東日本橋のアートギャラリーマップ更新 緊急事態宣言解…|国重要文化財の菩薩像内部にミニ仏像 14点の納入品確…|文殊菩薩像内にミニ文殊 京都・木津川の大智寺|他

東日本橋のアートギャラリーマップ更新 緊急事態宣言解除後の最新情報を掲載

2020/06/01 23:03
 江戸時代、町民文化の中心地だった同エリアは、蔦屋重三郎の「耕書堂」などの版元や大丸百貨店の前身「大丸」、木綿問屋の大店(おおだな)などが軒を並べ、江戸一番の繁華街としてにぎわいを見せていた。特に東日本橋は日本一の問屋街として隆盛を極めたが、繊維不況の影響で繊維問屋などの古い空きビルが増え、リーズナブルな家賃やアクセスの良さも相まって、さまざまなジャンルのアートギャラリーが現在集積している。
 マップは大伝馬町から馬喰町、東日本日本橋周辺で営業する20画廊の位置と6~7月の展示情報を掲載する。
 三浦さんは「緊急事態措置の解除を受けて、小伝馬町かいわいのギャラリーも6月から次々と展示を再開する。自粛期間中、ギャラリーにはまだ持続化給付金などの補助があったが、大変な思いをして作品を制作したにもかかわらず発表の場を奪われた作家の皆さんへの補償はほとんどなく、精神的な落胆と経済的な損失は察するに余りある」と話す。
 「コレクターの皆さんも今までの自粛期間にたまったうっぷんを、作品を購入することで晴らしてほしい」と三浦さん。「どのギャラリーも予約制や換気など感染防止策を熟慮して三密を避ける努力をしているので安心して来場してほしい。アポイントが必要な場合もあるのでホームページなどで事前に確認をしていただきたい」とも。
 同マップは無料。同ギャラリー……

国重要文化財の菩薩像内部にミニ仏像 14点の納入品確認 奈良国立博物館

2020/06/01 22:15
 奈良国立博物館(奈良市)は1日、大智(だいち)寺(京都府木津川市)の本尊・文殊菩薩騎獅(ぼさつきし)像(鎌倉時代、国重要文化財)をエックス線CTスキャン調査したところ、内部に小さな仏像や文字が記された紙など、少なくとも14点の納入品があることが分かったと発表した。像は2日から一般公開する。
 同博物館によると、文殊菩薩騎獅像は剣とハスの花を持ち、獅子に乗った姿で、高さ169・5センチ。首部分には厨子(ず…

文殊菩薩像内にミニ文殊 京都・木津川の大智寺

2020/06/01 22:10
 京都府木津川市の大智(だいち)寺の本尊・文殊(もんじゅ)菩薩騎獅(きし)像(重要文化財、鎌倉時代)の像内に、厨子(ずし)に入った文殊菩薩の小像や掛け軸など十数点の納入品が納められていることがX線CTスキャンによる調査で判明し1日、奈良国立博物館(奈良市)が発表した。像は2日から同館で一般公開される。
 像は剣とハスの花を持ち、獅子に乗った姿で、高さ169・5センチ。首部分に厨子が納入されており、中に高さ約2・7センチの文殊菩薩坐像(ざぞう)があった。左手に経巻、右手に宝剣を持って獅子上の蓮華(れんげ)座に座った姿で、厨子は巾着に入れられていた。
 ほかにも、体内の空洞部分に掛け軸とみられる巻物が見つかったほか、「金剛般若経」に関わる文字が包み紙に確認された長方形の品物もあった。
 大智寺は鎌倉時代、西大寺(奈良市)の僧、慈真(じしん)が開いた橋柱寺(きょうちゅうじ)が前身。奈良時代の僧、行基が木津川に架けた泉大橋の橋柱で本尊が刻まれたと伝えられる。奈良国立博物館の山口隆介主任研究員は、「慈真が身の回りに置いて崇拝する『念持仏』として持っていたものが、死後に納められた可能性がある」と話している。

7県しかないのになぜ「九州」?その呼称の由来を解説

2020/06/01 19:00
九州は、福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県の7県を有する巨大な島の事を指します。また九州地方といった場合は、沖縄県が加わり8県になります。
なぜ7県しかないのに、「九州」というのでしょうか?実はこの名前には、その昔に九州にあった”国”に由来するそうです。
そこで今回は、九州と呼ぶ理由などを分かりやすく解説いきたいと思います!
「九州」は古来日本の律令国に由来する
九州は、北海道、本州、四国と並んで日本列島を構成する島の1つです。日本列島の中では南西部に位置しています。
そして九州という名前は、古来日本の律令国(令制国)の数え方に由来しているそうです。
律令国とは律令国(りつりょうこく)は、令制国(りょうせいこく)とも呼ばれています。
飛鳥時代(592〜710年)から明治時代(1868年〜1912年)初期まで用いられていた「律令制」に基づいて設置された日本の地方行政区分のことです。
「国」と呼ばれる行政単位であり、九州の地には9つの国が配置されていました。
律令国時代の九州の国名律令国時代の九州の国名は全部で9つありました。
筑前国(ちくぜんのくに)筑前国は現在の福岡県北西部にあたり、筑後国とあわせて「筑州」とも呼ばれています。
筑後国(ちくごのくに)筑後国は現在の福岡県南西部……

縄文息づく雪国文化を堪能 十日町新博物館がオープン

2020/06/01 18:13
 新潟県十日町市西本町1に完成した新しい十日町市博物館が1日、オープンした。初日から市民が続々と足を運び、「縄文時代」「織物の歴史」「雪と信濃川」の三つに分かれた常設展示室を回って、充実した展示を堪能 ...