訪れる街の特色を知っていれば 旅はさらに楽しくなりま…|鳥屋城跡 保存し後世に 保存会が毎月 手弁当で整備…|遙かなる時空の中で シリーズはどのように女性ファン…|他

Contents

訪れる街の特色を知っていれば、旅はさらに楽しくなりますよね!そこで今回は、悠久の歴史を誇る「奈良県」についてをご紹介…

2020/05/22 17:56
歴史古代から続く文化や歴史を感じるスポットが集まっている奈良県。日本の国のはじまりの場所ともいわれていて、794年に京都に都が移される前は、飛鳥の藤原京や奈良の平城京が日本の中心地でした。飛鳥地方には、縄文時代の遺跡の上に築かれた飛鳥時代の石造物や古墳などが多く残存。また平城京に都があった時代には、仏教や中国の影響を強く受けた天平文化のもとで東大寺が建立されました。
気候奈良市街地のある北西部は盆地になっているので、夏の蒸し暑さと、冬の厳しい寒さが特徴。北東部の大和高原とともに、朝晩の気温差も激しいです。また、南部の山岳部、特に大台ケ原山を中心とする南東山地は、日本有数の多雨地帯。とりわけ夏の雨量が極めて多く、冬には積雪もあります。
気質奈良県民は保守的で飾り気がなく、人懐っこい性格の人が多いといわれています。現状維持を大事にするのんびり屋で、その傾向は県内南部にいくにつれ顕著に。また、のんびりとした気質を表した『奈良の寝倒れ』という言葉があり、奈良の人は寝てばかりいて身上を潰してしまうということを意味しています。
方言県内で話されている言葉には、南北で大きな違いがあります。北中部の方言は京ことばや大阪弁に近いですが、南部の奥吉野では標準語のようなアクセントになります。北中部は京都や大阪と古くから交流がありましたが、奥吉野のような険しい山間部で……

鳥屋城跡「保存し後世に」 保存会が毎月、手弁当で整備活動 豊後大野 /大分

2020/05/22 17:27
 豊後大野市朝地町にある中世の山城「鳥屋(とや)城」の城跡を毎月1回手入れをする人々がいる。史跡指定は受けていないが、郷土史ファンで作る「鳥屋城址(じょうし)保存会」=佐藤省三会長(79)=のメンバーは「ふるさとの貴重な歴史を刻む城跡を保存し、後世に伝えたい」と手弁当で励んでいる。
 城山(標高774メートル)にある鳥屋城は築城時期は不明だが、鎌倉時代初期、豊後守護に任じられた大友能直の六男、時景が朝地町市万田の地頭職を引き継いで称した一万田氏が築いたとされる。険しく複雑な地形を生かした…

「遙かなる時空の中で」シリーズはどのように女性ファンから支持を受け、進化してきたのか。4作目まで振り返る!【作品解説…

2020/05/22 17:07
一作目の戦闘では八葉の集中力を高めて術を使って怨霊を倒すのがメイン。集中力は「応援」によってあげることができます。そこで重要になるのがそれぞれの八葉が喜ぶ言葉選びです。 優しい言葉良いかというとそうでもなく、檄を飛ばしたほうが喜ぶ場合もありなかなか大変です。そんな苦労の末の術は効果絶大! うまく戦って有利に進めれば八葉との好感度もアップします。戦いが育む愛、これが「遙か」シリーズの醍醐味です!
平安の雅な文化も堪能ネットはおろか電話すらない時代ですから、八葉との交流には主に手紙が使われます。現代では味わえない雅なやり取りを体験しましょう。また、八葉にはそれぞれ好きな紙や花や香りがあるので、意中の八葉の好みを把握していくのも楽しみのひとつです。いやぁ、雅ですね!
ほかにも「物忌み」など、平安時代ならではの文化を堪能できる『遙か』。1作目にしてシリーズの大事な部分がすべて盛り込まれていたことがおわかりいただけたのではないでしょうか?
『遙かなる時空の中で Ultimate』オフィシャルサイト

おうちミュージアム ステイホームを楽しむヒントがいっぱいです〜東日本編〜

2020/05/22 17:03
「おうちミュージアム」とは、ステイホームの子どもたちがおうちで楽しく学んだり、あそんだりできるアイデアを公開しよう!という企画です。北海道博物館が呼びかけ、賛同した全国各地のミュージアムが参加中です。ぬりえや工作をはじめ、手芸に料理、紹介動画、バーチャル見学、ドリル問題…と、おとなも一緒に楽しめるヒントがいっぱい。いろいろな博物館を知る楽しみも! 今回は、東日本エリアから4つの施設をご紹介します。ミュージアムのおうち時間、ぜひのぞいてみてはいかがでしょうか?
おうちで手作り♪指織りブレスレットやアイヌの伝統料理をつくってみよう/北海道博物館(北海道札幌市)北海道の自然・歴史・文化を紹介する北海道立の総合博物館です。標本やジオラマ、アイヌの伝統工芸品などの展示で、小さな子から楽しめます。「おうちミュージアム」では、これまでおこなったワークショップなどをもとに、さまざまなアイデアが紹介されています。とっても可愛い「指織り」のブレスレットは、毛糸を指だけで織って作れますよ! 詳しい作り方は動画をどうぞ。また、アイヌの伝統料理「チェプオハウ(魚の汁もの)」もぜひ作ってみては。かんたんレシピを参考に、昆布、野菜、鮭をお鍋でグツグツ。美味しくて、とってもヘルシーです!
北海道博物館
■所在地:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
おうちミュージ……

5/23【"考える"新月】正確な情報を摂取し真の「考える力」を養うと宣言する 双子座の新月 : アイビー茜 公式ブログ

2020/05/22 16:59
 「髪を切る」「新しい習い事を始める」などのアクションがラッキーとされています。
その他新しいお財布やお洋服を卸すのにも良い日です。
さて、今回のぴったり新月の時間は5月23日のAM 2:37(02:37)です。

毎月の新月には、12星座のうち必ず何かの星座がテーマとなっているのですが
今回の新月は12星座のサイクルの3番目。
双子座...I think(私は思考する)のエネルギーです。
さて、みなさんは日々さまざまな情報に触れています。
一説によると、現代人が1日に摂取する情報量は...平安時代の人の一生分、江戸時代の人の一年分
とも言われています。
自粛のムードになり、飛行機や車などで遠出をすることがなくなって
旅での五感による情報摂取は少なくなり、
日々テレビ、ラジオ、ネットなどで何かしらの情報を摂取しているにとどまっているのではないでしょうか。
通勤や通学がなくなって、不要な飲み会や集まりがなくなってみなさんも
「特に自分が求めてもいなかった不要な情報」にふれる機会は激減しているのではないか?
と予測を立てております。
情報も立派なエネルギーで、エネルギーにもタイプがあります。
食べやすいけれど栄養にはならなかったり、
食べにくいけれど確かな栄養……

【一聞百見】7代目所長に就任 成果に固執せず「熟成」を促したい 国際日本文化研究センター所長・風俗史研究者の井上章一さん

2020/05/22 16:01
 風俗や文化を独特の切り口で考察し、「霊柩車(れいきゅうしゃ)の誕生」「美人論」「京都ぎらい」などの話題作で知られる風俗史研究者の井上章一さん(65)。〝色物〟と捉えられがちなテーマに膨大な資料探索で挑み、風俗史の新たな局面を切り開いてきた。今春、創立以来33年間勤める国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の7代目所長に就任。「好事家」を自任する井上さんの探究心に迫る。
(聞き手 横山由紀子 文化部記者)
■風俗を研究するわけ
 日文研は昭和62年、日本文化を国際的に研究する機関として誕生し、梅原猛さん、河合隼雄さん、山折哲雄さんらが所長を務めてきた。井上さんは4月に、前所長の小松和彦さんからバトンを受けた。「人文学の研究は、香り高いワインの熟成のようにじっくり時間をかけることが大切」とし、「所員を成果、成果であまり煩わせないようにしたい」と語る。
 そして、「私のようなパソコンを持たない人間を所長にしたらいかんと思うんですけど」と笑う。アナログな研究者として、古い新聞や雑誌、小説など、膨大な文献を渉猟し、人が取り上げないテーマに情熱を傾ける。
 初めての著書は、霊柩車の歴史を追った「霊柩車の誕生」(昭和59年)だ。ある日、スイス人留学生と京都市内の道路を歩いていたところ宮型霊柩車が通った。「すごい車だ。誰が乗る車なのか?……

文化財物語:きのくにの宝/2 慈尊院弥勒堂(九度山町) 豊かな信仰心伝わる /和歌山

2020/05/22 15:14
 九度山町の寺院・慈尊院は、弘法大師空海の母が晩年滞在したとされる。女人禁制だった高野山に対し、女人高野として人々の信仰が集まった。古道・町石道(ちょういしみち)の登り口にあたる。空海の母の廟所とされるのが弥勒堂(みろくどう)で、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産でもある。九度山町教委社会教育指導員の山本新平さん(73)が2013年、屋根の葺(ふ)き替え作業に立ち会って堂内を調べたところ、新たなことが分かったという。
 山本さんによると、弥勒堂の内部は、国宝の本尊・弥勒仏坐像(ざぞう)を安置している母屋廻(もやまわ)り(2・13メートル四方)があり、その外側に庇廻(ひさしまわ)り(6・39メートル四方)がある。建物は国の重要文化財に指定され、母屋廻りは鎌倉時代、庇廻りは室町時代の建築とされている。しかし、山本さんは、母屋廻りの建築は平安時代後期にさかのぼると考えている。

金田城跡の観光施設整備へ 対馬市、3年で総額1億円規模

2020/05/22 15:00
 対馬市は21日、同市美津島町にある飛鳥時代の古代山城「金田城跡」(国指定特別史跡)について、本年度から3カ年計画で総事業費1億円規模の観光施設を整備する「新たな観光地づくりプロジェクト」に取り組む方 ...

Free八戸南部氏庭園 春の開園/25日まで

2020/05/22 14:05
八戸市売市4丁目の「八戸南部氏庭園」で22日、春の開園が始まった。訪れた人々が、咲き始めたツツジに目をとめている。江戸時代からの木々や灯籠の美しさも見ものだ。25日まで。
 同庭園は、1847年に、八戸藩が第9代藩主として、南部信順(のぶゆき)公を養子に迎えたのを機に造園。信順公の出身地である薩摩藩の庭師が手掛けたとされる。
 園内には紫や薄紅色のツツジが色鮮やかに咲き始めている。樹齢数百年といわれるモミの木、意匠を凝らした灯籠も見応えがある。時代を超えた庭師の技と、変わらぬ自然の美しさが感じられる。
 散策に訪れた金田幸蔵さん(80)は、「花だけでなく、マツやモミの木も美しい。江戸時代の侍が今にも現れそうだ」と、藩主が見た風景に思いをはせた。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため、例年行っている園内のガイドと、休憩スペースの設置は中止。庭園を管理する市は、マスク着用で来園するよう呼び掛けている。
 入園無料。開園時間は午前10時~午後4時。

ひっそりと鮮やかに ラショウモンカズラ見ごろ 高山 /岐阜

2020/05/22 13:45
 高山市と郡上市を結ぶ飛驒せせらぎ街道沿いの斜面(高山市清見町巣野俣)に、ラショウモンカズラが色鮮やかな青紫色の花を咲かせている。
 ラショウモンカズラは本州、四国、九州に分布するシソ科の多年草で、山林内の湿った場所や渓流沿いに自生する。高さは15~30センチで、上部に3センチ前後の花をいくつか咲かせ…

二十四節気「小満」、七十二候「蚕起食桑」 いったいどんな時期?

2020/05/22 13:03
昼間はまるで夏を思わせるような陽気となる今の時期、着る服もだいぶ薄着になってきましたね。
6月1日から学校などでは夏服への移行が始まります。
今では特に行事という扱いではない衣替えですが、昔は宮中行事になっていたことをご存知ですか。
衣替えは中国から伝わったもので、平安時代から宮中行事として日本にも定着し始めます。
最初は貴族社会のみで行われていましたが、徐々に武家社会や庶民の間にも広がり始めました。
また、今では1年に2回が一般的ですが、江戸時代では四季にあわせて衣替えを行っていたので、1年に4回あったそうです。
明治時代になると、和服だけではなく洋服を着る人も増え、今のように6月と10月の2回衣替えを行うようになりました。
収納場所の掃除やしまう衣類の洗濯など、衣替えは大変な作業ではありますが、湿度が高くなる梅雨の前に済ませておきたいですね。
ただ、もう少しすると冷房を使用する時期になります。冷え性の方は、ひざ掛けや上着を全てしまわず、数枚は取り出しやすいところに収納しておくことをおすすめします。

文京学院大学経営学部教授 島田昌和 編著 きものとデザインの流行、技術革新の歴史をひも解く一冊『きものとデザイン つ…

2020/05/22 12:45
文京学院大学経営学部教授 島田昌和 編著 きものとデザインの流行、技術革新の歴史をひも解く一冊『きものとデザイン つくり手・売り手の150年』 ~2020年5月刊行予定~:時事ドットコム  時事通信

「日本の漫画の夜明け」 江戸時代から歴史たどる 高崎で企画展再開 /群馬

2020/05/22 12:17
 江戸時代から現代までの漫画の歴史をたどる企画展「日本の漫画の夜明け」が、高崎市石原町の洞窟観音山徳記念館で開かれている。新型コロナウイルス感染防止のため一時休館していたが、20日に再開した。6月30日まで。
 江戸時代は、1829(文政12)年~42(天保13)年に刊行され、人気を博した「偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)」を紹介している。同記念館の荒井宏介館長によると、当時人気の戯作者(げさくしゃ)、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)(1783~1842年)による源氏物語のパロディーに、浮世絵師、歌川国貞が表紙と挿絵を添えた。
 今で言う「漫画本」で、庶民は貸本屋で借りて読んだという。その現物が展示され、各ページの端は何人もの読者がめくったために汚れている。一方、裕福な人は全巻を購入し、特製の箱を作るなどして大切に保管したという。