なデジタル技術を持っていた京都アニメーションから誕生したことは、決して偶然ではありません。
現在……

のちの清少納言、平安時代にグラサンとネイル!? 時代を駆け抜けたぶっ飛び平安絵巻

2020/03/29 12:28
『清少納言と申します(1)』(著:PEACH-PIT)
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる」
高校生のときに覚えた『枕草子』、残念ながら実生活で役に立ったことは一度もありませんでした。
清少納言に関しても知っていることといえば、一条天皇の皇后、中宮定子(藤原道隆の娘)に仕えた優秀な女官で、紫式部とはライバル!?という程度。
今更ではありますが、少しは勉強しようとこの本を手にしたら、平安絵巻に出てくる黒髪ストレートにお高く留まったインテリ女性という、私の想像とは全く違う清少納言の姿にやられました!!
この時代にサングラス!?とツッコミを入れたくなりますが、「葦で作らせた日よけよ!  小さな御簾が目の前にもあればいいなーって」と、もっともらしきことを言われたら、まぁそんなこともあるか~、彼女がそう言うならそうに違いないと妙に納得してしまいました(笑)。
この話は、清少納言を名乗る前の清原なぎ子(きよはらのなぎこ)が、橘則光(たちばなののりみつ)に嫁いだところから始まるのですが、なぎ子を嫁と認めたくない則光の姉・光子は、2人を離縁させようと画策します。
聞けば2人は、結婚を意味する共寝(ともね)をしていないというのです。
この時代、男が女の寝所に忍び込む「夜……

お米にひと工夫、江戸時代の精米を再現・冷えてもおいしい米など

2020/03/29 12:00
 このところ、従来のお米にひと工夫加えた「新しいお米」が登場している。いずれも魅力的で味もおいしく、米の消費を後押ししそうだ。
 東京は江戸と呼ばれる昔から、全国各地の米が集まる場所だった。当時、集まった米は季節に合わせて厳選され、伝統的な製法で精米されていた。このスタイルを今に蘇らせたのが隅田屋商店(東京都墨田区)の「江戸米」は300グラム(2合)で648円(税込)。プロの目利き・五つ星お米マイスターである店主が、集まった玄米を吟味してブレンドし、古式精米製法を経て誕生したもの。近年の精米方法で失われていた、米本来の香りや旨味を再現している。いつもの米の味との違い、ぜひとも自らの舌で感じてみたい。
 玄米は体に良いが、独特の香りや食感が苦手という人に朗報となるのが「HAPA RICE(ハパライス)」。鈴木又五郎商店(秋田県湯沢市)が手がけるこちらは、地元の秋田産「あきたこまち」の白米と玄米を絶妙の比率でブレンド。炊くときは、いつもの白米の要領で構わない。ハパライスがあれば、あきたこまち特有のもちもち感と甘味に、豊富な食物繊維やミネラルなどの玄米の特徴を楽しめる。価格は580円(税別、1キログラム・7合)より。ちなみに商品名の「ハパ」とは、ハワイ語で「ミックス」という意味だとか。
 冷めたお米も美味しくいただけるのが「優冷(ゆうれい)米 冷……